商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

現在、カードローンを組んでいます。それも二つの消費者金融においてです。一方は十万円、もう一方は二十万円で組んであるのですが、二社合わせて毎月二万円ずつ返済しています。けれども、どちらも最大利子で借り入れているので、利子を含めた返済額が減らない為、完済の予定が立ちません。情報を集め、他の商工ローンに借り換えようとしましたが、審査が厳しく、断念しました。金額的にはそこまで大きな額ではありません。ですが、無計画のままカードローンに手を出してしまったことで、困った事になってしまいました。昔であればキャッシングをお願いする際に最低1万円からという設定の会社がほとんどだったものです。しかしこのごろでは千円毎の申し込みができる会社も増加してもし一回目の借り入れ金額が1万円であった場合でもATMから出金する時には千円毎でも可能としている会社もあります。一般的に、携帯電話料金やクレジットカードの支払いが遅れた人や債務整理をした人は、ブラックとしてキャッシング審査で不利になりますが、税金の未納については、キャッシングでもお金を借りることができます。実際、税金を延滞すると高い利子が付くので、キャッシングで借りたお金を税金の支払いに充てる人もいます。ずっと税金を払っていないと裁判所が差し押さえ処分を下すこともありますので、未納分の税金がある場合は、早めに払っておいた方が良いです。もし、一度に払えないという場合でも、税務署に相談すれば分割して払えるようにしてくれたり、条件によっては減税措置を取ってくれるかもしれません。後回しにして放置するのは厳禁です。ローン契約をする際の審査では、申込者が申告した勤務先へ在籍確認をされ、実際にそこに勤務しているのか確かめられます。業者がその勤務先へ電話で確認しますが、自分が電話先に出る必要は無いです。もし在籍確認の際に勤務先にいなかったとしても、申告した勤務先に在籍していると分かれば在籍確認が完了したと言えます。キャッシングサービスをモビットで行うなら、24時間いつでもネットからの申込みが可能で、10ほどで審査の結果もわかります。モビットが三井住友銀行のグループであるという点も安心感があり、今、人気を集めている理由といえるでしょう。全国に約10万台ものATMが提携されているので、お近くのコンビニを利用すれば手軽にキャッシング出来るのです。インターネットで全ての手続きが行える「WEB完結」は、わざわざ書類を郵送する必要がなくキャッシングを利用出来るのです。親族からお金を借りる場合の印象が良く感じる理由として、1人暮らし中に突然会社から解雇されて生活に行き詰ったり、生活していくうえで学費が捻出できなくなったりなどの了承せざるを得ない理由を言う事です。遊びや趣味に使うお金などの生活上必要ない理由を言う事は、避けるべきだと思います。大手であればWEB上で入力を済ませれば仮審査ができるサイトを作成してあります。そこに表示されている項目を埋めれば、現在借入できるかが画面に表示されます。しかし、年代や収入、他で借りた金額や今回借りたい金額などの簡易な審査な為、問題がないと表示された場合であっても、必ずしも借入ができる訳ではありません。使用する際は、保証された答えではないことを念頭において使用しましょう。このところ、キャッシングのTVCMなどを見かけることが増えています。手軽にお金が借りれるということで、若者を中心に活用する人が増えています。キャッシングサービスというと、消費者金融系のサービスをイメージする人も多いかもしれません。しかし、今は、銀行系のキャッシングサービスやクレジットカードでキャッシングできるタイプのものもあって、世間に定着しているようです。その一方で、キャッシングが身近な存在になってしまったからこそ、返済の見通しが甘くなってしまい、負債を抱えてしまう人もいます。いくら簡単に融資を受けれるからといっても、借金であることには変わりません。分別を持って利用しましょう。もし、今すぐにまとまったお金が必要になったと考えてみてください。銀行の目的型ローンで融資を受けようと思っても、長期間、審査の結果を待つ必要があります。申し込みから現金の受け渡しまで最短でも数日はかかりますし、長ければそれ以上待たなければなりません。なので、早急にお金が必要な時には銀行による目的型ローン以外のサービスを利用した方が良いでしょう。その点、キャッシングは大変便利なものです。申し込みから実際の融資までの流れが早いため、早ければその日のうちにお金を工面することができますから、すぐにお金が必要な時にはこちらを利用するとよいでしょう。カードローンとキャッシングの利率については、昔から言われていることですが、審査基準の甘さ(厳しさ)が深く関係していることが多いです。つまり「即日」や「何分で審査」と言っているところは高めで、はじめから審査に時間と手間をかける会社や銀行は、低利率や高額融資などのメリットがあるのも事実です。同じ会社でも条件違いで金利の差があったりしますから、知らないで損をしないよう、時間のあるときにチェックしておくと良いでしょう。なにより自分に合っていることが大事なのです。消費者金融というのはこれまで利用したことはありませんでした。お金を返済できなかった時にどうなるのか心配だからです。他にも、延滞をしてしまった時に、利息も含めてどういう罰則があるのかよくわからなかったからです。なので、なるべく自身のお金にはゆとりを持って使うように肝に銘じています。こんにち、銀行で借金をする人が、まま見受けられるようになっています。銀行カードローンは、低金利で首が回らなくならないで済みます。加えて最高借入限度額が高いので、様々な用途に活用できてとても扱いやすいのです。借り入れできる金額に年収が関係ないので制度上でも簡単に借入れられるようになっています。少額でもキャッシングを使っている人は現在の金利をきちんと把握しておきましょう。それだけでなく、他社にどのようなキャッシングプランがあり、金利はどれくらいなのかチェックが必要です。金利が低い会社、金利が低いプランに出会ったら、そちらに借り換えし、毎月の支払い額を減らすようにしてください。金利の差は、ごくわずかのように見えても年間の額を計算してみるとその金額の違いがわかるでしょう。既に事業者ローン業者と契約していて他の業者に新規契約の申込をしても、以前の借入状況や返済履歴が要因で審査通過が難しくなることも多いです。合わせて二社くらいの契約までは審査をパスできるかもしれませんが、それ以上増えていくと、審査を通過しにくくなります。総量規制に引っ掛っている場合もありますが、契約した業者が多ければ多いほど、期日までに返済できない可能性があると思われてしまうようです。以前、30万円ぐらいキャッシング利用で借入れたいと申込みしたのですが、断られました。考えてみるとたぶん、就職したばかりだということもあり、信用されにくかったと思うので、原因はそれだったんだろうと思います。仕方がないから、10万円借りることにし、その金額ならいけると言われ無事、審査を通過しました。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら