商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

実際のところ正社員ではないアルバイトの人でも、規則的な収入があるのなら、ビジネスローンで現金を調達できますが、世間的に安定しているとされる会社員に比べたら審査が不利になってしまうのは事実です。また、職業がアルバイトだとしたら大事なポイントとして、現在の勤め先にどれくらい所属しているかがあります。月ごとの収入があるということこそお金をカードローンで借りるポイントですから、たとえ同じ給料だとしても、その職場に勤めている期間が長いほど定期的な収入がある、ということの証明になるのです。キャッシングのリボ払いはとても便利な返済方法ですが、その反面、リボ払いにはリスクもあります。そのリスクは、毎月の支払い額に利子が増えてしまうことです。一括で返済する場合なら一ヶ月分の利子がかかるだけで済みますが、リボ払いは毎月利子が発生します。それでも、リボ払いは月々の返済金額が少ないので、負担のかからない返済方法です。キャッシングでのお金の受け取り方について説明します。昔ながらの方法としては、キャッシング用のカードで最寄りのATMから貸付金を引き出すというやり方です。また、あらかじめネットを通して申し込み、銀行口座に貸付金を入金してもらってから、好きな時にATMから引き出す方法も使っている人が多いです。中でも、後者の方法であれば、カードが必要ありませんから、緊急でお金を用意しなければならない時などは使うことができます。事業者ローンは生活費が切迫した時に利用できます。わずかなお金だけを借りて、生活費を増やすことも方法としてあります。手元にお金が入ってすぐに返済すればいいので、容易に使える方法でもあります。お金が必要になった場合には借金するという方法も考慮してください。申込者の個人情報やローンの利用残高、返済履歴で、ローンを借りられる金額が変わります。審査をする業者によって借入できる金額は違ってきますが、ほぼ一緒だと思ってもらったほうがいいと思います。なぜかというと、良心的な正規の金融業者であれば、審査方法自体がほぼ一緒の方式で実施しているからです。そのため、ある業者で審査が通らず借入ができなかった場合は、他業者からの借入も望みが薄いと思われます。事業者ローンやカードローンを使うと月1回、明細書が自宅に送られてきます。家族と一緒に暮らしているとこれが激しく悩みの種でした。なんとか内密に借り入れできないか「ローン 明細 送付なし」などの言葉で検索したところ、裏ワザとかでなく、普通に「明細書送付なし」の金融機関が多いのには驚きました。知名度が高いところが多かったですが、特にレイクの「180日間無利息」が群を抜いていました。181日以降は利息がつくので、それまでに返済してしまえば実質0円です。契約は無人店舗の自動契約機を利用しました。電話でオペレーターが疑問点に答えてくれたので、初めてならネットより店舗のほうが良いでしょう。もっとも気がかりだった明細書については、「Web明細サービス」というのを選択すれば、自宅に送られてくることはないそうです。ただ、自分の利用実績を把握するためにも、ウェブ明細はちゃんと見ておくべきですよ。キャッシング業者を選ぶとき、インターネットの比較サイトなどに掲載された口コミを見て業者を選ぶことも、おススメです。中でも、その業者を実際に利用した人の感想は、利用者目線で業者を評価してくれるので、とても参考になるでしょう。とはいえ、契約者の環境は人それぞれ違っていますから、口コミで書かれたことと全く同じというわけにはいかないです。気になる点が出てきたら、その事業者ローン業者にあらかじめ確認しておきましょう。契約者でなくても、スタッフが親切に対応してくれるはずです。休日、一番のリフレッシュできる趣味のドライブをしているときに財布を鞄から出したときに小銭しか無い・・ということがありました。しかし、必要とはいえ、休日にどこかで急にお金を借りるのは可能なのか?と心配になりながらもキャッシング情報を調べてみるとごく普通に現金を借りることができました。金融機関が休みの日でもキャッシングが利用できるとは全然考えてもいなかったので、借入が平日と同じように1日中可能なことが判明してすごく便利で助かりました。ここのところ、サービスによっては無利息サービスを受けることができる事業者ローンも増えています。しかし、特典の対象かどうかは業者ごとに異なるので、あらかじめ時間をかけて下調べをしておきましょう。とくに、無利息期間がいつからいつまでなのかという点は返済計画を立てる上で重要ですから、何度も確認しておきましょう。しかし、返済手数料がかかるサービスであれば、無利息でも手数料分が積もり積もって高額になることもあると意識しておいてください。収入以上のものを手に入れるには、借金がつきものです。しかし最近はウェブやコンビニATMを使えば気軽に融資を受け取ることができるのです。ただ、これが良い結果になるか、悪い結果になるかは、使う人間の自制心や、金銭のバランス感覚が不可欠でしょう。でないと便利さゆえに危ないはめに陥らないともいえません。銀行やローン会社の窓口での借入なら、話をしている間に落ち着くので、客観的にみても問題のない判断ができそうですが、PCやスマホで事務的に打ち込んでいくだけなら、自分で自分に充分なフォローができるでしょうか。正直言ってわかりません。自分はどんな人間なのだろうと考えると、有人契約も良いのかもしれませんね。一般家庭にもインターネット環境が整えられるようになってPCやスマホを通じてネットキャッシングできるようになったため、利用することもかなり身近になったと言えるでしょう。また、キャッシングサービスが利用できる条件としては18歳以上という場合もあるようですが、ほとんどが20歳以上で返済が滞ることのないよう安定した収入がある人です。会社ごとに、事業者ローンに必要な金利というものが違っているので、いろいろ調べてみましょう。たとえ0.01%でも金利が低く設定されている会社を探すのが無駄を抑えてキャッシングをするコツです。繰り上げて借金を返すシステムを利用するとATMを使ってクレカで借りたお金のお金を返す期間を短くしたり、返済する必要のあるお金を大幅に減らすことが出来るようになります。しかし、融資条件によって繰り上げ返済が不可能な場合やある額以上の金額でない場合は繰り上げてお金を返すことが出来ない可能性があるため注意を払いましょう。買い物依存というのでしょうか、クレジットカードでブランド品を買いあさるようなことを続け、次月の支払額が大変なことになっていて仕方なく、使うつもりのなかったキャッシングにまで手を出してしまって、ショッピングとキャッシングの返済が支払い能力の限界をはるかに超えてしまったのです。いっそのこと今勤めている会社を辞め、退職金を貰って払うしかないとまで思いつめましたが、最終的には将来のことを考えて退職だけは回避し、両親を頼ることにしたのです。数百万円と、実際自分の退職金ぐらいでは返済できないほど膨らんでしまいましたが、家の改築資金にと用意していたお金を用立ててくれることになりました。身内という甘えに流されて、返済が滞ることの無いよう、借用書を書いてお金を借りた事実を明文化することで、以前のままの会社勤めをしながら頑張って返済も続けています。昨今、銀行でローンを組む人が、高割合になっています。銀行での借り入れは、利息が低くて首が回らなくならないで済みます。さらに最高借入限度額が高いので、様々な用途に活用できてとても扱いやすいのです。借り入れできる金額に年収が関係ないので制度上でも簡単に借入れられるようになっています。何に使うかに関係なくローンを組める、それがいわゆるフリーローンの魅力的な部分です。申込む際に利用目的を聞かれても、「冠婚葬祭」や「資格取得の為」などどんな内容でも構いません。しかし、ギャンブルへの投資などの理由は使用しないでください。「他社の返済に充てる」なんてことは認められません。それではどこも契約をしてくれないでしょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら