商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

キャッシングという名称は、俗に言う貸金業者などから、ごく少ない額のお金の貸し付けを希望するという場合に利用できるタイプの借金です。お金を借りるという時には、普通ならば債務者が返済不能になってしまった時のことを考えた上での準備を要します。ですが、簡単に利用できるキャッシングを利用する際には面倒な手間になってしまう連帯保証人や抵当といったものを用立てておくことは必須項目として設定されているわけではないのです。免許証やパスポートといった公的な本人確認書類を見せれば、大方の場合借り入れが出来る状態になるものなのです。他の人の名義を使ってカードローンの契約を締結することは許されていません。利用者本人が必ず自己名義で契約を行わなくてはなりません。契約をするのが夫の所得で支払いを賄おうとしている専業主婦である場合であっても変わりなく、契約の際には妻本人を名義人としなくてはなりません。本人が返済に責任を負うのは当然のことです。それが家族の間であったとしても、本人とは異なる名義で契約を結んだ場合には罪に問われることになります。自分の名前を使うことを認めていたのなら、名義を貸す行為も違法行為とされてしまいます。キャッシングでは、リボ払いにすると便利ですが、覚えておかなければいけないリスクもあります。そのリスクは、毎月返済するお金に利子が増えてしまうことです。キャッシングの返済を一括で済ませるなら一カ月分の利子しかかかりませんが、リボ払いは返済するまでの間、利子が発生します。そうはいっても、リボ払いは、毎月返済する金額が少ないので、負担の少ない方法です。このところ、キャッシングのTVCMなどを見かけることが増えています。手軽にお金が借りれるということで、若者を中心に活用する人が増えています。さまざまな業者がキャッシングサービスを提供している今日では、消費者金融系以外にも、クレジット会社が発行しているカードに事業者ローン枠があるもの、銀行系のキャッシングなど、多くの業者が参入しているため、キャッシングは誰もが気軽に利用できるサービスになりました。その一方で、キャッシングが身近な存在になってしまったからこそ、返済の見通しが甘くなってしまい、負債を抱えてしまう人もよく見かけます。いくら簡単に融資を受けれるからといっても、借金であることには変わりません。けじめを持って事業者ローンを活用するように心掛けてください。多くの場合、カードローンの契約の際、身分証があれば可能です。もしも、借入希望額が50万円を超えるときや、一定した収入がないケースでは、加えていくらの収入があったか証明するのに公的書類を提出せねばなりません。もし、在籍確認をするのに直近の給与明細などの書類を提出して済ませたいなら、それに使う書類を用意しておきましょう。今のキャッシングは時が経つにつれて便利になってきて、スマホから24時間いつでも手軽に借りることができるので、人気となっています。店頭に行かなくても、スマートフォンがあればどこにいても申込みすることができます。Web審査も短時間で受けられますし、契約手続きもすべてスマートフォン1台だけでできるのです。キャッシングは、貸し付けをおこなっている業者から高くても数十万程度の小さい単位の範囲の中での金額を貸してもらうということを指す言葉です。大体、お金を貸し付けしてもらおうと思ったら本人以外にも保証人が必要だったり、土地などの担保も必要になります。他と違うのが、キャッシングをするときには家族が連帯保証人になったり、自宅を担保にしたりという複雑な事柄を省いてスピーディーに申し込みが可能です。運転免許証などの本人確認が出来るものを用意すれば、それだけでお金を借り入れすることが出来るのです。キャッシング会社を初めて選ぶときは、早い、簡単、便利なビジネスローン(キャッシング)が一枚作っておいて損はないと思います。窓口に行くのは気後れしますが、いまはネット環境さえあれば申込できて、いわゆる本人確認はスマホアプリを使ったり、写メ等でできる会社が増えてきています。あらかじめ小額に抑えておけば収入証明なしで即日融資が受けられ、一括で早期返済すると無利息という会社もあります。使わなくても契約しておけば、役に立つときがあると思います。カードローンを申し込むときには審査があり、在籍確認はかならずあります。ただ、例外的に条件を設けて、会社への電話確認はなしというところなら出てきました。有名どころのモビット、プロミスといった会社では、指定された銀行と取引がある(口座がある)人や、勤務先名のある保険証、給料明細書などを提出すると、電話による確認を省略できます。条件は会社によって違うため、先に確認しておいたほうがスッキリできて良いと思います大手商工ローンや銀行によってはカードローンの申し込みの為にスマホ専用のアプリを使うのが当たり前になってきました。アプリを使うと申し込みの手間が減りますし、借入をした後の利用枠残高をチェックしたい時とか、銀行口座振り込みで借入をしようと思ったときに使い勝手がとても良いです。普段からスマホを使用している方はこのアプリの使い勝手を比較検討して業者を決める一つの材料としてみてはいかがでしょうか。急な葬儀での遠距離帰省など予測できない出費で困ったことがある人も多いと思いますが、あなたなら、どこでお金を借りますか。キャッシングを選ぶのがスマートだと思います。インターネットで必要事項を登録し、申し込むだけで、驚くほど手軽にお金を借りることができる会社が多くあり、心強いです。とは言っても、どんな貸し借りにも審査は付き物ですし、それが通らない限り、1円たりとも貸してもらえることは無いと言えます。既に多額の借金が金融各社にあったり、延滞というのも問題になってくるので、とりあえずは多少の負債があったとしても毎月きちんと返せていればともかく、返せていないなど人間として基本の借りたものは返すということすら出来ない人はそのままで借り入れが可能になるなんて事はあり得ないので、もう借金の上乗せは出来ないものと覚悟を決めるしかありません。殆どの人は、なるだけ低金利のキャッシングを使ってお金を借りたいと思うものです。総合情報サイトなどでキャッシングサービスを比較し、いちばんお得なキャッシングサービスを選ぶでしょう。サービスによっては、新規契約であれば30日の間は金利ゼロのサービスもあるので、下調べは確実にしておきましょう。業者選びに失敗したなんて後から悔やまないように、業者選びには時間をかけてください。一般的に、クレジットカードをつくるとオプションとしてキャッシング枠を付与することができます。具体的には、申請用紙のキャッシング枠に貸付額を記入します。ですが、クレジット会社の審査があるので、希望通りの金額が必ずしも付与されるかは分かりません。原則として借入の総量が最大でも年収の3分の1以下となっていますから、申請を断られることもあります。気になる金利ですが、クレジット会社のキャッシング枠は金利が高く設定されているところがほとんどです。利便性が高いのはクレジットカードのキャッシング枠でしょう。ですが、それぞれメリットとデメリットがありますから、すぐにクレジット会社に申請するよりも、さまざまな業種のキャッシングサービスを確認してからご自身のニーズに沿ったサービスを選ぶようにしましょう。現金の借り入れをするためにネットで調べていると、細かい判定をしないので気軽にお金を手にできるといったサービス展開をしている業者もたくさんあります。ただし、誰に対しても簡単にお金を貸し付けしている所は本来なら不必要な金額がプラスされてしまっていたりあまり利用するべきではない業者だということもあるのでリスクを負うことのないように確認していきましょう。ポイントとしては、審査判定を怠らない業者ですと金利も法外ではない適正なものが設定されているために誰にも迷惑をかけることなくキャッシングが出来るでしょう。近年、TVCMなどでも話題になっていましたが、過去に商工ローンから借入を行っていた時に、どれだけ返済しても元本が減らないような状況に陥ったことがある人は、急いで過払い金を請求できるかどうか調べてみましょう。法改正以前のキャッシング業者には、制限利率を超えた貸付を行っていた業者があります。そこでのキャッシングの返済時に支払った、違法な金利分を過払い金と呼びます。元本の額によっても少し変わりますが、年利が20パーセントを超えていた場合は、過払い金の請求ができます。業者には返済に応じる義務がありますから、請求すれば取り戻せる可能性がありますが、完済後10年という期限があるので、思い当たる節があるという人は早急に請求手続きを取りましょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら