商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

お金の流れはきちんと把握できるようにするのが常識ですが、キャッシングも借入先を1本に絞っておいたほうが、うっかり期日忘れもないですし、コツコツ返済していけば良いだけなのでラクだと言われています。そうは言っても、あまり多くなければ他社を利用することによってメリットがあるのも事実です。2社目より1社目のほうが金利が高いときや審査に時間はかかるかもしれませんが、高額融資(上限500万円)が受けられたりと利用しやすさで優位性があります。限度額なら1社目のほうで引き上げ可能だったりしますが、金利の違いがあれば2社目を考慮したほうが良いでしょう。キャッシングで借りていたお金を月ごとに分けて、返済しています。ですが先月、指定の口座に入金するのをつい忘れていたのです。するとキャッシング業者から電話がかかってきて、返済についての確認がありました。返すお金がなくて入金できなかったわけではないことを一生懸命、説明しました。うっかりしていた自分が悪いからですが、遅延損害金を支払わなくてはいけないことになりました。一般的に、債務整理中にキャッシングは利用できないと思われがちですが、法律にそのような規制はありません。ですから、いわゆる悪徳な違法業者だけでなく、業者の貸付基準次第では審査をパスできるかもしれません。でも、このことがバレたら、その時調整中の債務整理は必ず失敗します。それに、闇金に手を出すのは以ての外で、その時点で「終わり」です。莫大な借金を背負わされ、執拗で人権を無視した取り立てが横行しているのが闇金なのです。人生の再スタートを切るチャンスを自ら潰すようなことはしないでください。申請をしてからその日に事業者ローンをしなくてはならないという状況に陥ってしまったときには、まず最初は当日中の融資をおこなっている会社を検索することから始めていきましょう。たくさんの業者のうち、有名ドコロを選べばきちんとトラブルなく受け付けてくれるはずです。また、ポイントとしては早めのタイミングで希望の申し込み方法から申し込みをおこなっていき、何かしらのトラブルを起こさず審査が完了することでその日のうちに現金を手にすることが出来るようになります。たとえば一括返済が可能なくらいの事業者ローンなら、利息がプラスされない無利息期間がある金融業者をいろいろ調べてみてから利用するのが良いでしょう。無利息サービス期間中に全額一括返済すると普通ならかかるはずの利息が全くかからないので、上手に使うことができたらとても便利なのです。またたとえ一括で返済しない場合であっても、無利息サービスを行っているような会社の方がいろいろな場面でお得なキャッシングが可能なので、細かな点までよくよく比較してみてください。借り入れのやり過ぎは危険です。多重債務という複数で借金する状態に陥りやすいからです。実際、一箇所から借り入れできるお金には上限があります。それゆえ、返済日になれば、返すためのお金を調達できるところから用意しないといけないわけです。重ねていけばいくほど、もうあなたは多重債務者です。事業者ローンとカードローンはほとんど同じですが、少しだけ異なります。どのような違いかというと返済の手段が違うのです。キャッシングの際はカードなどで現金を引き下ろしたり、品物を買った後、翌月一括返済になりますが、ビジネスローンの際は、分割で返済しなければなりませんので、その場合だと利息がかかるのです。借入も返済もスマートにできるキャッシングは多忙な社会人にはありがたい存在です。しかし、毎月の収入や固定支出を考慮せずキャッシングしていると、返済に回すお金に苦労するようになって、あとで計算してみて、馬鹿だったなあと気づくかもしれません。あまり怖いことを言うつもりはありませんが、自分の収支というものを意識して、その範囲内で堅実に利用していけば、キャッシングの便利さがわかってくるでしょう。複数の会社からのキャッシングをしたとして、まとめたい場合というのは当然出てくると思います。そのような時はおまとめローンを考えてみてください。こうしたローンを利用することによって、複数の借金を一まとめにすることができることとなります。これは返済を簡単にできる良い方法でもあるのです。貸金業法が改正されました。そのためキャッシングの金利は、どこの金融機関でも従来よりも引き下げられています。それ以前の借り入れがある場合には、現行法以上の利息を支払い、過払い金があることもあります。この過払い金返還請求は時効前に行う必要があります。自分が返済した金額と金利をよく思い出し、完済後でも返済中でもできるだけ早く専門機関にアドバイスを求めて、返還のための手続きに取りかかるのがオススメです。消費者金融によっても評価基準は違いますが、誰でも知っているような消費者金融では大きな不一致はないようです。大きな差異が出るのは規模の小さな消費者金融です。大企業の消費者金融より審査基準が厳格だったりすると誰も大きくはない消費者金融から融資を受けるような事はしないでしょう。消費者金融でキャッシングするには審査をクリアせねばなりませんが、そのラインは会社次第で違うといいます。つまり、他と比べて考えてみた場合簡単に貸してくれる会社があるということです。だから、もしも自分の支払い能力に不安を感じていてもあきらめなくてもよいので、少しでも借りやすい会社を探してみてください。事業者ローンを希望するのは他に頼れない時なので、一番近いところにあるキャッシングの会社を利用しがちです。キャッシングしたあとで別の事業者ローン会社の利率が低いと残念に思いますよね。事前に金利の計算をして、複数社を比べて堅実に利用したいものです。キャッシングで借金をして、お金の返済が遅れるとどうなってしまうかと言えば、もともとの金利を支払う上に遅延損害金を払うことになったり、悪くすると、ブラックリストと呼ばれる事故情報名簿に記載されることになります。そういう場合には金融会社に必ず申し出ることです。お金が入ってくる予定はあるのだけど、「いま足りない」というときに、すぐ返すことを前提とした事業者ローンなら積極的に活用すべきだと思います。なかには30日間無利息を謳うものもありますが、それより前に返してしまうのですから金利何%とかにこだわる必要もないでしょう。とはいえ、高額を一括返済するのは無理がありますから、もし分割にするなら利率の低い会社から借りるのが得策です。つい慌てがちになるかもしれませんが、自分が借りれる範囲ではどのくらいの金利になるのか、チェックしておきましょう。融資額によっては、支払額にだいぶ差が出てくるはずです。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら