商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

カードローンを利用する時はほとんどの方が利率を基準にして選ぶのではないでしょうか。ただ、最近はそれもドングリの背比べな感じですから決め手に欠けるというのが実情でしょう。金利以外でのオトクを考えると、ポイント制度を導入しているところはどうでしょう。入会ポイントのほかキャンペーンや利用額に応じたポイントが貰え、お金と同じように使える点でお薦めです。お得情報も大切ですが、忘れてはならないのが現実的なプランニングです。自分の収支バランスに合っているかをしっかり検討して、申し込むようにしてください。あとで苦しくなれば、ビジネスローンのメリットも半減してしまいます。カードローンの審査を通過して利用を認められたカードでも再度、審査が行われることがあります。完済後も解約せずにビジネスローンを利用しない状態が続いていた人がほとんどで、空白の期間に生活環境などが変化していることも多々あるためです。もし、再審査を通過できなければ、一度利用できたカードであっても利用できなくなります。すぐにでもお金がいる状況になってしまった人にとって、即日融資可能なキャッシング業者は頼もしい味方でしょう。今では、キャッシング業界で大手と呼ばれている会社は、即日融資可能なところが多いですし、申し込みから審査が終わるまで、わずか30分しか掛からないスピード融資に対応した業者も増えています。とはいえ、金利や返済方法をよく確認してから申し込まないと、慌てるあまりに返済費用がかさむといったケースもあります。その場のつなぎ資金だとしても、きちんと時間をかけて業者を選ぶことが大切です。支払うだけの金銭の準備が出来ていなかったりして、返済期日に間に合わずに延滞という結果になってしまったとしたら、必ず業者から通知が来ます。それでも支払わないでいると、その結果、差し押さえといったこともされるでしょう。このときは給与に対する実施となります。自宅で業者が次々に家財などを差し押さえていくなんてドラマのワンシーンみたいなことは実際には起こらないのです。キャッシングとローンはよく似ていますから混同されて使ってしまう人もいますが、厳密に言えば違うものです。キャッシングとローンの違う点を説明します。キャッシングは借りた金額を次月の返済日に一括で返済します。ローンは借りたお金を数回に分割して相手に返していきます。給料が入るまでの間に合わせ的にキャッシングをすることがしばしばあります。銀行のローンと違って、担保や保証人を用意する必要なくお金を貸してくれるキャッシングは便利なサービスです。しかし、十分に活用するためには、審査基準や金利などの条件をよく読み、最適なキャッシングを選ぶことが必要になります。キャッシングサービス自体の数はとても多いので、各サービスの特徴を出し、ご自身にとって最もメリットの大きいサービスを選ぶことがポイントです。ちなみに、利用者が急増しているキャッシングは、スピード融資で審査が緩いサービスです。当然ですが、融資にかかる時間も差があるので、申し込みをしたサービスによっては、即日融資も可能です。金融機関は世に多くありますが、その種類などによって人それぞれキャッシングで借りられる額が違い、すぐに必要な分だけの小さな融資等に限らず、数百万ほどの大口融資や長期計画的な融資でも限度額内なら受けられる仕組みになっています。最短で数十秒と言われるほどスピーディーな流れで何よりもすぐお金を手に入れることができるので、お手軽でとても利用しやすいサービスです。何にせよ融資が必要な際はカードを利用するというのが一般的に選ばれる方法でしょう。事業者ローンサービスとは、銀行や消費者金融などの金融機関が提供しているサービスで、必要に応じて融資を受けることができます。あるいは、クレジットカードに付帯したキャッシング枠を使って、クレジット会社から現金を貸し付てもらうことも代表的な事業者ローン方法のひとつです。消費者金融や信託会社などはノンバンク系と言われ、銀行系のサービスとはカテゴリーを分ける場合が多いです。なぜかというと、銀行で契約を結んだ場合と、それ以外の業者と借入契約を結んだ場合、定められた法律が異なるのです。どういうことかと言うと、銀行には銀行法が、ノンバンクの場合は貸金業法が該当します。借入れを行う商工ローンによって借用限度額がそれぞれ異なる場合があり、数千円といった小額のお金からその日のうちにすぐに融資をうけられるもの、300~500万ほどの高額の融資も条件をしっかり満たしていれば申込み可能です。また申込みをしてからの対応も早くスムーズで、すぐに手元にお金が届くので今すぐにお金が必要な場合にはとても便利でおすすめです。こうした申請も今ではカードで出来るというのが基本になっています。銀行や消費者金融を代表に、多くの金融機関ではキャッシングサービスを展開しています。そして、その中の多くのキャッシングサービスについてはWEBサイトを使った申し込みにも対応しています。審査をパスすれば、銀行口座に入金してもらったり、専用のカードを受け取りATMから借り入れができます。専用のATM窓口はもちろん、コンビニATMや銀行のATMといった、身近なところにあるATMにも対応したサービスも増えており、利便性が上がっています。もし、金融機関からお金を借りる場合、事業者ローンとカードローンのどちらを選べばよいのでしょうか。どのように使い分けたらいいのか分からない人も多いです。大雑把な説明になりますが、小口融資を受けるのがキャッシングですが、大口融資が可能で一括返済ではなく分割して返済するものをカードローンと呼びます。こうした特徴を持つビジネスローンは、契約条件が厳しいものになっているケースが多いです。キャッシングの融資にかかる年率を見ていくと、申込から実際に融資を受けるまでにかかる時間や手間が深く関係していることが多いです。この論理で言うと、即日、何分、スピードの嬉しい3点セットは利率が高いということになります。逆に、はじめから審査に時間と手間をかける会社や銀行は、融資上限や低い年利といったセールスポイントがあるわけです。一般論なので例外はあるかもしれません。しかしどちらもそれなりに利用者のメリットというのはあるので、よく調べて検討する価値はあると思います。条件を比較したサイトなども多いですよ。キャッシングでは収支のバランスをとることが大事です。返済(支出)を考えると借入先が1カ所のほうが残高をイメージしやすいので、完済までの見通しが立てやすいです。しかし、1社だけに絞っていれば本当にトクだというわけではありません。2社目で借りるべき例があるのを忘れないようにしましょう。それは2社目の金利がいままで借りている金融機関より安い場合です。また、審査が厳しくても高額融資可能だったりユーザーにとって有益なことがハッキリしていますから、もう一社に申し込んだほうが良いでしょう。いまどきの借金は迅速性が売りです。スマホやPCで申し込めば全国の銀行ATM(コンビニもOK)で、手軽にお金が借りられるようになりました。けれども、このイージーさがすべての人の「ためになるか」というと、結局は使う人間の自制心や、金銭のバランス感覚が不可欠でしょう。でないと便利さゆえに危ないはめに陥らないともいえません。金融業者や銀行のようにベテランがいる窓口では相談もできて、比較的理想の選択に近づくような気がしますが、無人状態でも同じ判断を自分に期待できるかどうかは、わかりません。キャッシングを使う時には、勤務先及び勤続年数の申告を求められます。借り手の返済能力の有無を確認する目的です。次に、職場に勤務の事実確認のための電話等が入るのです。職場への連絡は勘弁して欲しいという人もいると思われますが、昨今は商工ローンであることを伏せる工夫がされています。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら