商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

事業者ローンしたお金は期日までに返さなければいけません。一括なら一手間ですが、分割だと何ヶ月かそれが続きます。面倒だなと思ったら、コンビニのATMで返せることを思い出してください。百聞は一見にしかず。いまはすごく便利なんです。外出先などで、銀行や消費者金融のATMが見つからないときに苦労して探す手間も不要です。銀行ATM設置店なら大抵のコンビニで返済できるというのは、ありがたいですね。コンビニの最大の利点は24時間営業です。これならランチ時の混雑を避けて利用したり、突然思い出したときにも利用できるので便利です。審査が特に行われることなくカードローンが利用できることがありますけど、このような場合は要注意です。いくら少ない額とはいえ、まともな金融業者なら、審査なしには契約しません。「審査なし」のアピールがあればそれは正規の金融業者ではないことがあり、利用した暁には手遅れな事態になってしまうかもしれません。キャッシングやカードローンというのは近頃では、ネット普及の恩恵も受け、飛躍的に便利になりました。審査時間の短縮とあわせて最強と言われているのは、ウェブだけで手続きが完結できることでしょう。それも、PCブラウザからでもスマホアプリからでもOKです。利用状況や会社によって条件が異なるようですが、だいたい50万までの少額融資だったら免許証やそれに代わる必要書類をメール添付やブラウザ経由で送ればどこにも出かけることなく手続きできるのです。手続きが済んだらカードを発行してもらうこともできますが、最短を狙うならカードレスで口座振込にしてもらうと良いでしょう。自分の口座からお金を引き出すような感覚で融資金を受け取ることができます。返済が難しくなると、借金を借り逃げしようと目論む人もいますが、ほとんど成功しません。事業者ローン業者からの踏み倒しを考えた場合、最後の手続きから5年経てば時効になります。とはいえ、業者に足がつかないように、それまでの生活をすべて捨てて逃げるしかありません。また、5年経てば自動的に時効が成立するわけではなく、業者が法的手段に出れば時効が中断されます。現実的な方法で問題を解決する道を探したほうがよっぽどマシだと思います。なにもカードローンに限りませんが、実際にお金を借りようとした時に、何より先に、貸す側が注意するのが、お金を借りる側に「返済できる能力があるかどうか」という事だと思います。それゆえに、住宅ローンの審査の段階でカードローンを利用していると、住宅ローンの返済が見込めるか、その力があるのかどうか、という点では都合が悪いと言えますね。キャッシングで、最も早くお金を必要とするなら、運転免許証やパスポートを持って自動契約機を利用して申し込んでみましょう。それが一番簡単で、審査に時間もかからないため、予期しない出費には向いた手段です。どの会社でも、借り入れの際には信用状況の調査、勤務先への在籍確認による審査が必ず行われるので、期限までにきちんと返済すること、収入が安定していて、返済が確実であることなど会社側が提示する借り入れ条件を満たさなければなりません。消費者金融からお金を借りる手続きをしたいと思った時、いくらまで貸してもらうことができるのか?と不安になる方も大多数ではないでしょうか。できるだけ多く貸してほしいと思うかもしれませんが、法律があることにより年間収入の1/3までしか借り入れができないのです。キャッシングの審査が不安だという人は金融業者のサイトを閲覧すれば大抵はある簡易審査を使ってみるべきです。これは匿名で行え、数項目だけ記入で融資がオーケーかどうか直ちに審査してくれる便利な機能なのです。ですが、これを通過したからといっても本審査においても必ず通過する保障はありません。最近では、TVCMや雑誌の広告欄でさまざまなキャッシングサービスが紹介されていますよね。キャッシングについてよく知らない人からみると、それぞれの業者の違いがよく分らないと感じるかもしれませんが、実際のところ、業者ごとに特典がついていたり、僅かな数字ではありますが、金利が違っています。これを曖昧にしたまま事業者ローンを始めると、一回ごとの借入金は高額でなくても、複数回キャッシングすれば、最終的に相当な額になってしまい、返済計画が狂ってしまいます。貸金業規制法の改正によって1社から50万以上もしくは複数社から100万以上のキャッシングをする場合は年収を証明する必要がありますが、ひっくり返して言えばそれより少なければ年収がいくらであるか証明しなくてもよいとも考えられます。ですが、それ未満でも年収を証明できるほうが望ましいかもしれません。給料日までかなり遠く金欠状態とは言え、どうしても、欲しくてたまらないものがあったならば、我慢せずにキャッシングを利用しています。スマホから審査申込みの手続きを済ませておけば、即日で審査通過になるでしょう。そうしたら、勤め先から近いところのATMで現金を引き出します。コンビニなら、誰にもバレないので気兼ねなく利用できます。その上、簡単で便利です。企業の中での派遣社員は日頃から格差が身にしみているので、お金を借りようと思っても不安が付きまといますね。あまり歓迎されないのではないかいうと、決してそんなことはありません。ローンを組んでお金を返していくような契約においてもコマーシャルで連呼されているおなじみの会社のいずれもがお金を貸してくれることでしょう。派遣だからなどと自虐的な見方をされがちだったのが覆されたばかりでなく、以前は日雇い的不安定さが原因で行なっていなかったはずのアルバイトにもお金を貸し始めたというのですから驚きです。チャンスを前にお金が必要な時、損はしないので、借金にチャレンジしてみたら如何でしょう。よほどお金に無頓着でないならば、できるだけ金利の低いキャッシングを利用したいでしょう。総合情報サイトなどでキャッシングサービスを比較し、いちばんお得な事業者ローンサービスを選ぶでしょう。業者の中には初回利用者であれば最大30日は無利息で借り入れることができる特典が付いていますから、下調べは確実にしておきましょう。早急な融資が必要な時は、気持ちも焦って判断を誤りがちです。後から後悔しない為にも、じっくりと各サービスを比較しておきましょう。まとまった現金が必要になった時、頼れるのが金融機関が提供しているローンやキャッシングサービスです。中でも、無担保、保証人なしでお金が借りられるキャッシングは利便性の高いサービスですが、各サービスの利用条件や金利などを知り、目的に合ったサービスを選ぶ必要があるでしょう。多くの金融機関が事業者ローンサービスを提供しているため、それぞれのサービスの長所と短所を比べると、分かりやすいでしょう。ちなみに、利用者が急増しているキャッシングは、審査基準が低く、申し込みから融資までがスピーディーなサービスです。審査に必要な時間は業者によって違うので、申し込みをしたサービスによっては、即日融資も可能です。以前キャッシングしていた場合、過払い金請求ができる可能性があります。請求をしたい時には司法書士や弁護士を通して、内容証明を送付してもらい、処理すると、請求が通る事例があります。初めに無料相談で事情を聞いてもらいましょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら