商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

お金を借りることを断られた場合、審査に受からない使えない理由があります。収入が不足していたり、負債が多すぎたという理由があるケースでは、断られる可能性があります。しっかりと使えるように条件を守ることが大切です。もし、お金を借りたいけれど、どのキャッシング業者を選べばいいのか分からないという場合は、ネットなどの口コミを参考にして業者を決めるのも良いでしょう。やはり、その業者のサービスを使ったことのある人の話はとても参考になるでしょう。しかし、いくら口コミの評判が良くても、人それぞれの条件や環境の違いがありますので、その人にとっては利便性が高いことも、条件が違えば不都合になることだってあり得ます。疑問があるのなら、ご自身でその業者にあらかじめ確認しておきましょう。申込していない人にも丁寧に教えてくれますし、ご自分の条件を踏まえた上での回答ですから、何よりも参考になるはずです。ちょっと苦しいなと思うときに限って突然、海外旅行に誘われたりします。そんなこともよく聞くことです。海外旅行となると、大抵の人ならしょっちゅう行けるものでもありませんし、チャンスがあれば行きたいですよね。それならばキャッシングの利用も検討しましょう。キャッシングは初めてという人には、30日間、元本だけの返済で済むプランを用意している消費者金融もあります。キャッシングを利用したいと思ったときには、借り入れ可否を決めるチェックを通らなくてはダメです。現在の借り入れ状態、お仕事やお給料金額などきちんと返済可能かどうかということを業者が査定するのです。借金をする場合の審査というのは、早いところですと目一杯時間を使ったとしても大体三十分ぐらいでフィニッシュを迎えることが出来るのですが、通知してある仕事場に本当に居るかを確かめてから現金を手にすることができるようになるために、落ち着いて丁寧に申し込みをすることが大切です。昔の事業者ローンは申込や審査に時間や手間がかかったものです。それが最近では利用者目線でのサービス改良が進み、とても使いやすくなっています。その最たるものは、ネットだけで申込・審査・融資の一連の手続きが終わることだと思います。上限30?50万円程度の小規模融資なら運転免許証があれば写メやデジタルファイル化して送信するだけで本当にネットだけで契約完了します。手続きが済んだら銀行に入金してもらえばコンビニに設置されている銀行ATM等でお金を受け取れるので便利です。主婦がビジネスローンを申し込む場合、今後、返済できるだけの稼ぎがあるかが大切だと思われますが、無職の方でも、夫の収入によって借入ができるでしょう。「配偶者貸付」という名称で、銀行では、この制度を使ったローン作成を行って、契約を交わした事例が多く存在します。ですが、消費者金融を利用する場合は配偶者貸付は行われていません。キャッシングも自分に合ったものを見つける時代になりました。返済方法も比較的お財布にやさしいリボ払いの魅力が再評価され、利用者が右肩上がりに増えています。利息を上乗せすることを考慮しても、毎月の返済額がずっと変わらないわけですから、普段の支出に上乗せする形で無理なく返済できます。もちろんあとから繰上返済することも可能です。融資上限は決まっていますが、返済した分は復活するので、必要に応じてまた借りることも可能です。それでも期間は伸びるものの、月々の支払いは変わらないので無理のない収支計画がたてやすい点が、いま再評価を得ている理由でしょう。ネットを使えることが当たり前になった今ではパソコンやスマホを使って事業者ローンできるようになったので、利用することもかなり身近になったと言えるでしょう。ちなみに、借り入れができる条件として挙げられるのは若くても18歳、大抵は20歳以上で就業していてしっかりと安定した稼ぎがある人だということです。会社ごとに、キャッシングに必要な金利というものが違い、状況によって支払う金額に大きな差が出ます。ほかの会社と比較しても金利が低めのところを選択すれば金利の差分節約することができます。夫が得る収入で返済するつもりで、主婦が借入を安心して行えるような、契約を秘密裏に進められる方法が存在するのです。それは配偶者が同意したことを提示する必要が無い銀行を選ぶことです。法律で提出が義務付けられている訳ではないですが、どの銀行を利用するかで異なり、提出を求めるところと提出が無くても利用できる銀行とに分けられます。カードローンの利用を配偶者である夫に知らないようにしたい時は、後に述べた銀行で契約しましょう。カードローンで借りたお金は決まった日ごとに返済しますが、一括返済も可能です。まとめて返済する場合には、当日までの金利が日割りで算出されて、それを含めた全部のお金の支払いをします。残りの支払い回数が多ければ多いほど、一度に返す方法を選ぶと余分な金利を支払わなくて済みます。臨時収入などで一度に返済できそうなチャンスがあったら、全額返済を最優先にして、金利は1円でも安く抑えてください。事業者ローン初心者の方は勘違いしがちなのですが、初めてお金を借りようとキャッシングに申し込んだ人に比べて、経験済みの人の方が有利なようです。もちろん、滞納したことがある人は、この限りではありません。これまでにキャッシングを利用したことのない人は、他の業者から借入がなく、金融履歴が真っ白な状態になります。つまり、返済実績もありませんから、返済能力に問題がないかどうかが見極めるのが難しいのも理由になっているようです。近頃ではキャッシングの利用もスマホからの申請で難しくなく借りることもできます。スマホ、パソコンに加えて携帯電というものは光熱費とかの公共料金と同じく分類されるので、スマホの料金をちゃんと支払いを行っていると信頼されるというわけです。日ごろから、もしもの事が起こった時のためのための貯金をしようと思いながら、中々お金を捻出出来ないまま、突然多額のお金が必要になった時に、手っ取り早くお金を借りられるところがあるか考えてみましたが、あまり考え過ぎずキャッシングを選ぶのがスマートだと思います。申し込み、手続きはインターネットから出来るので、パソコンやスマホがあればオーケーです。何と、すぐにお金を貸してくれると言うのですから、驚きですね。でも、気を付けたいのは、何らかの審査が付き物だということです。その関門を突破した人だけがお金を借りることができるのです。たとえ小額ずつでも多くの会社から借りてしまっていたり、延滞というのも問題になってくるので、とりあえずは多少の負債があったとしても毎月きちんと返せていればともかく、返せていないなどブラックリストに載っていたり、返済能力に問題ありと認められるような時には、審査以前の問題であり、通るかどうか考えるまでもなく貸してくれるところなどもはや存在しないという事を思い知るべきです。お金に困ってカードローンなどで借入したら、財布や口座に余裕があったら一括返済する。その方が絶対にトク。そんなふうに会社の飲み会で言われたのは、僕が社会人一年目のことでした。なんでも昔つきあっていた相手がカードのリボ払いで多額の返済を抱えていて、どうしようもなくなってしまったことをあとになって知ったのだそうです。結構、深刻な状況だったとか。たしかに、カード1枚で借り入れできるのですから、あれでは借金している実感が沸かないのもわかります。安易にダメとか怖いものとは言いませんが、自覚していないと危ないと感じました。免許証や健康保険証など、本人確認できる書類があれば金融機関の事業者ローンサービスに申込できますが、借入希望金額があまりに高額なケースや、フリーランスで働いている方などの場合、あらかじめ年収を公的に証明できる書類を用意しておきましょう。さて、どのようなものが収入証明書として使えるのでしょうか。申請者が給与所得者の場合は、源泉徴収票が手に入りやすいと思います。源泉徴収票を用意できないというケースでは、受付印のある確定申告書や課税証明書などの書類が使えます。申請時に慌てることがないよう、前もって用意をしておくことをおススメします。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら