商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

今すぐにお金を用意する必要があった場合、どう行動すればよいのでしょうか。銀行の目的型ローンで融資を受けようと思っても、すぐに現金を受け取ることができません。審査に時間がかかる為、実際にお金が手に入るまで数週間かかったというケースも多くあります。数日中には絶対にお金を用意しなければならないのであれば、銀行の目的型ローン以外を選びましょう。その点、キャッシングは大変便利なものです。実際に申し込んでから、現金を手にするまでの時間が早く、早ければその日のうちにお金を工面することができるはずです。キャッシングで同じ額を借りると仮定したときの年率は、申込から実際に融資を受けるまでにかかる時間や手間に準じた適用がされているように思えます。わずか何十分のスピード審査や即日融資を謳っている会社より、融資の待ち時間が長いところはそれなりに、金利が低い(総返済額が少ない)といった長所があるのです。金銭的なメリットと時間のメリット、あなたが選ぶのはどちらでしょうか。よく調べて検討する価値はあるでしょう。最速でキャッシングの出来る消費者金融とは一体どこでしょうか。数多くの消費者金融がありますが、意外でしょうが最速なのがメガバンク系列だったりするというような事もあります。ネットで申し込みをすれば素早くお金を借りられるのでオススメの方法です。ひとつのキャッシングサービスでは借入金が足りなくなった時、他の業者と契約してお金を借りたいと考える方は多いです。ですが、他のキャッシング業者に新規契約の申込をしても、以前の借入状況や返済履歴が要因で審査通過が難しくなることも多いです。一社程度であれば問題ないかもしれませんが、二社、三社と増えていくと、その分だけ新たな業者と契約できる確率は下がっていきます。おそらく、総量規制(借入金額の合計が年収の3分の1までとされること)に引っ掛かったことが要因ですが、それ以外にも、契約しているサービスの数が多い人ほど、返済能力が欠けると思われてしまうようです。クレジットカードの機能にはショッピングと事業者ローンがありますが、ローンカードの中にはクレジットカード機能がついているものがあり、便利です。厄介なのは限度額という決まりがあることで、仕事を持っている人には、総収入の3分の1までで抑えなければならない、総量規制のために定められたこの法律により、金融業界の常識ががらりと変わったのです。気を付けないといけない事は、貸し付け進行中のカードだけのことを考えればいいというのではなく、すべてのカードの、会社を超えた合算が必要で、契約中あるいは検討中まで含めた借入金が丸ごと対象になるので、考え落としの無いよう気をつけましょう。手持ちのローンカードで既に50万円の借り入れをし、現在返済中だとすると、考え方としては、借り入れ可能金額から既に借り入れ済みの金額を引くだけと簡単です。それが、いつでも計算できるので安心ですね。自営業者などでは、この総量規制で資金繰りの苦労が増していますが、大きく借り越す心配はないので堅実にやっていく分には良い法律と言っていいかもしれません。真っ当な金融機関ならば、ビジネスローンの申込があったときは、もれなく審査を行います。これらの審査は、申込者の希望通りの契約となっても問題なく返済可能かどうかを判断しています。申込者の職業、勤務先、勤続年数、年収、居住形態などの属性面と、その他、ローン契約の有無といった信用情報により総合的に判断し、問題なしと判定されれば、無事に審査はクリアとなります。銀行や信金等日本における金融機関の種類によって借りることのできる金額にが異なっていて、数万円くらいの小さいものや即日融資のみならず、300万円から500万円にものぼるような大きな融資でも条件が揃っているなら難なく受けることができます。申し込みをしてから融資してもらえるまでの時間が短く、思った以上にスピーディーにお金を手にできるので、利用者の状況に合わせて使えるようになりました。実際お金が必要になったときには、カードで借りるという方法が幅広く利用されている方法でしょう。急にお金が必要になった時に便利なのが事業者ローンですが、無条件で貸し付けてもらえる訳ではなく、審査があります。審査では、事業者ローン業者が収入が安定しており、社会的に信用できる人間かを調べられ、きちんと返済できるかどうかで判断されます。よく間違われているのですが、事業者ローンの申請理由が審査の合否に関わっているということはありません。何に使おうと自分で決められます。申請時の契約通り、期限内に全額返済できれば、例えば遊ぶための費用や趣味の費用など、遊興費として使っても構いません。ですが、延滞は厳禁です。どのようなトラブルがあろうと、返済期限までに返さなければ利息を含めた返済分に遅延損害金をプラスして返済する必要があります。馴染みのあるものを活用して面倒な準備なしに事業者ローンを利用してみましょう。用意するものには証明書などがありますが、写真でも大丈夫なので、スマホのカメラを使えばそのまま業者に送信できるため、窓口や無人契約機まで出向かなくても良いのです。審査自体は通常のものと変わりがありませんし、無事に審査を通過すれば振り込みなどの希望する方法で融資を受け取ることができるでしょう。カードローンの支払いは月々、もしくは、借入をした業者側の決めた周期に従い、徐々に返済します。もし、一回でも返済できない時があった場合、遅れたという事実が記録として数年は残ることになります。新たにローンを契約するときには、信用情報をもとにして契約するので、遅延したという記録が残っていると、他のローンを利用しようとしても今までのようにすんなり組めないかもしれません。2010年より以前にカードローンを利用したことがあるなら、グレーゾーン金利とも言われる過払い金が発生しているかもしれません。これまでの利用の中に過払い金があれば、請求さえしておけば払いすぎた利息が戻ってきます。ただ、扱いが債務整理と一緒になってしまう為、借入があるときは一括での返済も同時にしないと、残念なことにブラック扱いとなってしまいます。元々完済した後にすることの為、過払い金請求は完済後に行ってください。カードローンを利用する為には公的機関が発行する身分証が必要です。例外として、50万円以上の借入の場合や、周期的な給与が出ない職業に就いている際は、同時に収入があったことを明らかにする公的証書書類が不可欠です。さらには、勤務先への在籍確認を書類を出すことで行いたい場合、それに使う書類を用意しておきましょう。キャッシングで他社から借りた金が多い人は注意が必要です。これまでで3社以上の他社借入がある時は、キャッシングを申請しても審査を通過できない可能性が高いです。最近の審査方法は、申し込みした人が信用できるかの情報チェックをしっかりと厳しく、正しく行う傾向が主流になってきているのです。ローンを申し込む人のクレジットカードやローンの利用履歴、返済状況、個人情報などの信用状況で、ローンを借りられる金額が変わります。いくらまで借りられるのかは審査会社によって違いますが、そこまで変わりはないと考えてもいいと思います。なぜなら、ちゃんとした審査を行っている金融業者では、審査の方法がほぼ同じだからです。そのため、ある業者で審査が通らず借入ができなかった場合は、他業者からの借入も望みが薄いと思われます。融資の依頼をする時は申し込みから融資までスマホだけでやり取りできる方法を調べるとすぐに融資可能となることが多く、必要なお金を得るのにさほど時間がかからず便利です。iPhoneやアンドロイド携帯を使って申し込むと良い点は外出中の時でもやりたいときに簡単に必要な項目を打ち込んで送信できて、いきなりお財布がピンチになってお金が要る時にも助けになってくれます。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら