商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

キャッシングを利用するなら借入先が1カ所のほうが残高をイメージしやすいので、コツコツ返済していけば良いだけなのでラクだと言われています。たしかに何社からも借りているとで混乱しそうですが、場合によっては、2社目から借りることによってメリットがあるので、時には見直しが必要です。金利が低いほうが高いところに比べ、総支払額が減りますし、審査が厳しくても高額融資可能だったり明らかに2社目を利用するほうがトクになることがハッキリしていますから、もう一社に申し込んだほうが良いでしょう。一般的に、身分証明書さえ用意しておけば金融機関が提供するキャッシングサービスに申し込むことができます。しかし、借入希望金額があまりに高額なケースや、事業主などのケースでは、本人確認書類と共に、収入証明書の準備が必要になります。具体的には、会社員の方などは年末に会社が発行する源泉徴収票を用意すれば、まず問題ありません。給与所得者でない場合は、その他の年収を公的に証明できる書類(確定申告書や課税証明書など)が必要になるので、あらかじめ用意をしておきましょう。なにもカードローンに限りませんが、借金をしようとした際に、お金を貸す側が最も重視するのが、借りる側の返済能力の有無です。それゆえに、住宅ローンの審査を受けようと思っても、カードローンを利用していると、住宅ローンの返済が見込めるか、その力があるのかどうか、という点ではあまりうまく事が進まない可能性があります。ネットが普及したせいかどうか知りませんが、近年のカードローンはコンビニの銀行ATMを使えば年中無休で借りることができて、便利になったと思います。会社の昼休みに行くコンビニで、銀行口座からお金をおろすのと同じように使えて「今、お金借りてます」的な不自然さがないところが便利を通り越して『神』です。でも、自分の銀行口座と同じ感覚なので、多く使ってしまうことがあるのがある意味キケンかと思いますが、それは自分が使ったお金に間違いないし、しっかり返していかなければなりません。キャッシング残高が残っているつもりで、ATMでどういう訳か借入不可の状態になっていて、お金を引き出せなかったという話を聞いたことがあります。どうやら、キャッシング業者がそのカードの利用停止措置を取った場合にこのような状態になるようです。原因は状況によって異なりますが、そのほかのキャッシングサービスやローンと多重契約した時に、それ以上の融資を停止させられるようです。利用停止措置を取られると、手持ちのカードは返済専用として使うしかありません。仲のいい友人や親族の結婚で日本を縦断しての帰省が必要になり、そこそこのお金が必要になったりした場合、あなたなら、どこでお金を借りますか。キャッシングを選ぶのがスマートだと思います。大抵の場合、インターネットで登録が出来ますので、思い立った時にお金を貸してくれるところが見つかるでしょう。いくらお手軽と言っても、当然信用調査は行なわれますし、ゴーサインが出て初めて融資が実行されると言うわけです。たとえ小額ずつでも多くの会社から借りてしまっていたり、返済が滞って数か月分もの未払いの債務があるような人など人間として基本の借りたものは返すということすら出来ない人は審査以前の問題であり、通るかどうか考えるまでもなく貸してくれるところなどもはや存在しないという事を思い知るべきです。多くの方が「非正規雇用の場合でもカードローンの利用が出来るのか」と疑問に思っているかもしれませんが、大丈夫です。もちろん、返済の必要がありますから、審査においては一定の収入が必須条件になりますが、なにも正社員に限った話ではありません。もし、アルバイトやパートであったとしても、毎月一定の収入が見込めるのであれば、審査をパスするケースもあると思います。利便性の高さから利用者が増加している事業者ローンですが、少し注意が必要です。銀行ローンなどと違って担保も保証人もいりませんから、銀行ローンと比較しても利率は高めですので、安易に借り続けた結果、返済能力を超えた借入額になっていることも少なくありません。日常生活の中でキャッシングに頼ることが当たり前になってしまうと、返済と借入を繰り返す自転車操業のような危うい生活になりかねません。返済の目途が立たなくなったのなら、まだ金額が少ないうちに恥を忍んででも親類や友人に頼み込んで融資をお願いするのが正しい選択だと思います。借金の一種である「キャッシング」とは、消費者金融や銀行などの金融業から問題なく返済できるであろうという分の融資を借り入れる際に使用される言葉なのです。金融関係の会社から借金をするのであれば、一般的に借金返済の保証をしてくれる方や価値のある資産を用意します。ところが、キャッシングを使うという際には誰かに迷惑をかけてしまうような保証人・担保といったものは要求をされませんので楽な気持ちで申し込めます。ごく普通に使用している免許証や保険証などを提示すれば、大半の方が素早くお金を融資してもらうことが可能だと言えます。プロミスでキャッシングの申込みする場合は、直接、店舗にいって申し込みする方法以外に電話やネット、ATMでも申請することが可能です。また『三井住友銀行』か『ジャパネット銀行』を利用されている方であれば、申請が完了してからおおそよ10秒後には、手元に入金されるサービスを非常に便利です。他にはない女性だけの専用ダイヤルも準備されていますし、何より30日間も無利息で利用できるサービスもあるので多くの方からプロミスは支持を得ているのでしょう。近頃、当座しのぎを銀行に頼る人が、多くなっています。銀行での借り入れは、低金利で首が回らなくならないで済みます。しかも借入限度額が高設定なので、いろいろな用途に利用できてとても便利なのです。総量規制の対象とならないので制度の面でもかなり借入しやすくなっています。借入といえども、様々な種別の借入方法があります。その中の1つの定額払いとは、月々あらかじめ決めておいた一定の額を返していく方式です。返済計画を考えやすい反面、金利が高くついたり、返済終了までに時間を要してしまうというデメリットもあるのです。緊急事態にあっても、ビジネスローンの申込の前には、入念に比較検討した方がよいでしょう。商工ローン、もしくは、銀行からカードローンの借入が可能ですが、大抵は銀行の方が金利が低いです。でも、他方では、審査通過のしやすさは、消費者金融の半分といわれています。加えて、消費者金融の場合には、問題がなければ、短時間で借り入れ可能なので、どちらも一長一短と言えるでしょう。わたしたちが日々関わっている金融機関によって個人でできる借金の上限額がそれぞれ異なり、数万円という小規模な融資やその日限りの融資以外にも、300万円や500万円などの大口の融資であっても条件が合えば割と簡単に受けることが可能です。申し込みから融資に至るまでの流れも迅速で、その場ですぐに資金を得ることが可能な場合もあるので非常に便利なこともあり幅広く利用されています。それぞれの金融機関が発行する専用カードで借りるという方法が現在では広く浸透しています。お金を方々から借り尽くし、最後の頼みと闇金に手を出してしまうことがあるとは、ニュースやドラマで見たことがありますが、闇金からの借り入れについては、普通の人が簡単に足を踏み入れるものではないような気がします。テレビなど、マスコミの影響も多分にあると思いますが、いい印象などこれっぽっちもありません。関わらないようにするという常識が広まっている割に会社の数が一向に減らないのは、表に表れないだけで、相当の需要が潜んでいることがわかります。法定金利の貸金業者では、貸付に当たっての審査に通ることが年々難しくなり、収入が安定高値で、堅実な職業に就いていてこその借り入れであって、そうでない人はお金を貸してもらうことも出来なくなっています。あとは闇金を残すばかりです。ところが、闇金でお金を借りたが最後、永遠に闇金の罠の中でもがき続けることになります。そうならないためにも、お金の使い方には細心の注意を払ってすご過ごしましょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら