商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

クレジットカードをお持ちの方は、キャッシング機能をご存知だと思いますが、その返済方法は多くの業者で一括返済を基本としています。あくまでオプションサービスのキャッシング枠ですが、事業者ローン機能だけのカードもあります。キャッシング機能だけをもったものは、ローンカードと言われます。クレジットカードのキャッシング機能ですが、キャッシング枠をつけるのか、限度額はいくらか、といったことはそれぞれのクレジットカードの会社が審査をし、判断します。銀行が提供する銀行系事業者ローンの一番の特徴は、低金利なことが挙げられます。それに、総量規制(借入限度額が最大でも年収の3分の1までとされること)がありませんから、借入限度額が高いのもポイントでしょう。申し込みの時間帯が早ければ、即日融資も可能なところが多く、社会的な信頼度が高いのが銀行系キャッシングの強みでしょう。それに、提携ATMの数が多いため、最寄りのコンビニなどからでも借入返済できるのは便利です。審査は甘くないので、落ちてしまう人も珍しくないのですが、条件が許すのであれば、銀行系のキャッシングのほうが利便性は高いです。キャッシングを使いたい!と考えた場合毎月代金を支払う返済方法が予め決められていたり、自分自身でどうするか選択できますが、余計な利息をあまり払いたくないのであれば、できれば早目に短期間で返済可能な方法にしたほうが、利息額をみればお得になる事が多いのでおすすめです。返済をきちんと毎月早く済ますことが出来れば出来るほど、次回の借り入れが大変スムーズなり、場合によっては増額可能。という事もあり得ます。お金を貸すと、頭を悩ませることになるかもしれません。名前だけと思っていてもダメです。キャッシングをする際に年収証明書類を提出するように言われることがあります。提出後、さらに上限額は年収の3分の1なのです。そうなったら、次に考えるのは他人の名前を名乗って借りることでしょう。ただ、これもお金を貸してもらうのと同じことですので、やめた方がいいです。契約をするのには審査がつきものですが、申込者が申告した勤務先へ在籍確認をされ、申込者が本当にそこに勤めているかが確かめられます。業者側が申告した勤務先に電話を掛けますが、電話口に自分が出る必要は無いです。本人がその場にいなくとも、申告した勤務先に在籍していると分かれば完了です。ちょっとお金に困った際には、ビジネスローンの契約を自動契約機を使ってするのがベストではないでしょうか。自動契約機を使う時は、借入ができるかどうかの審査が行われている間は、その場で待ち時間が発生します。なので、長い待ち時間にならないように、自動契約機からの契約が優先されているそうです。手早くカードローンするなら、ぜひ自動契約機を使ってみてください。オリックスは今では日本だけでなく海外でも活躍するほどの実力のある日本を代表する大手企業です。今はメジャーリーグで活躍中のあのイチロー選手がこれまで所属していた世界でも有数のオリックス球団を保有するくらいの企業です。そんな大企業オリックスを支えている最も中心となっている事業が金融事業だという事を知っている方は少ないでしょう。普段の生活では欠かせなくなっているクレジットやカードローン、キャッシングといった多くのサービスを展開し、日本国内だけでなく海外でも多く事業を展開し続けている企業なのです。誰もが納得できるような理由であればともかく、急にお金の工面をしなければならない理由は必ずしも前向きなものばかりだとは限りません。もし、親族や友人に助けを求めた場合、何に使うのか、詳しく答える必要があるでしょう。何も言わずに融資してくれるような人がいるかもしれません。しかし、よほどのレアケースだということは想像に難くないでしょう。他にも、借金という弱みを握られて揉め事が起こることも珍しくないのです。こうしたリスクを回避し、身近な人に頼りたくない、頼れないという時には、きちんとした業者からキャッシングで融資を受けた方がメリットがあるのではないでしょうか。最近のキャッシングはインターネットにも対応しており、自宅から電話やパソコンを使って申し込むことができます。なおかつ、即日融資に対応したキャッシング業者も増えており、困った時の心強い味方です。キャッシングに必要なカードについては、自宅に郵送されたり、店舗で手に入れることが可能です。このカードによって、業者によっては提携したコンビニや銀行のATMにも対応されるようになり、キャッシング可能なATMが多くなります。ですので、ますます便利に活用できます。一度に返済できるくらいの少額キャッシングなら、利息を払わなくても良い期間がある金融業者を選択するのが賢い人のやり方と言えるでしょう。利息がいらない期間内で一括返済することができれば余分な利息が一切かからないわけですから、利用者側からしたら大変便利な仕組みなのです。まとめての返済を希望していないような時でも利息なしの期間を設定しているような業者の方が借り入れする際もお得になることが多いため、いろいろな業者をよく比較検討してみましょう。若い人は知らないかもしれませんが、2006年、2010年に貸金に関する法律が改正され、キャッシングの利率は20%から18%に制限され、それに合わせて業界全体の金利が下がったことがあります。しかし実情としては、利息制限法における上限は18.0%なのが、出資法ではそれを超える29.2%以下で貸付ができるという状態でした。一見して矛盾しているようですが、きちんと登録されていれば合法なのです。この18?29.2%がグレーゾーン金利と呼ばれています。近年は、CMなどで記憶している人も多いのではないでしょうか。過払い請求とは、このような契約によって業者に払い過ぎた利息分を法律事務所を通して返金してもらうというものです。もし、キャッシングの契約期間中に会社を退職し、申請時に記入した勤務先が変わったら、早めに業者に連絡を取って下さい。住所や電話番号の変更も同じです。仕事が変わったからといって、直後に利用に制限がかかることはありませんし、きちんと対応してくれます。逆に、変更の連絡をしないまま、間が空けば空くほど、発覚した時に面倒なことになるので、変更がある時には確実に連絡をしましょう。消費者金融にお金を借りている方が行方知れずになった場合は、返済に時効はあるのかと疑問に思うことはありませんか?あるというならば、行方がわからないということにして、特定できない場所にひそんでほとぼりがさめたら現れるという人もいるのではないかと思ってしまいます。今となっては当たり前の話ですが、無人契約機が登場し、誰でも気軽にお金を借りられるようになったのは新たなキャッシングサービスの時代の始まりでした。それ以前は、店舗の窓口で申し込むという流れが典型的な方法だったからです。時代は流れ、事業者ローンはさらに手軽で身近なものになり、外出する必要もなくなりました。最近はスマートフォンを使っている人も多いと思いますが、そういう場合はキャッシング用のアプリを入手するとそのまま契約申し込みできるのはもちろん、返済の計画を立ててくれるものもありますから活用してみてください。事業者ローンは生活費が不足した時に利用できます。少額のお金を借りて、生活費を補填することも一つの手です。お金が手に入ってから返済すればいいため、簡単に使える方法でもあります。お金が必要になった場合には借金するということも計算に入れてください。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら