商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

私は金融業者から借りたお金を月ごとに分けて、返済しています。ですが先月は、指定口座にお金を入れておくのをうっかりと忘れてしまっていたのです。すると事業者ローン業者から電話がかかってきて、入金忘れではないか、確認されました。あくまでうっかりしていただけでお金がなかったのではないことを説明させてもらいあした。忘れていた自分が悪いのですが、遅延損害金を払うことになってしまいました。急な葬儀での遠距離帰省など予測できない出費で困ったことがある人も多いと思いますが、どこからお金を持ってくればいいか悩みますが、そんな時は、キャッシングを選ぶのがスマートだと思います。申し込み、手続きはインターネットから出来るので、パソコンやスマホがあればオーケーです。早ければ、その日のうちにお金が振り込まれることもあると言います。緊急の場合、本当にありがたいです。とは言っても、どんな貸し借りにも審査は付き物ですし、それが通らない限り、1円たりとも貸してもらえることは無いと言えます。既に多額の借金が金融各社にあったり、あちこち借りすぎて借金の概要が把握し切れず、返済できない負債が多数発生しているような場合など収入が借入金を下回るなど、きちんと月々の返済が出来る状態でないことがわかってしまったりすると、お金を貸すことを検討してくれるかどうかは、考えなくてもわかる問題ですね。キャッシングを使用している中で多重の債務に陥る危険性を受けないためには、まず、ちゃんとした返済計画を考えてそれを行うことですが、もう一つ大切なのはある融資の返済がなくなっていないのに新しくキャッシングすることを避けるということなのです。初めてのキャッシングなら、どこが信頼できるのか気になるものです。三井住友銀行系のモビット、新生銀行系のノーローンなどのほかに、市街地や駅前で見かけるアコムやPROMISEなど消費者金融系の会社も知られています。「宣伝費かけちゃって、高いだろうな」と思うのは実は間違い。こういう会社のウリはやはり薄利多売的に、利率が低く設定されていることでしょう。返済するときは、元金に利息分を加えたものを支払うので、高い利率より低い利率を選ぶほうが、確実にラクに返済できますし、キャッシングで一番怖い「延滞」の危険性も避けられます。クレカを利用して、お金を借りるのをキャッシングという言葉で表しています。キャッシングの返済のやり方は基本的に翌月一括返済の場合がほとんどです。一括で返したなら、利息がないことがほとんどですし、急にお金が必要になっても対応できますから、賢く使っている人が増えています。急な融資にも対応してくれ、近くのコンビニや銀行から返済もできてしまう便利さがインターネットキャッシングがキャッシングの主流になっている大きな理由です。家族や友人にキャッシングのことが知られにくいところも、ポイントが高いです。よくあるのが、利用明細を家族に見られ借金が発覚するというパターンですが、ネットキャッシングではこれらのチェックもサイト上でできるので、郵送された利用明細書を家族が受け取るということは少なくなるでしょう。借入金をネットバンキングに振り込んでもらえるように手続きすると、もっと手軽に使えるでしょう。初めてアコムで借金すると最高30日間は利子がつかないそうです。今、そこのHPで調べてきました。それなら手持ちが少し不十分だった際に割りと気にしない程度に用いることができると思います。私は、家庭用掃除機ルンバがあったらなと思ってるのですが、そのために利用するのもアリかなと考えました。カードローンを契約するときに身分が証明できるもののみ必要です。しかし、借入が50万円を超えるときや、周期的な給与が出ない職業に就いている際は、同時に収入があったことを明らかにする公的書類も必要になるでしょう。また、一般的に電話で行う在籍確認を書類を出すことで行いたい場合、その用意も欠かせません。使用目的が何であろうと金銭を借入れられることがいわゆるフリーローンの魅力的な部分です。カードローンの申込時に用途を伝えるときに、「冠婚葬祭」や「資格取得の為」などどんな内容でも構いません。「引っ越しの為」などは後々連絡がつかない恐れがある為に懸念されるようです。「債務返済の為」など他の返済をする為だなんてことは理由にしてはいけません。それではどこも契約をしてくれないでしょう。キャッシングは収入があれば、主婦の方でも利用することが可能です。収入を得ていない人は使えないので、何かの策を利用して収入とみなされるものを作りましょう。収入があると判断されると、主婦であっても一応利用できます。商工ローンによっても評価基準は違いますが、CMをしているような消費者金融だとあまり大きな隔たりはないといえます。大差が出てくるのは規模の小さな消費者金融です。大手の消費者金融と比較して審査基準が厳しいと誰も好んで大手ではない消費者金融からお金を借りたりはしないでしょう。初めてキャッシングをする場合、何を用意したらよいのか分からない人もいるでしょう。具体的に、申請時には、どのような書類を用意しておけばよいのでしょうか。まず必要なのは、本人確認ができるものです。実際には、運転免許証があれば問題ありませんが、そうでなければ健康保険証やパスポートでも本人確認書類として使うことができます。次に必要なのが、収入証明書類です。給与所得者の場合は給与明細書や源泉徴収票、所得証明書などが収入証明として使えます。取得に時間がかかるものもありますから、あらかじめ準備をしておきましょう。たとえば個人事業主でカードローンを使うとき、給与を得ている人とは異なって、定期的に収入があるという判断が難しく、希望の額がいくらであっても、年間の収入を確認できる書類の提出が必須です。税務署から収受日付印を押印した書類、たとえば所得証明書や確定申告書、住民税決定通知書、課税証明書等で、前の年の収入が記されている資料に限定されます。事業者ローンには審査があり、それをクリアしないと借金をする事はできないのです。会社ごとに審査の基準は異なるので一概にどのような事に注意すれば通過しやすいかというのは言えませんが、収入がとても関係しています。ビジネスローンやキャッシングを申し込むと、勤務先へ電話(在籍確認)がかかってくることがあります。必ずしも全員にかけるわけではないようですが、もしかかってきて会社の人に知られるとなると、どうにも落ち着きませんね。査定に響くかもしれません。そのように考えている人は少なくないようで、在籍確認の電話なしで貸付けを行う業者も増えました。しかも、CMでも名の通った大手金融会社ですから、安心です。知られたくないと相談すると、在籍確認の電話をせずに勤務実態のわかるような保険証、その他の書類で済ませられるようです。自分の場合は何が必要なのか問い合わせてみると良いと思います。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら