商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

お金を借りたいということでインターネット検索をしていますと、審査基準が緩く、即効でお金を手にすることが出来ると謳っているサービス展開をしている業者もたくさんあります。ところが、借り入れするまでの手順が簡単過ぎてしまうと本来なら不必要な金額がプラスされてしまっていたり違法営業をしているような業者である場合もあるので十分にチェックしてから利用するようにしましょう。基本的には、きちんと正しい手順で審査をしていると通常の問題ない金利での借り入れに至ることが出来るためにその後苦しい思いをすることなくキャッシングが可能になります。もし、夜間や早朝などに銀行ATMからお金を下ろそうとしたら、数百円分ですが、時間外手数料が発生するでしょう。反対に、事業者ローンであれば、時間外手数料無料のATMからお金を借りられますし、利子は日割りで計算されるので、返済が早ければ利子はほとんどかかりません。ですから、銀行のATMを利用するのと比べてお得に運用できるはずです。即日で審査が終わり個人で借りることができるのもおススメする理由のひとつです。2016年からマイナンバー制度が始まりました。事業者ローンを利用している人の中にはマイナンバーが原因で家族に借金を知られてしまうのではと心配している方も多いようです。確かに、マイナンバーは将来的にすべての個人情報を関連付ける予定なので、金融機関からの借入状況も関連付けられると思ってしまいますよね。ですが、マイナンバーでキャッシングの利用状況が誰かに分かってしまうようなことはないです。もし、借金が返せず債務整理した過去があっても、その情報はマイナンバーには登録されません。しかし、秘密を隠し通すのは難しいことで、例えば住宅ローンの申込の段階でどこの業者とも契約できないなどが原因で家族に借金の事実が伝わる可能性があることは覚えておいてください。キャッシングで借り入れするときの金利は、融資実行までにかかる時間の長さに準じた適用がされているのがよくわかります。つまり「即日」や「何分で審査」と言っているところは高めで、ある程度審査に時間がかかることを最初から公言しているところでは、融資上限や低い年利といったセールスポイントがあるわけです。調査漏れもあるかもしれませんが、だいたいの金融機関に言えることですし、使う前に一度考えてみるといいでしょう。なにより自分に合っていることが大事なのです。貸金業者からキャッシングしたいという場合には、まずはとにかく審査で問題ないと判断されなくてはなりません。給料や勤務先、すでに他で借り入れがあるのかなどきちんと返済可能かどうかということを業者が査定するのです。すべてが終わるまでのタイムはスピーディーな会社の場合目一杯時間を使ったとしても大体三十分ぐらいですべての手続きが完了することになるのですが、申込時に記入した仕事先に籍があるかチェックしてから現金を手にすることができるようになるために、落ち着いて丁寧に申し込みをすることが大切です。事業者ローンをしようと思った場合、それぞれの金融機関により金利の利率が違ってきます。加えて、いくら借りるのか?その希望額によっても利率は変わってくるものになります。出費が多く重なり、現金が急に必要になった場合、利息を少しでも低くお得に抑えたいのであれば、今の現状から見て、必要額はいったいどのぐらいなのか?きちんと計算し、必要額を把握したうえで利用したい金融機関・サービスをネットなどを利用して比較検討を行なうことが一番良いと思います。生活保護受給者がお金を借りたいと思っても、キャッシングを使うことは不可能です。でも、いくらキャッシングでお金を借りたいからといって、収入があると偽って事業者ローンの申請を行うことは厳禁です。嘘が明るみになれば、生活保護が打ち切られます。すべての手続を現金で行うなど、隠蔽工作しても、思わぬところから嘘がバレることはよくあります。このように、生活保護受給者のキャッシングは基本的にできないようになっています。なお、逆に積極的に融資を持ちかけるような業者はいわゆる悪徳な違法業者ですから、一度でも使ってしまうと、人生が台無しになります。どのようなこともオンライン上で出来るようになってきた昨今、キャッシングをするのにもネット上から申込みが出来るのが一般的で、面倒な手間もなく楽々使えます。それで、ローン契約を結べるようになるのは、職に就いているという18歳以上の人ということで、定収入があり、きちんと毎月もらい続けているという方です。果たして金利がどの程度かというのは、貸金会社により異なっているのです。そういうことなので、良心的な利率で提供している所を探し当てるということがキーポイントになります。現金融資はカードを利用して行うのが主流ですが、現代では、カードを持参してなくても、事業者ローンが可能です。ネットからキャッシングの申込をすると、銀行口座に振込みしてもらえるのです。カードがなくして慌てる心配がありませんし、早急にキャッシングが利用可能でしょう。夫が働いて稼いだお金で支払う予定で主婦が借入を安心して行えるような、誰にも知られずに契約できる方法があるのです。その方法とは、配偶者の同意書の提出義務が無い銀行を選ぶ、ということです。同意書の提出というのは法律で決まってはいないものの、どの銀行を利用するかで異なり、提出を求めるところとそれを必要としない銀行とがあります。借入を行ったことを知られずに行うには、同意書の要らないところを選びましょう。キャッシングし過ぎには気を付けないといけません。いわゆる多重債務で返済に困ることになってしまいます。実際、一箇所から借りられる金額には上限があります。ですので、返済期日になれば、お金を返済するために他に調達できるあてを探さないといけないのです。繰り返しこういうことが行われると、多重債務者という肩書きがついてしまいます。急にお金が必要になった時、多くの人がキャッシングやカードローンを利用すると思います。ところで、この二つのサービスにおける、それぞれの違いがよくわからず、混同して覚えてしまっている方も多いです。簡単に説明すると、数万円から十数万円の借入に適しているのがキャッシングで、返済は一括で行われるものが多いです。対して、大口融資が可能で一括返済ではなく分割して返済するものがカードローンと言われるサービスです。小口融資が基本の事業者ローンに比べて、カードローンの場合はどうしても審査が厳しくなるので、キャッシングが利用できてもカードローンは使えないという人もいます。商工ローンで高額な利息でお金を借りているケースでは過払い金を請求すれば過払いした利息が戻る事を知っていらっしゃいますでしょうか?総量規制と称される法律が施行されたおかげで、過払いした金額を請求して利息を取り返す人が増え続けています。最近人気なのがネットに対応した事業者ローンです。何と言っても、借り入れが簡単で近くのコンビニや銀行から返済もできてしまう便利さがネットキャッシングが人気の理由のひとつです。基本的にネットの中で完結できるので、誰かに知られることなくお金を借りられるのも、ネットキャッシングの優れたポイントです。一般の事業者ローンなら郵送される利用明細書も、ネット事業者ローンではウェブ上で表示されるため、自宅に郵送される危険はごく少数だと言えます。借入金をネットバンキングに振り込んでもらえるように手続きすると、もっと手軽に使えるでしょう。突然予想もしなかったトラブル等が起きた時、想定外のお金が なるべく早く手元に必要になる時がありますが、そんな時は即日OK!という事業者ローンサービスがなんとも心強く、非常に使えます。支出に関して聞いたところによると、年末の忘年会やお世話になった方々へのお歳暮年明けには孫や親族へのお年玉もあり、いくらあっても現金が足りなかった・・というケースも多々あるそうです。そういう時にこそ、キャッシングを使用すると不安な事が解消されるのでとても安心できます。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら