商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

クレカのショッピング枠とは別のキャッシング枠を活用してお金を借りるのは他の方法と比べてもかなりスピーディーです。問題なくカードを作ることが出来たのであればお金を借りたいという目的で使用する際の審査もすべて終わっている状態になりますので、そのカードのキャッシング枠の最高額までであればその業者が設けているキャッシング方法によって素早くご自身の手元に現金を入手するための借り入れをすることが出来ますから、覚えておきましょう。安易にキャッシングをするのはなるべく避けた方がいいですね。仕事さえあれば、返せるだろうなんて考え方は甘すぎます。その仕事さえも奪ってしまうのが返済させるための取り立てなんです。勤務先に取り立ての電話がかかってくることにより仕事がしづらくなり退職せざるを得なかった人を何人か知っています。現金を融資してもらおうとする際に気にかけておいた方がいいのが金利といえるでしょう。キャッシングの金利は高いことがほとんどなので大きな額の借り入れをしてしまうと毎月支払わなければならない金利も高額になり、返済が容易でなくなってしまいます。現金融資をしてもらおうとする際には金利をきちんとチェックして借りることがベターです。都合よく使えるカードローンも、利用の仕方でリスクを伴います。もし返済が遅れてしまえば、他のローンを契約したくても出来ない可能性が高くなります。とりわけ住宅ローンや車のローンなどかなり高い金額でのローンを考えた際、これまでにたった一度であっても返済が遅れた場合、ローンの契約で落とされることもあるのです。その後の自分の為にも返済遅延を起こさないように、リスクを減らす大事な行いの一つです。キャッシングは、使う方法によってはとても便利になります。しかしながら、キャッシングを用いるためには、クレジット会社などの審査を受ける必要があります。この審査で不合格の人は、これまで3か月以上返済が滞ったりしてクレジットカードが強制的に解約したことがある、いわば、ブラックリストに書かれてしまった人なのです。銀行や信用金庫など金融機関の種類によってそれぞれ借り入れ可能な金額に違いがあり、数万円ほどの小口や即日の融資だけではなく、たとえば300万円や500万円などある程度の額の融資も必要な審査に通過すれば受けることができます。店頭やネットなどで申し込みをしてから融資までの時間が短く、その場ですぐに資金を得ることが可能な場合もあるのでその便利さにたくさんの人が重宝しています。各金融機関が発行しているカードを利用するというのがよくある借り入れの仕方でしょう。今では当たり前のことですが、その当時は誰とも顔を合わせずにキャッシングの申し込みができる無人契約機は新たな事業者ローンサービスの時代の始まりでした。無人契約機がなかった頃には、店頭の窓口で申し込むのが普通でした。最近では、無人契約機に行くこともなく、自宅からでも申し込みが可能になりました。スマホを持っている人なら、事業者ローン用のアプリを入手すると申し込みがすぐにできるほか、融資の返済計画を立てるなどの便利な機能が付いているものもあります。ひとくちにキャッシング業者といっても、一般的な知名度がある大手の業者から初めて耳にする業者まで、たくさんのキャッシング業者がサービスを提供しています。業者ごとにサービスの特徴があるので、単純に利率が低いところを選ぶと、結果的に損になってしまうこともあります。提携ATMや特典サービスなどもきちんと確認して、じっくりと業者を選びましょう。それでも選択に困るという場合は、大手業者の条件を基準に考えてみてください。プロミスでは、最速1時間での融資が可能です。それに、新規契約ならば30日間は無利息で借りることができます。カードレスにすれば銀行口座を介して借入返済できるので、誰かに知られてしまう心配もなく、便利に使えると思います。消費者金融や銀行と契約し、融資を受けることをキャッシングといいます。あるいは、クレジットカードに付帯したキャッシング枠を使って、クレジット会社から現金を貸し付てもらうこともキャッシングといいます。消費者金融や信託会社などはノンバンク系と言われ、銀行の提供するサービス、いわゆる「銀行系」とは区別されます。どちらもお金を貸してくれるのだから区別する必要はないのではと思う方もいるかもしれませんが、銀行での借入とそれ以外のサービスは、定められた法律が異なるのです。どういうことかと言うと、銀行法によって規定されているのが銀行で、それ以外の業者は貸金業法に則って運営されています。新規でカードローンを申し込むなら、もしあなたが過去に他社で借りたことがある場合、注意しましょう。過去に延滞の履歴があるときはとくに審査に支障が出てくると思います。状況次第といっても会社によって条件が異なるので、提出書類が多くなったり、金利面で折り合いがつかないなど微妙な問題点も出てくるでしょう。とくに長期の延滞は敬遠されるので、90日以上だとまともな金融業者からの新規借入はほぼ無理だと考えたほうが良いです。キャッシングにはリボ払いという種類が存在し、月額で返済出来るという良い部分があるのです。返済の金額が変わるとかなり面倒になるのですが、リボ払いは一定のため、お金を準備するのがかなりやりやすくてかなり人気ある返済方法です。怪我や冠婚葬祭などの急な出費に見舞われた時には、キャッシングサービスが便利です。キャッシングサービスに慣れていない人にとっては、面倒な手続きがあるような気がして、分からないことばかりで戸惑ってしまうかもしれません。とはいえ、今はパソコンやスマートフォンを使って申し込みはもちろん、すべての手続きを済ませられるものが多くなっています。ですから、初心者でも、簡単に申し込み手続きを完了できると思います。具体的には、サイトの指示に従って必要事項を入力して、送ることで、申し込み手続きが完了します。お財布の中身が心もとない給料日前でも、ゲットしたいものがある際は、いつも事業者ローンが味方になってくれます。スマホから審査申込みの手続きを済ませておけば、申込み当日に審査を通過できるのです。その後は、職場のそばのATMを利用して下します。いつも使うコンビニなら、誰かに見つかることもありません。しかも、簡単で楽々利用できるのです。キャッシング利用者の中には、返済を続けても債務が増えるばかりなので、いっそのこと踏み倒そうかと目論む人もいますが、正直言って、無謀なことですからおススメはできません。借金の踏み倒しには返済義務を時効によって消滅させなければなりません。具体的には、5年間借入返済しなければ借り逃げに成功したと言えますが、その間に一度でも連絡が付いてはいけませんから、携帯電話などのすべてを解約し、住民票を移すこともできずに逃げ回らなければいけません。5年という期間は一定のものでなく、業者が裁判や差し押さえの手段に出れば、時効までの期間がストップしてしまうでしょう。逃げるという選択肢は捨て、返済可能な方法を探って下さい。まだわからないかもしれませんが、これから先、何度かキャッシングを利用する予定があるのならば、近所や職場の近辺などにその金融機関に対応したATMがあるかどうか確認してからどの業者にするのかを決めてみてはいかがでしょうか。考え方によっては、安易な借り入れを控えられるということで、ATMのために遠くまで出向かないといけないようなサービスをあえて選ぶのも良いでしょう。とはいえ、返済するのも面倒になるという欠点があることは覚えておきましょう。どちらが自分にとって使いやすいか、シミュレーションしてみると選びやすくなるでしょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら