商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

キャッシングの使い道はそれぞれですが、日常的に活用する人もいれば、有事の際に一度だけ使うという人もいます。特に後者の使い方をする人の中には、完済後にキャッシング業者との契約を切ろうと考えている人もいると思います。解約の方法ですが、ご自分で業者にその旨を連絡し、手持ちのカードを細かく切って捨てれば解約が完了します。解約のタイミングは任意ですが、一旦契約を解除した場合は、また利用したいと思った時には、再度審査を受ける必要があります。いざという時に備えて契約を続けるか、安易に借り入れないために解約するか。どちらが都合が良いのか、ご自身の性格や環境を踏まえて選択しましょう。キャッシング会社が利益を上げられる仕組みは、借金を行っている人から受け取る金利がその利益になります。キャッシングは比較的手軽にできますが、その分、金利が高額になるので、返済に要する回数が多くなるに従って、多額の金利を支払う必要があります。分割して支払うのだから、ほんの少し多めに借り入れようかなとは思わないようにして、計画を立ててから利用するようにしましょう。お金を借りるためには審査があって、それをクリアしないとお金を貸してもらう事はできないのです。それぞれの会社によって審査のラインは違うので一概にどういう事に気を付けていれば通過しやすいかというのは言えませんが、所得が大変関係しています。融資の依頼をする時はスマホ完結のやり方を見つけると即日融資になる可能性が比較的高く、お金が必要な場面においても有用です。iPhoneやアンドロイド携帯を使って申し込むことで得られるメリットは外出中の時でも自分の都合のよい時に気軽に入力必須項目を送信でき、急にお金が必要になっても助けになってくれます。以前に、30万円ぐらいをキャッシングで借入したいと申込んでみたのですが、駄目だといわれてしまいました。ということは恐らく、まだ社会人になりたてということもあり、信用できなかったのだろうと思うので、原因はそれだったんだろうと思います。仕方なしに、10万円にまで引き下げることにし、その金額だと大丈夫だと言われ無事、審査を通過しました。闇金、見るだけで字面からでも怖さがにじみでるようですね。そこからお金を借りるというのは、世間的にはどう考えられているのでしょうか。テレビなど、マスコミの影響も多分にあると思いますが、いい印象などこれっぽっちもありません。ただ、怖い世界の後ろ盾があるというばかりでなく、その存続の影には、どんな高利であってもそれにすがるしか道のない人がたくさんいるからです。ビジネスローンでも事業者ローンでも、今や貸し倒れを防ぐための審査が厳しくなっており、実際、金融会社は、勤め先が優良企業である程度以上の収入があるような融資の必要のない人の方ばかり向いていて、現実に困っている人が行っても貸してもらえなくなってしまい、銀行、金融会社、消費者金融、個人の貸金業者と段々に移った挙げ句、行き場を失ってしまいます。ここで踏みとどまれるかどうかで、その後の人生は違ってきます。こらえきれずに闇金業者のお金を使ってしまった途端、状況が一瞬ぐらいは好転することもあるかもしれませんが、その後は転落するばかりです。人生の節目には、万全の注意を払って進む道を決めていかなければいけないのです。クレジットカードを作る時に、希望するならば事業者ローン枠を申請できます。クレジットカードを作る時に、貸付枠の希望と限度額を申請することで、キャッシング枠を追加できます。しかし、限度額がその通りになるのかは分かりませんし、場合によってはキャッシング枠そのものが付かないケースもあります。総量規制(借入限度額が最大でも年収の3分の1までとされること)の問題で付与されないケースも多いです。金利についても、金融機関のキャッシングサービスに比べてクレジット会社のほうが金利が高く設定されているところがほとんどです。クレジットカードにキャッシング枠があれば、わざわざローンカードを申請する必要が無く使い勝手は良いのですが、早急に申し込む前に、他のキャッシングサービスについてもよく比較検討して使い始めた方が、結果的に便利に活用できるはずです。最近では、もはや当然のことかもしれませんが、街頭に無人契約機が置かれ、簡単にキャッシングの契約ができるのは先進的なことでした。なぜかと言うと、それまでのキャッシングサービスは店頭窓口で行うというのが典型的な方法だったからです。今では随分キャッシングの方法も変わり、窓口のみならず無人契約機にも行く必要がありません。スマートフォンのストアからキャッシング用のアプリを入手すると申し込みがすぐにできるほか、融資の返済計画を立てるなどの便利な機能が付いているものもあります。労働者から見れば羨ましくさえ思えることもあるニートですが、ことお金に関してはそうは言えません。どこかから借りるにしても周りから見れば首を傾げざるを得ません。誰を頼りにしようと思っているかわかりませんが、日本中、いや世界中の会社を当たったとしても、どう考えてもニートであることが分かれば、話さえ聞いてもらえないはずです。ただ、身内となれば話は別です。親族や友人から、お金を貸してもいいと言ってくれる人がいるかもしれないのです。それはあくまでも、血縁があるからだけの理由であってもこちらとしても文句を言う筋合いなどありませんし、収入保証も、返済期限も気持ち次第でどうにでもなります。初めてキャッシングをするときは、利率や手数料も気になりますが、安心感も大事ではないでしょうか。私は大手の中から選びました。電車広告などでお馴染みのモビットやノーローン、駅前で見かけるアコムやプロミスといった消費者金融系が有名ですし、コマーシャルを見ることも多いですね。「宣伝費かけちゃって、高いだろうな」と思うのは実は間違い。こういう会社のウリはやはり利率が低いことです。CMで呼びかけているように計画的な利用が大前提になりますが、利息分の負担が少ないほど支払い(返済)が楽になるのは言うまでもありません。また、結果的に延滞の危機も回避できるでしょう。事業者ローンは、ここ最近、審査基準が厳重になって、定期収入がない場合は借りることの出来ないとのイメージがわきます。無職や専業主婦の方のような場合には借り入れ出来ません。しかし、大手業者以外の中小貸金業者などなら、働けない生活保護を受給している世帯でもキャッシングの利用ができることがあります。クレジットカードの機能にはショッピングと事業者ローンがありますが、ローンカードの中にはクレジットカード機能がついているものがあり、便利です。カード申し込みの時点でそれぞれに見合った金額設定がされていて、それぞれの収入に応じて、その3分の1を限度とした貸し付け額を守る、法律で、上がり過ぎた借り入れの限度額を抑制するためです。このことは、カードごとに規制されるというものではなく、すべてのカードの、会社を超えた合算が必要で、契約中あるいは検討中まで含めた借入金が丸ごと決まってくるので例外はありません。実際の話、法改正後全てのカードの利用可能額が減ったことで、混乱も見られたようです。考え方としては、カードローンを組もうとした時に、別のカードで既に50万円のローン返済が進行中だったら、計算は簡単で、年収の3分の1からカードローンなどで借りたお金を差し引くことで借り入れできる残金となるので、計算しやすいと思います。自分の収入への意識が高まることで、負債とのバランスも取れてくるものと期待されます。いま、すでにキャッシングができる状態であれば、日常生活に役立つ方法でキャッシングが利用できます。例えば、銀行ATMの営業時間外にお金を下ろすと、数百円の時間外手数料を取られます。事業者ローンのATMは手数料が無いものが多いので、すぐに返済する予定でキャッシングを借りれば、手数料がほとんどかからないのでお得になります。普段から使っている銀行の口座にも貸付金を入金してもらえますから、面倒くさがりな方にも最適です。キャッシングの利息は日割り計算なので、借りている日数を少なくすればするだけ利息はほとんど払う必要がありません。ですから、返済計画をきちんと立てて使うことをおススメします。キャッシングを使用していて多重債務を負うリスクを受けないためには、まず、しっかりした返す計画を立ててそれを実行にうつすことですが、あと一つ大事なのはある融資の返済がなくなっていないのに新しくキャッシングすることを避けることでしょう。借金の形態の一つであるキャッシングは、消費者金融などから大きな金額ではなく割と少ない額面のお金の貸付けを受けるという場合に用いられる借金のタイプです。業者さんから現金を融資してもらう際には、大体は連帯保証人や不動産を担保にして、最悪の事態に備えます。けど、他のローンではなくキャッシングを用いるならば返済が滞ったときに利用される代わりの弁済方法を設定することは義務付けられてはいません。身分をハッキリと証明することの出来る書類だけでも、よっぽどの事がない限りはお金を融通してもらえます。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら