商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

キャッシングというと、どのような取扱業者を思い浮かべますか?事業者ローンは銀行が提携したキャッシングと商工ローンがあります。いわゆる銀行系と称される、銀行が提携したサービスの利点を挙げると、総量規制の対象外になります。総量規制とは、融資の金額を年収の3分の1以下にしなければならない規制のことで、主婦の方でも借入することが可能です。消費者金融などのノンバンク系は、銀行系より圧倒的に業者の数が多くサービスの選択肢が多くなります。無利息期間のあるサービスもあるので、すぐに返せる場合は、こちらを選ぶと良いでしょう。お金を借りる場合に比較検討をすることは必須だと言えますが、比べる条件として一番重要なのはどのくらいの金利かということです。借りたお金がたいした金額ではなく短期返済をするのなら金利以外の条件を重視するのもいいですが、金額が多かったり返済までの期間がかかりそうな時にはなるべく低金利を選択するべきです。お金の返し方には、様々な種類が可能です。一例を挙げるならば、次の期限までにお金をそろえて返済する基本的な計画プランである「1回払い」や、借金を数回に分割して返す「分割払い」など、いろいろな返済方法があり、返済プランによって利息が違います。このところ、事業者ローンのTVCMなどを見かけることが増えています。手軽にお金が借りれるということで、日常的にインターネットを使っている若者を中心に、利用者が多くなってきました。さまざまな業者がキャッシングサービスを提供している今日では、消費者金融系以外にも、銀行が提携しているサービスや、クレジットカードの付帯サービスでとして事業者ローン枠が設定されているケースもあり、誰もが気軽に利用できるサービスになりました。しかし、簡単に融資を受けられるので欲に任せたままお金を引き出してしまい、結果的に返済に困窮する人もいます。当然ですが、キャッシングは借金です。返済義務があることを忘れずに、けじめを持ってキャッシングを活用するように心掛けてください。本人確認をする時に簡単に確認ができる暗証番号は、カードローンなどの申し込みの時にも自分で決めて、書類に記入しますが、自分以外の人に知られたり、番号がわからなくならないことが重要です。もし、人に教えたりしてしまうと、カードが盗られて、無断で借入をされる可能性もあります。万が一、番号がわからなくなったら、本人確認ができる書類を店頭、契約機まで持って行くと、新たに設定することができます。キャッシングで他の会社から借りた金額が大きい方は危険があるかもしれないと考える必要があります。これまでで3社以上の他社借入がある時は、キャッシングを申し込んだとしても審査に引っかかる可能性が高くなり得ます。最近の審査方法は、申し込みした人の信用情報の確認作業をかなり厳正に行う傾向が強くなってきているのです。初めての事業者ローンなら、どこが信頼できるのか気になるものです。三井住友銀行系のモビット、新生銀行系のノーローンなどのほかに、消費者金融系ならプロミスやアコム(共に筆頭株主は大手銀行ですが)などが知名度が高いです。広告費のぶん高い利息なんじゃと思いがちですが、実際のところ真逆で、大手の特長は薄利多売的に、利率が低く設定されていることでしょう。無計画な借入さえしなければ、高い利率より低い利率を選ぶほうが、確実に月々の返済額が減り、延滞を起こしにくいというのも事実です。現金の貸し付けをおこなう事業者はとても多く、広告を見たことがあり心得ているという方も多くの数に達すると言っても良いでしょう。ただし、貸金業者のことを知ってはいても自分自身で貸金業者からの借金は未経験だという人ですと、複雑な金利計算について困ってしまうこともあるかと思います。まずはキャッシング業者のページを閲覧してみると果たしてお金を借りることが出来るのかどうかを調べたり月々の返済額や返済期間についての事前確認などをコンピュータがすぐに弾きだしてくれるので助かります。金融機関が提供している事業者ローンサービスを利用する最大の強みと言えば、なにより手軽ということに尽きます。銀行ローンでは必須の保証人も担保もいらず、即日融資が可能な業者も多いです。幾つかの借入返済方法から、使いやすい方法を選べるのも嬉しいです。とはいえ、デメリットもあります。非常に簡単に現金が手に入るために、安易に借り入れた結果、返済金が用意できなくなった人も少なくないですから、いくら便利でも、借り過ぎには注意してください。同じ会社で年上の彼女が出来ました。頼りなく思われないよう、夕食や飲み代を払うことも多く、自分の支払いのほうで困るようになっていました。クレジットカードのことは、作ってすっかり忘れていたのですが、リボ払いのキャッシングが使えるんです。本当に助かりました。設定した記憶はありませんでしたが、たしか20万くらいでしょう。昼の休憩のときなどにちょっとコンビニATMで借りれて、人に気づかれることもなく、分割返済していけば良いのですから気楽です。最初に不足分を大きく借りたのがいけなかったのかもしれませんが、すぐにキャッシングの上限に達してしまって、あわててボーナスは全額返済にあてることにしました。もしお金の準備ができなかった場合でも、カードローンの支払いを後ろに回して、放っておくのは決してしないようにしましょう。遅延があったことは記録されるだけでなく自分の信用にも大きく関わり、なおかつ放置を続けると、世間でいうブラックだと判断されます。ブラックだと判断されれば、借り入れてる分を一括返金しなくてはならない上に、その他のローン契約がすべて不可能になります。複数の会社からの事業者ローンをしたとして、まとめたいケースは当然のことながら出てくると思います。そういった時はおまとめローンというものを一度考えてみてください。こうしたローンを利用することによって、複数の借金を一まとめにすることができるということになります。これは借金を返していくことが容易になる非常に良い方法です。キャッシングはローンと似ているものであって混乱して同じものとして使っている人もいますが、本当は別物です。キャッシングとローンの相違点を説明します。キャッシングは借りた金額を次月の返済日に一括で返済します。ローンは自分が借りたお金を一度ではなく分けて支払い、返していきます。給料が入るまでの間に合わせ的に事業者ローンを多く利用します。時々、自分の名前がブラックリストに載っているからと、人の名前を借りてキャッシングに申し込もうとする人がいますが、犯罪行為ですから絶対に止めましょう。相手に無断で借りるようなことは言わずもがなですが、相手が名前を使うことを承諾しても罪にならないわけではありません。ご自身の名前で融資を受けられないようであれば、事業者ローンを利用したいという気持ちは捨ててください。返済能力に問題があると業者が判断したから、審査に落ちるのです。もし、他人の名前で審査を通過したとしても、全ての返済義務が相手に降りかかってしまうだけでなく、二人とも犯罪者になります。最小の手間でキャッシングをしたい場合、運転免許証やパスポートを持って近くの自動契約機で申し込みしてみましょう。これが一番簡単です。ごく短い時間で審査結果がわかるので、予期しない出費には向いた手段です。金額の多少に関係なく、借り入れを申し込めば信用状況を問い合わせ、勤務先に在籍確認をして審査するので、期限までにきちんと返済すること、収入が安定していて、返済が確実であることなど会社の審査基準をクリアする必要があります。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら