商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

借りたお金を全額一括で返済できるのなら、ある一定期間利息を発生させないサービスのある会社を利用すると、その利息分の節約ができます。利息がかからない間に全額まとめて返せたらいくら借りても利息なしで済むわけなので、使い勝手が良く多くの人に利用されています。一括で全額返済を希望していなかったとしても、利息がいらない期間を設けているような会社ならサービスが充実している場合も多いですから、まずは詳細を調べて比較してみてください。事業者ローンサービスの中には、無審査融資を宣伝文句にしている業者がありますが、悪徳な違法業者ですので、安易に利用しようと考えないでください。返済能力の有無にかかわらず、契約できてしまうわけですから、人によっては全く返済できなくなることだってあります。なのに業者が存続しているのは違法な手段を取っているからかもしれません。たとえば、超高金利で正規のキャッシングの数百倍の利子をつけたり、嫌がらせから恫喝まで、人権を逸脱した取り立てが横行している可能性があります。また、それ以上返済できないと知ると違法な労働を強いるケースもあるようです。キャッシングで借り入れするときの金利は、申込から実際に融資を受けるまでにかかる時間や手間が深く関係しているみたいな気がします。つまり「即日」や「何分で審査」と言っているところは高めで、提出書類が多かったり、審査日数がかかる(といっても数日程度)金融機関では、融資上限や低い年利といったセールスポイントがあるわけです。同じ会社でも条件違いで金利の差があったりしますから、そのときの状況に応じて使い分けるのが良いでしょう。プロミスでお金を借り入れする際には、家でできるネットや電話、外なら店頭窓口やATMなどでも自分に合ったやり方で申し込むことができます。なおかつ三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、キャッシング申し込みの受付が完了してからほんの10秒足らずで、しかも24時間いつでも振込手数料無料で振り込まれるという驚きのサービスを利用可能なので、もっと便利に借り入れができます。女性専用ダイヤルのレディースコールや無利息サービスがあるのも、プロミスで借りたいと思わせる要因と言えるでしょう。お金が必要なことになりキャッシングしようと思っても自分は債務整理中なのでお金を借りることはできないと断念している人も多いと思いますが、断念するのは早いようです。きちんと調べてみると債務整理中であったとしてもお金を貸してもらえる金融機関は存在します。諦めないで探してみると良いのではと思います。キャッシングの審査に通らなくてがっかりしてしまった経験はありますか?私はそういった経験があります。でも、がっかりする必要はありません。キャッシングはもう一度審査することが可能だからです。もう一度申し込むと案外、審査に通ってしまう場合があったりします。契約社員であっても収入が定期的にあれば、問題なくカードローンで借入ができます。その審査で最も重視されるのは、今までの勤務期間です。勤務先が何度変わっていたとしても、派遣元の会社に長期間在籍しているならば、何ら問題ないのです。もし社会保険証の発行をしてるならそれを提出することによって、審査が通りやすくなります。月収がある程度決まっているサラリーマンに比べて、個人事業主はほとんどのキャッシングサービスで、審査が厳しくなる傾向にあります。収入の安定しない自営業では、返済計画が立てにくいというのが、審査落ちの理由になります。もちろん、全てのキャッシングサービスの審査がそうと決まっているわけではなく、中には審査に合格することもありますが、会社員と比べると、貸付金は少なくなることを覚えておきましょう。また、気を付けたいのが固定電話の有無です。携帯電話しか持っていないというケースでは融資できない事業者ローンサービスも多いので、注意しておきましょう。賢くキャッシングを使うためには、それぞれのサービスを比較することを忘れないでください。業者によって利率も異なりますし、30日無利息ローンがあるサービスかどうかや、そもそも、申込に手間がかかるものかどうかといったところも調べておきたいものです。事業者ローンの利便性を左右するのは、実際の使い勝手の良さです。あらかじめ事業者ローンを利用した生活を想定し、借入返済がもっともしやすいATMがあるサービスを選ぶのも良いでしょう。何と言っても、ATMは一番頻繁に使うものですから、最も大切なポイントといっても過言はありません。もしも、お金を貸せば、災難に巻き込まれることになるでしょう。名前を借りるだけでも危険です。キャッシングをする際に年収証明書類を提出するように言われることがあります。提出後、さらに融資してもらえるのは、年収の三分の一までが限度でしょう。そのため、さらにお金を借りたい人がやってしまうのが、他人を名乗ってお金を借りることです。しかし、これは、お金を借りるケースと同義ですので、避けてください。クレジットカードを作る時に、希望するならば事業者ローン枠を申請できます。申し込みの時にキャッシング枠の希望限度額を記入します。でも、審査の結果によっては希望通りにいかないことも多く、あくまで年収等の3分の1までしか借り入れることができない総量規制による制限からキャッシング枠を付けることができないケースも少なくありません。金利についても、金融機関のキャッシングサービスに比べてクレジット会社のほうが利率が高くなる傾向があるようです。カードを増やしたくない場合には、クレジットカードのキャッシング枠が便利だと思います。ですが、デメリットもありますから、すぐにクレジット会社に申請するよりも、さまざまな業種の事業者ローンサービスを確認してからご自身のニーズに沿ったサービスを選ぶようにしましょう。いっぺんに返済可能な程度の少額の借り入れなら、利息なしで大丈夫な期間を設けている業者を選んで利用してみるのが一番良いと思います。利息不要な期間のうちに全額一度に返済できれば無駄な利息を払う必要は全くありませんので、利用者にしてみればたいへんお得なのです。まとめての返済を希望していないような時でも無利息OKの期間があるような金融業者の方がお得な条件で借り入れが可能である場合も多いそうなので、いろいろな視点で比べてみてから選びましょう。キャッシングを利用するにはどの会社にするが大変重要です。借入条件や返済条件も大切ですが、金融会社のホームページ等に載っている情報のみで決断すると間違った選択をしてしまうこともあります。やはり金融会社を決める際は世間の人気の高さも重要ですし、口コミの内容もよく吟味して決めることが必要です。お金を借りるには申込と審査が不可欠です。にもかかわらず、近年は即日という業者が増加し、老舗消費者金融や地銀大手などでもすべての手続きが2?3時間で終わっているというのが普通なんです。時代は変わりましたね。こうなると、時間がかかるほうが「変だった?」ような気がしてくるから不思議です。以前より小額の申込が増えて審査が緩くなっているとか、昨今の迅速化の背景にはわけがあると思います。ネット銀行が一般化したこともあるでしょう。いずれにせよ申し込む側としてはメリットのあることだと思います。キャッシングをした後3ヶ月返済が滞ると、裁判で手続きをすることとなります。と書かれた書面が届きます。滞納をしたとしても、電話をかけてくるだけなので、つい知らないフリをして返済を先送りしてしまいます。しかし、裁判という言葉が書面に踊っていると、恐ろしくなりそのまま無視はできません。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら