商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

今現在、私が利用している中で、安心してビジネスローンを組むことができたのはどこだったかと言いますと、三井住友カードローンが一番良かったと思いました。大手銀行系は不安が少ないです。それに、利用しやすいのも嬉しいです。条件に合わず希望する金額が借りられないといったことがあるそうなのですが、今までの経験から言えば、申し込んで審査落ちになった経験はありません。キャッシングというと、カードローンと同じ趣旨だと思いがちですが、返済方法が異なります。一括返済する目的でクレジットカードを使い現金を下ろすのがキャッシングで、分割払いにしたいという時はカードローンと呼んでいます。カードローンは月々の返済は簡単ですが、利息がかかることを考慮しなければなりませんし、どちらにしても延滞の際には注意が必要といえます。この間、手早くキャッシングしてほしいと思って、スマホから事業者ローンの申し込みをしました。スマホから申し込みをしたら、手続きが早くなるため、キャッシングの振込までの時間が大変早く短縮できるからです。予想通り、短い時間で振り込みをしてもらえました。現状の借入先より低金利の会社に借り替えをするのはほとんどの場合でお得になる方法です。それに、複数の借入先があるのなら、借り換えで一つにまとめることができるのであれば、それに越したことはないでしょう。一本化を行うことで一箇所だけの返済で済むので、簡単に返済の管理をすることができ、高額の借り入れをすることで金利が下がる場合もあるでしょう。突然予想もしなかったトラブル等が起きた時、想定外のお金が なるべく早く手元に必要になる時がありますが、そのような時は即日・当日に対応できる事業者ローンサービスが非常に便利で、安心できます。昨今の支払関係の噂では、お歳暮の時期・年末は飲み会お正月には子供たち用のお年玉もありお金が足りなかった!といった出来事もよく耳にします。そんな時こそキャッシングを使うとピンチを乗り越えられるのでとても助かります。当然のことですが、キャッシングの審査では勤務形態が重視されます。しかし、会社員の人と比べると、自営業者ではどうしてもキャッシングの審査に落ちやすいです。キャッシングの審査では安定した収入が望めることが条件になりますが、自営業の場合、収入にムラがあるため、返済能力を見るのが難しくなるのがその理由です。キャッシングサービス次第では、自営業者でも問題なく審査に合格し、融資を受けられることもあるものの、融資される金額は少なめです。それに、事務所に固定電話が無いといったケースではほとんどのキャッシングサービスで審査落ちしてしまいます。商工ローンでキャッシングするにはもちろん、審査を通ってからになりますが、そのラインは会社次第で一緒ではないそうです。つまり、他と比べて考えてみた場合借りやすいと感じる会社があるかもしれません。ですので、自分の支払い能力に心配がある場合でも諦めることなく借りやすいところを探すとよいでしょう。一昔前は借金が返済できないと激しい取り立てがあったとされているのが、消費者金融だと思います。でも、近頃ではそんなことは全然ありません。そうした事をすると法律違反となるからです。そのため、取り立てが怖いからお金を借りるのはイヤだと不安を覚える必要はないです。キャッシングの利息は借入れ金額によって変化してくるのが普通のパターンです。借り入れ金額が少しだと利息は高くなりますし、多いと利息は低くなります。なので、いくつかから少額を借りるより、まとめて一カ所から借入れた方が損になりません。キャッシングとビジネスローンは違いがわかりにくいですが、ちょっとだけ違いがあるのです。どこが異なっているかというと返済の仕方が違うのです。キャッシングの場合はカードなどでお金を引き下ろしたり、商品を買ってから、次の月に一括返済という方法をとりますが、ビジネスローンの方は、分割で返済しなければなりませんので、こちらですと金利がかかってしまいます。キャッシングの融資にかかる年率を見ていくと、融資実行までにかかる時間の長さに準じた適用がされているように思えます。わずか何十分のスピード審査や即日融資を謳っている会社より、はじめから審査に時間と手間をかける会社や銀行は、金利が低い(総返済額が少ない)といった長所があるのです。一般論なので例外はあるかもしれません。しかしどちらもそれなりに利用者のメリットというのはあるので、知らないで損をしないよう、時間のあるときにチェックしておくと良いと思います。条件を比較したサイトなども多いですよ。本人とは異なる名義でビジネスローンの契約を結ぶことは禁じられています。本人が自己の名義で契約を結ぶことを要します。自己収入のない妻が夫の収入をローンの返済に充てる場合であっても同様で、妻自身の名義で契約を行うことになります。従って名義人である妻自身が責任をもって支払いをすることになります。仮に生計を一にする家族である場合にも、本人とは異なる名義で契約を交わした場合には法に触れることになります。もし、承諾していた場合には、「名義貸し」の行為自体も法に触れる行為です。まだ事業者ローンでお金を下ろせるハズなのにもかかわらず、お金を借りようとATMで操作をしたら借入可能金額のところがゼロ円になっていて、それ以上お金を借りられないことが、稀にあるようです。これは、業者がキャッシングの利用を停止したということでしょう。利用停止措置の理由には様々なものがありますが、キャッシングの利用中に、他のキャッシングサービスと契約を結ぶと、総量規制の問題で借入を止められる可能性が高いです。もはや、キャッシングはできませんから、返済手続きしかできなくなります。最近では、女性も事業者ローンを利用することが増えているようです。そのため、女性でも使いやすい事業者ローンサービスを売りにした金融機関も増えてきました。どのような違いがあるのかというと、女性オペレーターに対応してもらえる女性専用ダイヤルが設けられていたり、サービス自体が女性利用者専用だったりします。もちろん、金利は一般の事業者ローンと変わりません。しかし、キャッシングの際に対応してくれるのが女性オペレーターであれば、安心して相談できますし、女性の個人名で電話がかかってくるので、うっかり家族が電話に出てしまっても、怪しまれないでしょう。借入をしたお金の返済方法は、それぞれの業者で決まっています。大体、指定口座へ振込む方法か、または、銀行口座から引き落とされるようにするかの二つの方法に分けられます。返済の方法をどちらにするかはこちらで指定できるでしょう。とは言え、全ての業者で選択できる訳でなく、業者によっては一つの返済方法しか無いことだってあるので、自分にとって最適な業者選びが大切ですね。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら