商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

事業者ローンで実際に契約するより先に各社のサービスの特徴を比較検討しておきましょう。業者によって利率も異なりますし、新規契約限定の無利息ローンが使えるのか、あるいはその期間や、申込手続きが面倒でないか、といったこともしっかりと調べて比較しましょう。キャッシングの利便性を左右するのは、実際の使い勝手の良さです。あらかじめキャッシングを利用した生活を想定し、借入返済がもっともしやすいATMがあるサービスを選ぶのも良いでしょう。キャッシングは、申し込めばすぐに便利に使えると思い込みがちですが、逆に不便で損する可能性もあります。ATMのチェックは最大限、時間をかけて下調べしておきたいポイントです。消費者金融で現金融資してもらう際の一番難しいところは審査に合格することがあげられるでしょう。審査が気にかかる人は大手の消費者金融会社のサイトで利用できる簡易審査で調べてみることで不安な気持ちの解消につながるはずです。かといって、簡易審査を通過したとしても、本審査が必ずうまくいくというわけではありません。ふたつ以上のカード業者に常に借り入れ残高がある状態が続くと、だんだん管理が難しくなって返済に支障が出てくることもあるでしょう。おまとめローンが必要になるのは、そんなときです。A、B、C社に分かれていた借入を、新たな会社のローン1本にまとめるので制御不能になることもありません。毎月1社に返済するだけで済むので、手数料が減るだけでなく、利息分が膨らむこともありませんので、返済の見込みが立てやすくなると思います。申込した人のクレジットカードやローンの利用履歴によって、借入できる金額が増減します。審査会社により借入限度額は変わってきますが、そこまで変わりはないというのが現状です。なぜなら、ちゃんとした審査を行っている金融業者では、審査方法がほとんど一緒の会社が多いからです。なので、一つの業者で借入ができなければ、違うところからの借入も難しいかもしれません。事業者ローンでお金を借りるときは、一社から借りるほうが複数に比べて管理しやすく、コツコツ返済していけば良いだけなのでラクだと言われています。とはいえ、もう1社くらいなら借入先を増やす利点もあるのを覚えておいてください。たとえば、たとえば金利です。低利と高利なら低利のほうが支払額は少なくてすみます。それに審査に時間はかかるかもしれませんが、高額融資(上限500万円)が受けられたりと利用しやすさで優位性がハッキリしていますから、もう一社に申し込んだほうが良いでしょう。消費者金融により評価基準は違いますが、大きめの消費者金融の場合はあまり大きな隔たりはないようです。大差が出てくるのは中小規模の消費者金融です。大きな商工ローンよりも審査基準を厳しくすると誰も好んで大手ではない消費者金融から振込を受けるような事はしないはずです。日頃の生活だけで手一杯の時に限って海外旅行に行こうといわれるなんてことも十分考えられますね。海外旅行となると、大抵の人なら続けて何度も行けることはないでしょうし、チャンスがあれば行きたいですよね。それならば思い切ってキャッシングを使ってみるのもいいかもしれません。キャッシングは初めてという人には、30日間、元本だけの返済で済む商工ローンのプランを利用してみるのも良いでしょう。事業者ローンとローンとは酷似していて混同されて使ってしまう人もいますが、実は異なるものです。事業者ローンとローンの違いをお話します。キャッシングは借入金を翌月の決められた返済日に一括で返済します。ローンは自分が借りた金額を分割で返していきます。給料が入るまでの間に合わせ的にキャッシングを利用する場合がよくあります。世にさまざまある金融を取り扱う業者によってそれぞれ借り入れ可能な金額に違いがあり、数万円という小規模な融資やその日限りの融資以外にも、300万円から500万円など数百万にも及ぶほど大きな融資も条件が合えば割と簡単に受けることが可能です。申し込んでから実際に融資を受けるまでに時間があまりかからず、すぐにでも必要な分のお金を手に入れることが可能なのでとても役立つものとして利用している人も少なくありません。金融機関が発行するカードを利用して借りるという方法を大抵の人が選択するでしょう。敷居が高いように感じるキャッシングですが、最近のシステムを使って手間を掛けずにお金を借りてみてはいかがでしょうか?とはいえ、証明書などは必須になります。ですが、明瞭な写真があれば利用できます。スマホを使って証明書を撮影すればそのまま業者に送信できるため、窓口や無人契約機まで出向かなくても良いのです。申し込みが簡単でも審査が厳しいことは全くありませんし、特に審査の際に問題がなければ希望する口座に入金してもらうことが可能ですから、一度利用してみてはいかがでしょうか。最近は短時間で審査が済みますが、まったく審査なしでお金を借りることは無理だと思います。一般的な貸金業者であれば審査があるのが当然ですし、無審査を謳う会社は背後に違法な組織があったり、法外な金利を設定していることを疑ってかかったほうが良いでしょう。審査が不安であれば、「ゆるい」ところを利用するのもありだと思います。クチコミでは、楽天カードローンがおすすめのようです。大手企業がバックにあるので安心ですし、申し込んでみて損はないと思います。カードローンとキャッシングの利率については、昔から言われていることですが、提出書類や所要時間の多寡(多い、少ない)が深く関係していることが多いです。提出書類が少なくて即日融資が受けられる会社は比較的高めの金利で、ある程度審査に時間がかかることを最初から公言しているところでは、金利が低かったり、500?800万もの融資が受けられるなどの「スピードに代わる魅力」があるのです。一般論なので例外はあるかもしれません。しかしどちらもそれなりに利用者のメリットというのはあるので、使う前に一度考えてみるといいでしょう。なにより自分に合っていることが大事なのです。次の給料日までまだ日数があるけれども、ゲットしたいものがある際は、キャッシングすることがあります。審査の申し込みを会社のパソコンから送っておけば、申し込んだその日に審査通過が可能です。そのあとは、勤め先に近いATMで現金を引き出します。コンビニなら、事業者ローンの利用がばれることもないので安心です。便利で簡単なので助かります。お金が要るのに資金繰りが難しい、という時におススメなのが、キャッシングサービスです。最近では店舗に行かなくてもネットで契約する方法が主流なようです。免許証さえあれば、早ければ、当日にはもう借入が可能になるはずです。このような契約方法は、多くの人には知られてないので、金融機関のキャッシングサービスというだけで躊躇している人も少なくないでしょう。悩んで時間を浪費するよりも、いざという時のために一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。数あるキャッシング会社の中には、土曜日や日曜日であっても当日中に融資を行ってくれるところがあるのです。と言っても、土日は金融機関が営業していませんから、当日中の融資が必要な場合は銀行ではなく無人契約機のあるところへ出向いていく必要があります。土日でもしっかり即日融資に対応してくれるキャッシング業者を見つけること、無人契約機へ時間内に行くことができるように早いうちに申し込みを済ませてしまうことが大切なことなのです。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら