商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

多くの場合、インターネットで申し込めるキャッシングは当日審査の即日入金が可能です。業者の営業時間にもよりますが、昼前に申し込んでおけば夕方には指定した口座に希望した金額が入金されている、といった話も少なくないのです。手続きがスピーディーなので、急いで現金を用意する必要にがある時には、心強い味方になってくれます。スピーディーな融資が可能なので、休憩中にサイトにアクセスし、仕事が終わってから振り込まれた貸付金を引き出すという使い方をしている人もいるようです。キャッシングというと、カードローンと変わらないものだと思いがちですが、返済の方法が異なります。一括で返済する目的でクレジットカードを使って現金を引き出すのがキャッシングで、分割払いにする際はカードローンといいます。カードローンは月々の返済は容易ですが、利息を考慮しなければなりませんし、どちらにしても延滞の際には注意が必要といえます。馴染みのあるものを活用して面倒な準備なしに事業者ローンを利用してみましょう。とはいえ、証明書などは必須になります。ですが、指定された部分がハッキリ見えるよう撮影した写真でも良いので、スマートフォンを使えば簡単に申し込みできますので、自宅に居ながらにして申し込みができますし、必要になった時にすぐに融資が受けられます。申し込みの後は審査がありますが、それは窓口や無人契約機で申し込んだ場合と同じです。審査を通過したら融資を受け取る先を自分の口座にすることができます。キャッシングサービスというと、誰でも希望する融資が受けられると思いがちですが、実際は申し込みをしてから審査が通るまでの時間や限度額、あるいは実際お金を受け取れるまでの時間や返済方法などの条件があるため、状況に合ったところを探す必要があります。とはいえ、キャッシングサービスの数は決して少なくないので、希望に沿ったサービスを提供している金融機関は、きっとあるはずです。総合情報サイトに代表されるような多くのサービスを比較できるようなホームページを活用するとピッタリの業者を見付けられるはずです。比較的高額の現金を用意する場合、キャッシングよりも分割返済の使えるビジネスローンが便利ですが、カード申し込みの時点でそれぞれに見合った金額設定がされていて、仕事を持っている人には、総収入の3分の1までで抑えなければならない、厳しい法律が近年定められたのですが、総量というからにはそれは1件1件のカードごとの決まりということはあり得ず、本人名義のカードなら、すべてを含めねばならず、会社が違ってもすべてを合算し、ということで、使える金額に影響が出ています。知っていても知らなくても、総額に影響はありませんが、把握しておくことが必要です。大まかに言って、3枚のローンカードを持ち、そのうちの1枚で50万円のローンを返済し始めていて、2枚目のカードで更に追加のローンを組む場合は、総量規制で設定された額から50万円か、あればそこからの返済済み分を計算して差し引いた分が借り入れできる残金となるので、計算しやすいと思います。自分の収入への意識が高まることで、負債とのバランスも取れてくるものと期待されます。実際にカードローンを組む際に一番注意したいことは、何と言っても、カードローン会社の設定している金利なんですよね。TVなんかを見ていると放送されているカードローン会社のCMは一つではありませんし、そこに提示される金利も、当たり前ですが、各社ごとに異なっています。高い金利であれば、それだけ利息も高くなってしまうため、金利を確認して、安いところを選ぶのが一番ですね。私には、返済不可能な借金に苦しみ債務整理中の姉がいます。何でそんなことになったかと言うと今考えればありえないような嘘のメールに騙され、いつの間にか、返しきれない金額のお金を借りたことになっていたのです。精神的にもろいところのある姉は、処方薬で症状を抑えている状態です。落ち着いている時には何の問題もありませんが、人が変わったようになることもあります。メールの相手に騙されているとは夢にも思っていないためそれなりのお金を借りても返済できると判断されたのでしょうね。今回は家族が把握できただけでもまだましな方で、人に言えずに苦しんでいる人も多数いると思われます。その日に融資をうけるのに失敗したくないならみずほ銀行を推薦します。PCや携帯電話から入力・申し込みなどができて、審査もスムーズで、しかも、コンビニエンスストアで出金できるので利便性が高いです。金利が低いため、返済も心配無用です。一般的に、キャッシングサービスの審査では返済可能かどうかが判断されます。ですから、条件として定期的な収入を得ていることが必須になります。公務員や会社員に限らず、フリーターでも安定した収入が見込めるのならば、お金を借りられます。ですから、定期的な収入の望めない無職やニートはお金を借りることはできません。それでは、主婦の場合はどうでしょうか。専業主婦が事業者ローンを望む場合、ノンバンク系(消費者金融、信販会社など)ではなく銀行系のカードローンを選んでください。こちらであれば、お金を借りられます。もちろん、夫に安定収入があることが条件になります。銀行系のキャッシングの最大の特徴といえば、利率が低いため、低金利で済むということでしょう。それに、総量規制(借入限度額が最大でも年収の3分の1までとされること)がありませんから、ノンバンク系より限度額が高めに設定されるのも嬉しいポイントです。申し込み時間によっては、その日のうちに融資を受けられますし、社会的な信頼度が高いのが銀行系キャッシングの強みでしょう。さらに、銀行系のキャッシングは利用できるATMの数がたくさんあり、最寄りのコンビニATMが使えることも多いので、利便性がかなり高くなります。しかし、審査基準は厳しいので、審査落ちしてしまい、融資を受けられない人も多いのですが、もし、審査に通過するのであれば、銀行系のキャッシングを選びましょう。お金を借りたいと思ったときに比べてみることは必要なことであると言えますが、比べる条件として一番重要なのはどの程度の金利なのかという事です。借りる金額が大きくなく短い期間で返していけるなら金利以外の条件で選んで借り入れをしても良いですが、金額が多かったり返済までの期間がかかりそうな時には可能な限り低金利を選ぶべきです。本当に支払いに窮してくると、借りやすくて金利が高めの金融業者や銀行のおまとめローン等に、考えが偏りがちになります。しかし、使途は「生活資金」に限られますが、居住地の公的機関の融資も検討に入れてみてはいかがでしょう。全国の社会福祉協議会では福祉目的であるため相当低い金利(2%前後)で借り入れ可能です。社協の貸付制度のシステムとしては、原則保証人不要ですが、もし連帯保証人を付けられるようなら無利子で融資してくれます。民間融資と公的融資。どちらもよく調べて、最適な判断をしてください。申し込みにインターネットを使えるところでは、サイトを通して、ビジネスローン契約まで可能な「WEB完結」を使用可能なところが少なくありません。WEB完結だと必要書類を郵送したりする手間が省け、写真に撮って、そのデータを送信するだけです。普通なら、仕事場へ在籍しているか確認の電話がありますが、職場にいることが分かる資料を提出するだけで良いので、お休みの日でも契約するのに待つ時間が短くて済みます。キャッシングしなければ「審査」って無縁ですよね。緊張するのもわかりますが、実はものすごく簡単に完了し、即、振り込みになります。キャッシングはもともと上限も限られていて、よっぽどタイミングが悪くない限り、40?50分で済むのは普通ですし、私の場合、ネット銀行を振込先に指定したら40分後にPCの前ですべて完結しました。それって、今ではほぼ常識です。収入証明不要の会社も増えましたし、スマホがあれば申し込みも本人確認もアプリでパチッとできて、予備のお財布感覚で、簡単になってきていると感じます。キャッシングの際にクレジットカードの枠を使ったことがある人は大多数に達しているものと予想されますが、問題なく決められた金額を返済出来るようにしても返さなくてはならない金額を持ちあわせておらずに返済することが無理だというケースも出てきます。このような大変な状態になってしまったら、現在の返済方式からリボルビング払いへチェンジすることで月々の支払い額を減らしていくことも可能だったりするのです。このままだと返済が滞ってしまうというような場合は、是非リボ払いへの変更も検討してみてください。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら