商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

労働者から見れば羨ましくさえ思えることもあるニートですが、ことお金に関してはそうは言えません。どこかから借りるにしても聞いた人からはきっと非難の嵐が巻き起こるでしょう。そもそも貸してくれる相手がいればですが、日本中、いや世界中の会社を当たったとしても、どう考えてもニートであることが分かれば、話さえ聞いてもらえないはずです。でも、お金を貸すことのとらえ方は人によりけりです。家族や親族などの中で、何の交換条件もなくお金を貸してもらえる幸運なニートもいます。結局返せないような事態が起こるとしても、本人たちさえ納得していれば、こちらとしても文句を言う筋合いなどないに決まっています。肉親の情ほど濃い担保はないのです。カードローンやキャッシングを申し込むと、勤務先へ在籍確認の電話がかかってきます。必ずしも全員にかけるわけではないようですが、もしかかってきて会社の人に知られるとなると、あまり気持ちが良いものではないですよね。そのように考えている人は少なくないようで、在籍確認の電話なしで貸付けを行う業者も増えました。対応のきめ細かさでは、大手に優るものはないでしょう。職場への電話を控えてもらいたいと伝えると、それ以外の方法(提出書類を増やす)で済ませてくれることがあります。オペレーターが疑問に答えてくれるので、電話で確認するといいでしょう。日常の中で気を付けていたとしても、突然の事故やトラブルでお金が必要になることは誰にでも起こり得ることです。このようなトラブルの際には、キャッシングサービスで融資を受けると良いでしょう。必要なものは免許証などの本人確認できるもので、これらのコピーと必要書類を用意して申し込み、無事に審査を通過すると、早めの時間に申し込んだ場合、即日で貸付金を振り込んでもらえます。ちなみに、大手消費者金融の多くが、借入返済はコンビニや大手銀行のATMからでもできるので、使いやすいでしょう。いちいち営業時間を調べる必要もなく、ご自身の都合に合わせて利用できるほか、キャッシング業者の店舗や専用ATMを使っているところを見られたくないという場合には、都合が良いと思います。数あるキャッシング会社の中には、土曜日や日曜日であっても即日の融資が可能なところが少なくありません。と言っても、土日は金融機関が営業していませんから、その場で融資を受けるためには銀行ではなく無人契約機のあるところへ出向くことが必要になってきます。即日融資に土日でもしっかり対応できる業者を見つけること、無人契約機まで時間内に行って融資を受けられるようになるべく早い時間の内に手続きを行うのがここでは重要です。お金を借りたい場合に比べることは大切だと言えますが、比較していく中でもっとも大切な条件はどのくらいの金利かということです。金額がそう大きなものではなく短期で返済が出来るのなら金利以外のことを重要視してもいいのですが、返済期間が長くなりそうだったり金額が大きいときにはできるだけ低金利を選択すべきです。カードローンに限った話ではないのですが、お金を借りる場合、何より先に、貸す側が注意するのが、借りる人がきちんと返済できるのかどうか、という問題ですよね。ですので、これから住宅ローンを受けようと考えても、審査の段階でカードローンなどでお金を借りていると、果たして住宅ローン返済の予定が立つのか、その力があるのかどうか、という点ではあまりうまく事が進まない可能性があります。急にお金が必要になって、借りられるところを検索したら、ネット上で一括で審査依頼できるサイトがあるのを知りました。そういう便利なものがあるのを知らなかったので、ここと思ったところに断られたらすぐ別の会社をあたらなければいけないのかと思っていました。一括なら、審査で通った会社の中から有利なところを選ぶこともできるでしょう。金融各社も競合他社と比べられるので、条件面などで多少がんばってくれそうな気がします。真っ当な金融機関ならば、ビジネスローン申込者には審査を前提とします。この審査においては、申込者に融資を行った場合に返済時に問題が起こることがないかを判断するのです。利用者の属性面(職業、勤務先、勤続年数、年収、居住形態等)と、信用情報として各種ローン契約の利用歴から慎重に検討し、結果、問題なしとされたら、審査を通過できます。事業者ローンをリボ払いで返済するのはとても便利ですが、リスクのある返済方法でもあります。そのリスクは、毎月の支払い額に利子が増えてしまうことです。一括返済なら一カ月分の利子しかかかりませんが、リボ払いにすると、毎月利子が付いてしまいます。リスクもありますが、リボ払いは毎月返済する金額が少ないので、支払いやすいです。キャッシングとは、融資を受けることです。具体的には、銀行や消費者金融などのカードローンを利用する方法や、クレジットカードに付帯したキャッシング枠を使って必要なお金を融資してもらうことを意味します。当然ですが、借りたお金には利子が付きます。クレジットカードの場合も同じですが、商品を一回払いで支払うつもりでも日割り計算で引き落とし日までの日数分、利息を払う必要があるので、注意が必要です。キャッシングには利用可能枠というのがあって、それを決める基準となるのがその人の収入額であるというのが、普通でしょう。なので、高給取りの人jほど、枠の上限が大きくなり、多額のお金を借入れとして利用することが出来るのです。とはいえ、各社によっても、その判断材料となる基準が違うので、気をつけた方がいいでしょう。近年のキャッシングの変化は目をみはるものがあります。申込ひとつとってもウェブ上での手続きだけでOKというものが一般的になってきました。数年前にもネット申込はありましたが、勤務先への在籍確認に時間がかかったり、収入証明が必要だったりで、ユーザーメリットが少なかったんです。いまはよっぽど高額を借り入れるのでなければインターネットだけで終わります。手続きのために知らない窓口を探してウロウロすることもなく、審査から借り入れまで終わるのは、昔の手間を知っている人にとっては驚くべきことでしょう。こういった風潮は利用者にとっては便利で嬉しいことです。銀行や信金等日本における金融機関の種類によって借りることのできるお金の限度額が違っており、額の小さな融資や即日できる融資のみでなく、数百万円にもなるような額が大きめの融資も条件さえ満たしていれば受けることができます。申し込みから融資をしてもらえるまでも迅速で、あっという間にお金を手にすることができますから、利用者にとってもかなり利便性が高くなりました。借り入れする際には、カードを使って借りるという方法が幅広く利用されている方法でしょう。得するカードローンの利用方法は、無利息期間サービスをフルに活用しましょう。全ての業者が同じ期間を設けている訳ではありませんが、そのほとんどが契約から30日間を設けており、期間内の返済であれば無利息となります。もしこのサービスが終わってしまっても、全ての利息が請求されるわけではありません。利息が生じるのは期間を終えてからの日数に対してのみです。個人で何らかの事業をしている人がカードローンを使うとき、どこかに雇用されてる人とは違って、一定の稼ぎがあるとは評価しにくいため、借入の希望金額に関係なしに、これだけの年収があると証明できる資料を渡さなくてはなりません。これは税務署で収受印が押された所得証明書や確定申告書以外に、住民税決定通知書、課税証明書等で、前の年の年収が記録された書類を求められるでしょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら