商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

キャッシングとは、融資を受けることです。方法としては、消費者金融や銀行でローンを組む場合や、クレジットカードにオプションで付いているキャッシング枠を利用してお金を借りる方法のことを言います。融資されたお金は利子が付きます。クレジットカードを利用した場合にも言えることですが、商品を購入した際に一回払いを選択してもお金が口座から引き落とされるまでにかかった日数で、日割りの金利が付きますから、忘れないでください。お金に困ったときのキャッシングは、ありがたい存在です。しかし、考えなしに利用しすぎてしまうと、利子が膨らんでしまい、なかなか元金が減らず、こんなはずではと思う羽目になります。うまく使うには、コツがあるのです。借りたお金はかならず出ていく(返済する)ことをしっかり頭に置いて、自分のボーダーラインを守りながら利用していけば、こんなに便利なものはありません。キャッシングで融資を受ける場合、それぞれの条件(借り入れ限度額、審査時間、融資にかかる時間、借入方法、返済方法など)によって、ご自身の希望に適したキャッシングサービスを見付ける必要があります。ですが、キャッシングサービスの数は決して少なくないので、ご自身にピッタリのキャッシングサービスを見付けられると思います。こうしたキャッシュサービスの総合情報サイトといった正確な情報が掲載されたHPを使ってみると簡単に希望のキャッシングサービスを見付けることができます。もし、連帯保証人になってほしいと言われても、借金を払う覚悟が無いのなら連帯保証人に名前を貸すようなことはしない方が良いでしょう。実際、連帯保証人になったはいいものの、主債務者が返済義務を放棄したせいで辛い思いをした話もあるのです。主債務者と同等の返済義務を負う連帯保証人の責任は、非常に重いのです。金融機関のキャッシングに契約する場合は連帯保証人は不要です。とはいえ、返済金を貸してくれとお願いされることもあるかもしれませんし、キャッシングを頻繁に使う人とはあまり関わらない方がよいでしょう。事業者ローンとカードローンは同じくATMを利用した借入れができるので異なる部分が見つけにくいですが、お金の返し方が異なっているのです。キャッシングは一括払いがスタンダードで、カードローンは分割払いが常識になっています。ですが、ここの所キャッシングでも分割やリボ払いが選択できるところもありますので、はっきりとした区別が失われつつあります。私の話なのですが、二つの消費者金融でカードローンを組んでいる状態です。それぞれ十万と二十万の、計三十万円です。合計二万円を毎月返済中です。困った事に、どちらも最大利子での貸付なので、返済を続けても、なかなか利子を含めた返済額を完済することが出来ません。情報を集め、他の消費者金融に借り換えようとしましたが、どの消費者金融でも、審査の段階で断られてしまいました。それほど大きな金額ではありませんが、初めてのカードローンで今は後悔しています。消費者ローンによって審査基準は異なりますが、大きめの消費者金融の場合は大きな不一致はないといえます。大きな違いがあるとすれば小規模で営業している消費者金融です。大手の消費者金融と比較して審査基準が厳しいとあえて中小の消費者金融から融資を受けるような事はしないでしょう。プロミスで借入れを行う場合、直接、店舗にいって申し込みする方法以外に電話やネット、ATMでも利用する事が出来ます。また『三井住友銀行』か『ジャパネット銀行』を利用されている方であれば、きちんと申込み内容が確認され承認されればおおそよ10秒後には、お金が振り込まれるシステムをお使い頂けるのです。他にはない女性だけの専用ダイヤルも準備されていますし、何より30日間も無利息で利用できるサービスもあるのでプロミスが多くの方から支持されるポイントといえるでしょう。想像していた以上に今月は出費が多くお金が早急に必要な場合がありますが、そんな時こそ、その日のうちに必要な額のキャッシングができるサービスが非常に便利で、安心できます。出費に関して聞いた話ですと、お歳暮の時期や会社の忘年会加えて年始のお年玉の用意もあり、いくらお金があっても追いつかない!というような体験談も良く聞きます。そんな時こそキャッシングを使うとピンチを乗り越えられるのでとても助かります。消費者金融のキャッシングは独自の契約なので、融資に銀行口座は必要ありません。店頭で相談、または自動契約機で、口座の有無にかかわらずその場での審査に通ればお金を借りて帰ることができます。カードが送られ、利用できるまでの日数はかかりますが、ウェブで借り入れ契約の申し込みができるところも少なくありません。多くの銀行で、個人へのキャッシングを中心とする関連会社を持っていますが、そこでも自行の口座なしで銀行のATMを使ったキャッシングが可能なところも存在します。キャッシングの利用歴は信用機関にその情報が残ってしまい、他社でのキャッシングやローンの審査が厳しくなるというのは知られた話ですが、キャッシング以外にも事故歴があると見られるケースがあります。どのような場合にそうなるのかというと、利用しているクレジットカードや携帯電話料金の返済が遅れてしまい、延滞したことがある場合が該当します。この事故歴の情報は、最低でも5年は残りますし、場合によっては10年消えないこともあります。ですから、今、20代後半でキャッシングを利用しようと思ったら、学生時代に携帯電話料金を払いそびれたために、キャッシングで厳しい審査をうけるという事例も珍しくありません。さまざまな料金支払いは、面倒になってつい後回しにしがちです。でも、うっかり滞納したりすると、必要な時に融資が受けられなくなる可能性も有ります。そうならないように、必ず返済は期限内にするようにしましょう。家庭にいる奥様が、カードを使い金融機関からお金を借りる際には、今後、返済できるだけの稼ぎがあるかが大切だと思われますが、今、職に就いていない方でも、旦那さんの稼ぎを元にしてローンを組めます。一般に、この制度を配偶者貸付と名付けていて、銀行などのカードローンではこの方法を用いて数多くの契約を行っています。銀行とは違い、消費者金融の場合だとこの配偶者頼みの貸付制度はほとんど使えないでしょう。融資というのは銀行などの消費者金融から定められた少ない資金を融通して頂くことを意味します。基本的に金融機関でお金を借りたいと思った場合、保証人を立てたり、万が一の場合に備え担保を用意する必要があります。そうした中でキャッシングの場合は、保証人を用意したり担保を準備することは不要なので急いでいる時でも気軽に借りられます。本人確認できる保険証や運転免許証を持っていれば、通常の場合、誰でも融資を受ける事ができます。カードローンやキャッシングなどでは、延滞だけは避けるようにしなければいけません。通常より高い延滞利息を払う必要があるので負担が増えますし、延滞の回数や遅延日数の記録は残るので、あまりひどいと業界の信用情報リストに登録されてしまい、今後何年かにわたってキャッシングができなくなることもあるのです。便利に借りて、便利に返すのが事業者ローンではないでしょうか。返しやすい環境も整備されているので、きちんと期日を守ることが大切です。返済実績があっても、延滞すると信用を損ねます。そのことは絶対に頭の中に置いておくようにしましょう。思いがけず出費がかさなり、現金が必要になり、キャッシングをする場合イオン・キャッシングサービスが便利で使いやすいでしょう。近所にあるコンビニ、または、銀行のATMからご利用になれるのはもちろんの事、近くにATMがなくても、ネット・電話からの申し込みでこちらが指定した口座へ現金の振り込みも可能です。支払い方法に関しては、リボ払い・一括払いからお選びいただけ便利です。加えてこのカード独自のサービス「リボ払いお支払い額増額サービス」を申し込むこともできます。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら