商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

キャッシングの利用条件には安定収入があるということが必須になります。一般的に、専業主婦や専業主夫は給与所得がないわけですが、配偶者が勤めているケースではキャッシングでお金を借りることができます。ただ、配偶者に十分な収入がないと厳しいです。また、ご自身が会社員の場合と比べると、借入限度額が低くなります。他にも、無職の場合でもキャッシングできる方法があります。例えば配偶者や家族が持っているクレジットカードの家族カードの事業者ローン枠を使えます。例外的ですが、無職で独身であってもキャッシングが可能な立場の人がいます。それが年金受給者です。毎月、収入(年金)を受け取れる、ということで一部の業者ではお金を貸し付けてくれます。カードローンの審査が甘いところはどこでしょうか。調べてみると楽天スーパーローンは審査が甘く、多くの人が利用しているようです。特徴としては、まず最初に楽天銀行に口座を設けることを条件に、貸付金を、他社よりも多い金額で始めることができます。楽天ビジネスローンをお考えの方は、主婦や低収入の人も楽天銀行に口座も作った方が良いです。金利の割合も他社と同じですし、そのうえ、貸付金が30万円を超えなければ、リボ払いで月額5000円からの返済も可能ですから、割合、返済が楽だと思います。最近は時代が変わったなと思います。キャッシングといってもスマホでポチッと申し込むと即日で銀行に振り込まれ、本当にスムーズかつスピーディーにお金が借りられるようになっています。便利すぎるツールを上手に使いこなせるかどうかは、借り手次第ですから、きちんと計画を立てて、そのとおりに返済していかないと、便利すぎて自滅なんてことにもなりかねません。金融業者や銀行のようにベテランがいる窓口では相談もできて、比較的理想の選択に近づくような気がしますが、同様のことが機械と向き合うだけでできるかどうか疑問に思います。対面窓口がいまでもある理由も、わかる気がします。事業者ローンでもローンでも気をつけなければいけないのは「延滞」です。いつもの返済額にさらに遅延損害金が上乗せされるので、負担が増えますし、たびたび返済が滞ると金融機関のブラックリストに載ってしまうとその事故情報(業者にとっては事故です)の履歴が消えるまでは利用停止の憂き目に遭うことも。。。忙しくても返済できるよう24H営業のコンビニと提携したり、会社側でも利用者の便宜を図っているので、現実的な返済方法を選び、無理な計画は立てないようにしましょう。ブラックリストの基準を知りたがる人もいますが、そんなことより『延滞しない』で返すことが大事なのだと頭の中に置いておくようにしましょう。銀行の乗り換えローンの説明などでは、今借り入れで利用している消費者金融から借り換えをしたら、返済額が今よりも減って月々の返済の負担が軽くなると言われているようですね。やはり、消費者金融というのは目的に関係なくお金を簡単に借りられるから、金利が高くなっているのでしょうか?突然の出来事として急な出費が立て続けに起こり、ある程度まとまった現金が早急に必要な事態となり、必要額をキャッシングをして凌ぎたいと考えた場合、サービスが良い金融機関キャッシングはどこか色々と迷うこともあるでしょう。その様な時はまず初めに冷静になり、インターネットからカード会社の書き込み情報や口コミサイトを見て会社自体の評判が良いキャッシングサービスを探して選ぶのも良い方法だと思います。クレジットカードに付属になっているキャッシング枠を利用して融資を受けるということは他の方法と比べてもかなりスピーディーです。クレジットカードを手にすることが出来たということは融資を受けるという利用をする場合の審査に関しても通っていて問題がない状態であると言えますから、決められている借り入れ限度額の上限までならばご自身がいちばん利用しやすい引き出し方法を選択して素早くご自身の手元に現金を入手するための借り入れをすることに成功しますので是非参考にしてみてください。クレヒスは事業者ローンを利用するにあたり、とても大事です。クレヒスというのは「クレジットヒストリー」の省略形であり、その人の過去のキャッシング履歴が全て残されています。返済が滞らず終わるとこのクレヒスも綺麗なものになるので、次からのキャッシング利用がそれだけ有利になるのです。こうした事情のためクレヒスというのは大事なものなのです。延滞にならないよう最大限の注意を持って期日以内にちゃんと返済するようにしましょう。キャッシングとは、融資を受けることです。その多くは、消費者金融や銀行が提供するカードローンを利用したり、クレジットカードに付帯したキャッシング枠を使って現金を貸してもらうサービスのことを指すことが多いでしょう。融資されたお金は利息分を含めた金額を返済します。こうした利息の払い方は、基本的にクレジットカードの返済と変わりません。例えば、一括払いで商品を購入しても実際に引き落とされるまでの日数で金利が発生しますから、忘れないでください。キャッシングで他の会社から借りた金がたくさんある人は注意しておく必要があります。もう3社以上の他社借入が存在する場合は、事業者ローンを依頼したとしても審査がスムーズにいかない可能性が大いにあります。最近の審査の仕方は、申し込みした人の信用情報の確認作業をものすごく厳正に行う傾向が強くなってきているのです。クレジットカードとは異なるお金を借りるときに使うカードはいくら限度額が残っている場合でも、余りの分で何かを購入したりするのに利用することはできません。けれど、クレジットカードのキャッシング枠なら、その分の現金を借入れることができます。クレジットカードのキャッシングはビジネスローンを利用したのと同じ意味合いになる為、年収の3分の1以上の借入が禁止となる規制の対象です。お金を貸すと、厄介な事になります。名義を借りるのも良くありません。消費者金融で融資を受けようとしたら年収証明書類を要求されることがあります。提出後、さらに上限額は年収の3分の1なのです。そのため、さらにお金を借りたい人がやってしまうのが、他人を名乗ってお金を借りることです。でも、名前を借りるのもお金を借りた場合と同じことですので、やめた方がいいです。昔はお金が返せないと激しい取り立てがあったとされているのが、商工ローンではないでしょうか。ただ、昨今ではそうしたことは全くないといえます。そういう事をすると法律違反になってしまうのです。つまり、取り立てが恐ろしいから借りるのはイヤだと不安がる必要はないでしょう。それほど使いすぎたつもりもないのに、クレジットカードの利用明細を見てその金額にびっくりしてしまいました。引き落とし日に入金するお金に困った挙句、仕方なく、使うつもりのなかったキャッシングにまで手を出してしまって、ショッピングとキャッシングの返済が支払い能力の限界をはるかに超えてしまったのです。まとまったお金といえばもう退職金しか考えられず、退職を決意したものの、悩み苦しんでいた私を見るに見かねて、両親が相談に乗ってくれ、命拾いをしました。積もり積もって5百万円にもなっていましたが家の改築資金にと用意していたお金を用立ててくれることになりました。身内という甘えに流されて、返済が滞ることの無いよう、借用書を書いてお金を借りた事実を明文化することで、会社を退職せずに済んだので、返済をしながらでもきちんと暮らしてゆくことが出来ます。消費者金融系の事業者ローンローンは、銀行口座を経由しなくてもお金を借りられます。店舗に行くか、それが難しい人は自動契約機を利用して、他の金融機関に口座がなくても会社独自の審査にパスすればローンを組み、お金を借りることができるのです。また、本人確認など少し時間がかかりますが、契約申し込みをウェブでできる会社もあります。多くの銀行で、個人への事業者ローンを中心とする関連会社を持っていますが、そこでも自行の口座なしで銀行のATMを使ったキャッシングが可能なところも存在します。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら