商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

突然色々な予期せぬ出来事が起こり多額の現金が出来るだけ早めに手元に必要になる場合があるかと思いますが、そんな時は即日OK!というキャッシングサービスが非常に便利で、安心できます。支出に関して聞いたところによると、年末の忘年会やお世話になった方々へのお歳暮そして、年初めには子供たちへのお年玉の用意もあり、お金が足りなかった!といった出来事もよく耳にします。そんな場合にキャッシングを賢く利用するとお金の心配をせずに済みますので非常に安心します。借入は審査にさえ合格すれば、限度額の範囲内なら何度でも借入を行うことが可能なので、ずっと使っていると感覚が鈍ってしまい、借入を行っているという感覚が消失します。しかし、消費者金融やクレジットカードで買い物をするのも借入を行うのと同じですから、返済計画を練ってから借り入れるようにしてください。これを言うと批判されるかもしれませんが、世間一般の「借金」=「だらしがない」という固定概念には問題があるように感じます。無計画な「借金苦」と計画的な「借金」は同じものではないですよね。若年男性や再就職が多い人(特に女性)は賃金水準が低い傾向がありますが、その中で計算しても足りない部分を借金に頼るのであれば、不健全なものだとは思えません。だからといって濫用はいけませんし自己管理は欠かせませんが、業者側のほうでも借りやすい環境を作ったり、良いサービスを提供することが大事なのではないでしょうか。ご存知のように、本人確認できる書類を準備するだけでキャッシングの利用手続きを行えますが、一定額以上の希望限度額を提示した場合や、個人事業主など、給与所得者でない方は、収入証明書が必要になるので、準備しておいてください。収入証明書というと分かりにくいですが、給与所得者ならば源泉徴収票を使えば問題ありません。源泉徴収票を用意できないというケースでは、その他の年収を公的に証明できる書類(確定申告書や課税証明書など)を収入証明書にしてください。手続きが必要なものなので、時間に余裕をもって準備しておきましょう。審査には必ず、申込者が申告した勤務先へ在籍確認をされ、申告した勤務先に間違いが無いか確かめられます。在籍確認はそこの業者が電話で行いますが、自分が電話先に出なくても問題ありません。本人がその場にいなくとも、間違いなく在籍していると確認さえできれば在籍確認は認められます。仕事がアルバイトでも月々の給与が支払われていればお金をカードローンで借りることができますが、雇用が保証された正社員と比べると審査が不利になってしまうのは事実です。なお、今の仕事がアルバイトだったら大事なポイントとして、現在の勤め先にどれくらい所属しているかがあります。きちんと毎月給料をもらっているという事実がビジネスローンの審査基準の一つであるため、一つの勤務先に長く勤めている人の方が、毎月の給料の額が変わらなくても安定して働いているとみなされ、ビジネスローンを利用することが可能となります。ネットが各家庭でも利用されるようになってからは、家に居ながらスマホやPCを使ってお金を借りられるようになったので、誰でも気軽に利用する事が出来るようになりました。ただしキャッシングを利用する場合には、18歳あるいは20歳以上の方で、就職しており、毎月安定した収入のある者しか申込みできません。キャッシングをする際の金利も会社によって様々なようです。ですので事前にできるだけ金利が低い会社を利用する前には必ず下調べをしておくことが大切です。住宅ローンの審査では、キャッシングサービスの経験者は審査が厳しくなるというのは皆さんご存知の通りです。金銭管理が下手なため、住宅ローンの返済能力に欠けると判断されるようです。今現在も事業者ローンをしていたり、以前、返済期限に間に合わず滞納した経験があるのなら、ほぼ住宅ローンの審査はパスできないと考えてください。しかし、事業者ローンの利用が五年以上前という場合は、審査には響かないことが多いです。20歳を超えた学生で事業者ローンしたいと思う方も多いと思います。でも、もし学業に専念している場合は金融機関のキャッシングは利用できません。働いていなければ返済できる見込みがありませんから、当然と言えるかもしれません。しかし、収入があると偽ってキャッシングの申請を行う学生は後を絶ちません。基本的に在籍確認されることはありませんし、収入証明書がいらず身分証明証だけで審査されるため、騙しやすいと思うのでしょう。しかし、いくら嘘をついてキャッシングの利用が可能になっても、返済に充てる資金もないのにお金を借りてしまえば、面倒なことになりかねません。昔のキャッシングは申込や審査に時間や手間がかかったものです。それが最近ではものすごく利便性が向上しています。もっとも顕著なのは、インターネットだけで簡単にすべての手続きを済ませられるサービスの登場です。比較的小額の融資の場合、運転免許証があれば写メやデジタルファイル化して送信するだけで契約できるようです。契約完了後はカードを発行してもらうこともできますが、最短を狙うならカードレスで口座振込にしてもらうと良いでしょう。コンビニエンスストアのATMを使って24時間お金を受け取れます。借入の利率は金融機関によりけりですべて一緒ではありません。さらに、自分がいくら借り入れたいのか?キャッシングをする希望額によっても利率は多少なりとも変わります。何か思いがけない出来事があり、急に現金が手元に必要になったときに、利息を極力抑えたいのなら、今手元に残すべき、必要な金額はいくらかしっかりと考え、頭を整理しきちんと把握したうえで利用したい金融機関・サービスを口コミやネットのサイトなどから比較し、検討をすることが一番良いと思います。事業者ローンを複数社で利用する際には総量規制というものがあるので、それぞれの利用可能額の合計を確認して借り入れの申し込みを行わなければなりません。消費者金融会社がこのような規制を設けているのはなぜかというと、利用者があまりに多くの金額を借りることを防ぐためで、年収の額によってこの上限が定められるので、自分のキャッシング利用額が今いくらなのか確認して判断しなければなりません。普段使っている人も多いクレジットカードには種類があり、それは「ショッピング枠」、「キャッシング枠」、「利用限度額」というものがあるみたいですね。使用可能な最高額の範囲内に対しては「ショッピング枠」「キャッシング枠」がありますが、私が普段使うとなった場合、ショッピングの支払時にしか使ったことがありませんし、そもそもあまり使いません。なので、借入する場合はどうすれば使えるようになるのでしょうか。ぼんやりしているので急に現金が足りなくなった場合のために知恵として学んでおきたいと思います。早急にお金を用意しなければならない時に便利なのがキャッシングですが、それ以外にも高額商品を分割払いする場合にもキャッシングが役に立ちます。下調べをしておいて、一定期間金利ゼロの特典が付いた業者を見つけられれば、もっと便利に利用できるはずです。こうした無利息の特典は新しく申し込んだ時だけの限定キャンペーンであることがほとんどですが、以前のキャッシングが全額返済され、なおかつ時間が経っている場合には、利息無料キャンペーンに申し込める業者もあるようです。今、派遣で働いている人でも、キャッシングでお金を借りることができます。どうしても正社員よりは収入や安定性が不足する部分もありますから借入限度額は少なくなってしまうケースも少なくありません。とはいえ、定期的な安定収入があれば、審査に落ちることはありません。なお、在籍確認はご自身が在籍している派遣会社、あるいは派遣先のどちらかに行われますが、前もって業者にそのことを伝えておけば、ご自身の都合の良い方に連絡がいくように対応してくれるでしょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら