商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

この間、当日のうちに事業者ローンしてほしいなと思って、スマホから借入依頼をしました。スマートフォンから申し込むと、手続きがすぐに完了するため、キャッシングの振込までの時間が大変早く短縮できるからです。期待通り、僅かな時間で振込を受けることができました。消費者金融から現金を借りる時、最大の難関といえば審査をクリアすることでしょう。審査がどうなるか心配な人は大手消費者金融会社のサイトに記載の簡易審査で調べてみることで不安がかなり軽減できると思います。ですが、簡易審査をパスしたからといって、本審査に必ず合格するわけではありません。ビジネスローンを利用して借りた金額は決められた返済日に支払いますが、できるのであれば一括返済をしても大丈夫です。その場合、金利の日割り計算が行われて、合計額の支払いを行います。残っている支払い回数が多いほど、この一括返済を利用した方が金利の節約になります。一括返済できそうな時は、すぐに借りたお金は返済して、金利を最小限に抑えましょう。実際にキャッシングに申し込もうと思っても、審査の内容が気になって躊躇している方もいるのではないでしょうか。審査においては、勤務先や雇用形態、家族構成や収入の安定性などから返済能力の有無を基準に判断されます。申請理由の説明責任はないので、ギャンブルのためのキャッシングであっても自由です。つまり、返済期限さえ守ればご自分の趣味や楽しみのために、遊興費として活用することも可能です。ですが、延滞は厳禁です。どのようなトラブルがあろうと、返済期限までに返さなければ返済期限を超えた日数分、遅延損害金を支払わなければなりません。もし、支払いが遅れた場合は一日でも早く返済してください。キャッシングは便利なものですが、借りたお金の返済が滞ってしまうと資産を差し押さえられてしまう諸刃の剣です。差し押さえられるのは銀行の預金口座や勤め先の給与ですが、給料なら最大で4分の1、つまり20万円の給料なら5万円までが差し押さえ対象になります。あなたが年金生活者の場合、問題はさらに深刻で、振込先の口座自体を差し押さえされてしまった場合、貰えるはずの年金が全く手元に入ってこないことすらあります。こうした事態を避けるためにも、キャッシングは計画的に利用するようにしましょう。キャッシングでお金を借りると、当然ですが利息分も含めて返済する必要があります。この利息ですが、他のローンの計算方法とは異なり、日割り計算なので、早く返済できれば、それだけ利息が少なくて済みます。日常的にキャッシングを使っても、早めに返済することで利息を小さくできます。なるだけ借入期間を伸ばさないことがキャッシングを便利に使うための要点だと言えるでしょう。返済の目途が立たないままお金を借りしまうと、利息もどんどん膨らんで返済が苦しくなります。次の収入までのつなぎとしてお金を借りるようにしましょう。アコムのキャッシングの取引を初めて利用される方には特典として、申請した日から30日間は、利息ゼロで利用して頂けるというサービスです。スマートフォンからの申込みも出来ますし、「アコムナビ」というアプリは大変便利で、契約時に必要な書類提出もすることができ、現在の場所から最寄のATMを探してくれるのです。借入れしたお金の返済プランも計算してくれるので、使いすぎることなく計画性を持ってキャッシングをご利用頂けます。急ぎであったとしても、もし、カードローン利用を考えたときは、比べてみてから判断しましょう。カードローンの借入先ならば銀行、あるいは、商工ローンというところですが、低い金利で利用できるのは銀行です。とはいえ、その一方、審査通過の割合は、消費者金融の半分だとされているのです。それに加え、消費者金融だと、あまり待たずに借りられることが多く、どちらも一長一短と言えるでしょう。一般によく聞くキャッシングで返済を滞納していたら差し押さえされてしまうというのは実際にあることなのでしょうか。実際に私もキャッシングをした経験があり、何度か滞納を経験しましたが、差し押さえになった経験はまったくありませんでした。繰り返し滞納をしたら差し押さえになるのかもしれません。当日すぐにお金がなければ困るのに、銀行の残高はほぼゼロといった悩みを抱えておられる方には、その日のうちに融資が受けられるキャッシングが何よりオススメとなっています。カードローンを扱っている会社では大抵、当日中の融資を受け付けていて、必要な手続きさえ行えば、その場で融資を受けることだってできるのです。利点がたくさんあると思う「カードローンの借り換え」には、場合によってはデメリットになることもあるのです。業者によっては金利が高くなったり、長い返済期間にすれば、そうなるのです。せっかく借り換えたことで金利が下がったのに、今の返済期間より長く設けてしまえば、金利が増えることだってあるのです。金利ばかりを気にした借り換えでなく色々と調べてからの方がいいですね。ストレートに言えば、借入はゼロ収入の夫に養ってもらっている人でもいけます。例えるならば、収入がなくて、パートナーの同意が得られない場合であろうとも、総量規制のオブジェクト外であるバンクカードローンであれば、パートナーに知られることなく借入することが可能です。どうしても今すぐ高額なお金を準備しなければならないけれど、貯金は自由に使えないといったお困りの状況だったらキャッシングを使ってみるといいかもしれません。正社員ではない派遣社員やアルバイトの方であっても融資は可能ですし、専業主婦の場合には、配偶者の方に安定した収入があれば、貸してくれる業者が見つかるでしょう。ある一定の条件をクリアできれば、すぐに利用できるのです。キャッシングとカードローンはどちらも金融機関からお金を貸してもらえるサービスですが、何がどう違うのかよくわからず、混同して覚えてしまっている方も少なくないでしょう。大雑把な説明になりますが、数万円から十数万円の借入に適しているのがキャッシングで、返済は一括で行われるものが多いです。対して、借入限度額が数百万円という大口融資を基本として、一括返済ではなく分割して返済するものをビジネスローンと呼びます。このように、大口融資が可能なカードローンは、事業者ローンと比較すると、契約条件が厳しいものになっているケースが多いです。例えば突然の事故や病気など、急いでお金を用意しなければならない事態に巻き込まれた時に、申し込みから融資までがスピーディーな事業者ローンはありがたいサービスだと言えるでしょう。このところ、キャッシング業界で大手と呼ばれている会社は、即日融資可能なところが多いですし、申し込みから審査が終わるまで、わずか30分しか掛からないスピード融資に対応した業者も増えています。ただ、金利や返済条件も忘れずに目を通してから申し込むようにしましょう。早まって申し込んだばかりに余計な返済費用がかかるかもしれません。はやる気持ちを抑えて、返済計画を立ててピッタリのキャッシング業者を見付けましょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら