商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

最近の事業者ローンは手軽で便利なものになり利用者が増加しています。しかし、その一方で、住宅ローンの審査の時、キャッシング経験の有無が審査の合否に関わるということはよく聞きます。金銭管理が甘いとみられてしまうわけですね。キャッシングの返済がまだ残っているケースや、以前、返済期限に間に合わず滞納した経験があるのなら、ほぼ住宅ローンの審査はパスできないと理解しておきましょう。ですが、完済して五年以上経過しているのなら、特に問題視されないようです。ビジネスローンは即日融資が当たり前の時代ですよね。ネットで申込みますと、何時間か待てばもう指定した振込先に、お金が振り込まれているのです。先に現金を振り込み、カードの発行は後回しにしたシステムなのですが、現物のカードを手にした後でもネットだけの利用もOKなところが大半ですから、実際のところはカードレスローンと言えるかもしれません。現金を借り入れしたいというとき、近頃では複雑な金利計算も不要で、更に好きな返済方式をチョイスできたり以前に比べますと利用する際のハードルが下がってきました。お好みの方法で申し込むことが可能になっており、誰とも顔を合わせずにネット上で全て完了させることも出来ます。それからキャッシング業者のいくつかは職場に対して担当者が電話でのチェックをしないケースも珍しくないのです。そうしたら自分以外の周りの人には内緒のままで現金を手にすることが出来ますので、気を使うこともないでしょう。キャッシングをアコムで行う時は、初めて利用される方に特典として、最大30日間は、いつでも金利ゼロでご利用頂けます。スマートフォンからいつでも申込み出来ますし、更に「アコムナビ」というアプリをダウンロードして頂くと、本人確認などの書類も提出でき、現在の場所から近くにある自動専用機の場所を探してくれます。返済プランも具体的に立てられるので、計画性を持ってキャッシングをお使い頂けるでしょう。キャッシングするには、勤め先と勤続年数を申し出なければなりません。借りる人の返済能力の有る無しを判断するためです。その後、勤務先に勤務が事実か確かめる為の電話等が入ります。勤め先には知られたくないので連絡が来るのは困るという人もいるかと思われますが、近頃は消費者金融でないように装う配慮をしてくれるでしょう。ものすごく差し迫っている場合でも、もし、ビジネスローン利用を考えたときは、しっかりと比較した上で決めるべきです。銀行か商工ローンがカードローンの申込先としては挙げられますが、大抵は銀行の方が金利が低いです。しかし、その一方で、審査通過の割合は、消費者金融の半分だとされているのです。その上、消費者金融の利用では、すぐさま借入できることが多く、どちらが良いとも一概には言えません。キャッシング枠が設定されているクレジットカードを使って現金を手にすることは他の方法と比べてもかなりスピーディーです。クレジットカードが実際ご自身の手に渡りますとキャッシング枠に関しての審査につきましても特に何の支障もなく済ませてあるわけなので、そのカードのキャッシング枠の最高額までであればご自身がいちばん利用しやすい引き出し方法を選択してスムーズにクレジットカード会社から現金の借り入れをすることが可能になりますので、頭に入れておいてください。普段は金利の低いところを探して借りようとしますが、期日が近づいていたりすると、借りやすくて金利が高めの金融業者や銀行のおまとめローン等に、考えが偏りがちになります。用途は生活資金(教育・住宅費用含む)に限られますが、居住地の公的機関の融資も検討に入れてみてはいかがでしょう。全国の社会福祉協議会では福祉目的であるため相当低い金利(2%前後)で融資が受けられます。社協の貸付制度のシステムとしては、連帯保証人がいれば無利子になるのも、他にはない特徴だと思います。このような公的制度があることを知った上で何のためのお金をどこから借りるか、よく考えてみてください。現金を貸してもらうというサービスであるキャッシングとは、決して多額ではなく少なめの金額の融通を希望するという場合に利用できるタイプの借金です。借金の契約を結ぶ場合、金額が大きくなってしまいますと保証人なり、担保なり、返済不能になった場合の代わりになるものが必要です。しかし、事業者ローンでしたら金額も小さいわけですので通常用意しなくてはならない面倒な保証人や担保を見繕うことは必須項目として設定されているわけではないのです。免許証やパスポートといった公的な本人確認書類を見せれば、よほどの事が無ければ現金が自分の手元に渡るようになっているのです。利用する銀行や信用金庫などの金融機関によっては、一度に申請できる借用限度額というのは決まっていますが、数千円といった小額のお金からその日のうちにすぐに融資をうけられるもの、300~500万ほどの高額の融資も申込みをすれば融資をうけることが出来ます。それに申請してから現金を受け取るまでの流れもスムーズで、すぐに手元にお金が届くので急いでいる時には特に便利です。こうした手続きも全てカード一枚で行うというのが基本なのも嬉しいですね。繰り上げ返済は早くすればする程、日数は短くなる、つまり、かかる金利も最小限に済ませることができます。定められた返済額以上の返済も行えば、早めに元金は減るので、後にかかる金利も少なく済ませられます。もしも余剰資金ができればこの方法をうまく活かして、支払う額が少しでも減らせればいいですね。キャッシングにおける審査では、確認される内容としては、申請した人の属性情報、それから在籍確認、信用情報、書類確等があります。それらの項目を全て確認し判断した上で、申請した人の返済能力の有無を見極められるとういう訳です。万が一、収入を偽るなど嘘の情報で申請したりすると信憑性に欠けるだけでなく審査の時点で落とされてしまうでしょう。具体的な例を挙げると、いくつかの銀行から借金をしていたり、今まで大きな事故を起こした事のある方は、審査に通る可能性は極めて低いでしょう。消費者金融で現金融資してもらう際の一番困難なところは審査をパスすることでしょう。審査が心配な方は大手の消費者金融のホームページで利用できる簡易審査にトライしてみることで不安がかなり軽減できると思います。ですが、簡易審査を通過できたからといって、本審査が必ずうまくいくというわけではありません。いくつかの会社のキャッシングを同時に利用するときは金額の総量が規制されるため、各社の利用可能額の合計がどうなっているかを計算して申請しなければなりません。消費者金融の会社が、この総量規制というものを設けているのは、申し込む人が高額すぎるお金を借りることを防ぐためで、その上限は年収の額に左右されるため、今自分がどれだけ借りているかを確認の上、キャッシングを使うかどうかの判断を行いましょう。他の人の名義を使ってカードローンの契約を締結することは許されていません。本人が自己の名義で契約を結ぶことを要します。契約をするのが夫の所得で支払いを賄おうとしている専業主婦である場合であっても変わりなく、妻自身の名義で契約を行うことになります。従って名義人である妻自身が責任をもって支払いをすることになります。仮に親兄弟や配偶者間の場合でも、名義人を本人とは別人の名前にして借入契約をすると法に違反することになります。自分の名前を使うことを認めていたのなら、名義を貸した側も犯罪者となってしまいます。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら