商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

大抵はカードローンの支払いは、月ごとに、あるいは、ローンによって決まった回数でお金を返していくというシステムです。もし、一回でも返済できない時があった場合、個人信用情報機関がその記録を残します。ローンの申請をする際には信用情報を確認してから契約となるため、記録に信用できないような情報があった時には、確実に返済する気でも、別のローンの契約は断られる可能性が高いです。よく言われる信用でお金を借りているにもかかわらず、「借金」イコール「良くない」みたいな考え方には疑問を感じます。借金せざるをえない状況を頭から否定しており、ちっとも論理的ではないからです。若年男性や再就職が多い人(特に女性)は賃金水準が低い傾向がありますが、その中で向上心や目標を持ってお金を借りるのでしたら、むしろ自助努力の一環だと思うのです。借り入れを奨励しているわけではありませんが、借金苦と借金は別物だと周囲も認知すべきです。また、業者側のほうでも借りやすい環境を作ったり、良いサービスを提供することが求められると思います。派遣社員として働いている人の中には、自分を下に見て、お金を借りる時に不安を感じる人もいるかもしれませんね。でも、派遣ということで貸し渋られるようなことはまずないと言っていいでしょう。長期に亘る返済が前提のカードローンまでもが、どこの金融会社であっても格別な条件を突きつけられるでもなく、貸し付けが実行されます。派遣だからなどと自虐的な見方をされがちだったのが覆されたばかりでなく、限度額などに制限はあるものの、アルバイトの人でもそこそこのお金を貸し始めたというのですから驚きです。アルバイトだからとあきらめることなく、お金が必要になったら、損はしないので、借金にチャレンジしてみたら如何でしょう。数社から事業者ローンをして、一つに絞りたいときというのはもちろん出てくると思います。そのような時はおまとめローンを使ってください。そんなローンを賢く利用することによって、いくつかある借金のたった一つにまとめることができるということになります。これは返済を簡単にできるとてもオススメの方法です。あまり知られていませんが、消費者金融のキャッシングは、銀行口座を使わなくてもお金を手に入れられます。店頭で相談、または自動契約機で、銀行口座を使わなくても、会社ごとの基準で審査し、それに通るとお金を借りて帰ることができます。カードの郵送や本人確認を終えるまでに日にちがかかりますが、ネットから申し込むこともできます。銀行系の金融機関では、自行の口座がない人でもATM経由でキャッシングを行っているところがあります。キャッシングサービスの中には、無審査融資を宣伝文句にしている業者がありますが、悪徳な違法業者ですので、安易に利用しようと考えないでください。返済の見通しが立たない人にも契約できてしまうわけですから、人によっては全く返済できなくなることだってあります。それでも、経営破たんせずにキャッシングサービスを提供しているのは、利息制限法をはるかに超えた高さに設定された利率や、嫌がらせから恫喝まで、人権を逸脱した取り立てが横行している可能性があります。また、それ以上返済できないと知ると違法な労働を強いるケースもあるようです。予想外の出費に困ったは、金融機関の自動契約機でカードローン契約するのがベストではないでしょうか。自動契約機を使うと、借入ができるかどうかの審査が行われている間は、ずっと契約機の前で待っていることになります。ですので、あまり長く待たせないように、自動契約機での契約が優先的に処理されているからです。最速でお金を借りるなら、自動契約機で契約するのが一番いい方法だといえるでしょう。本来であれば、銀行のカードローンを検討する際にはまず、その銀行で口座を開設している必要がありますが、そればかりでなく、口座を所有してなくてもカードローンが使える銀行があるのです。その銀行には無人契約機が消費者金融と同じく設けられていて、カード発行をその契約機で行えます。契約機で入手したカードでATMを利用して引き出しが行えるので、口座がなくてもカードローンが使えます。キャッシングは総量規制の適用によって、借金限度額は制限されます。借金があるかないかによっても変わってきますから、出来るのであれば借入を少なくしてから、申し込みをするようにしてください。年収の3分の1を超える借入ができないということは頭に置いておいてほしいです。カードローンを利用する時はほとんどの方が利率を基準にして選ぶのではないでしょうか。ただ、一般的な業者なら特に安い高いの差はないため、却って混乱してしまうかもしれません。わかりやすいところでは、ポイントを活用すると良いでしょう。利用額にもよりますが、キャンペーンポイントがあると更に1000円、2000円上乗せしてつくので絶対オトクです。また、返済方法を選ぶことで総返済額も増減しますが、トクだからといって安易な返済プランを立てると苦労します。ある程度余裕を持った返済計画になるようしっかり検討して、申し込むようにしてください。あとで苦しくなれば、カードローンのメリットも半減してしまいます。いま、すでにキャッシングができる状態であれば、賢く使うことで、事業者ローンは生活費の節約につなげることができます。もし、銀行ATMで時間外に引きだすことが多いという方は、手数料がかからない分、キャッシングで借りた方が、手数料分が無駄にならないのです。口座引き落としの料金を払う時に、万が一、残高が足りなくなっても、キャッシングに申し込めば貸付金を振り込んでもらえるので、面倒くさがりな方にも最適です。借入から返済までをできるだけ短くすることで、利息はほとんど払う必要がありません。ですから、上手に利用することで、それなりの金額が節約できるでしょう。キャッシングとは、融資を受けることです。主な方法としては、消費者金融や銀行に代表される金融機関のカードローンを使ったり、キャッシング残高の残ったクレジットカードで現金を貸してもらうことです。キャッシングサービスで借りたお金には利子が付きます。クレジットカードの場合も同じですが、一回払いだとしても口座から引き落とされるまでは、一日ごとに利息が付きますので、意識しておいてください。キャッシングはカードを使用してするのがほとんどですが、現代では、カード持参なしで、事業者ローンが使用可能です。ネットによりキャッシングの申込をすると、銀行口座にお金を振り込みしてもらえるのです。カードをなくしてしまったということがありませんし、素早くキャッシングを利用することができるでしょう。たとえ祝日や休日でも、キャッシングならばお金を借りることができます。消費者金融はサービス業としての側面が強いので、カレンダー通りに動くわけではありません。年末年始を除いて、年中無休で朝9時から夜9時までを営業時間と定めているキャッシング業者が多いです。当然ですが、この時間は借入の申込も可能ですから、たとえキャッシングをしたい日が日曜日であっても、朝から申込しておけば、すぐにお金を手に入れることができます。キャッシングの審査について、どのようにすれば通過しやすいのか考えている人も多いと思います。でも、嘘をついて申し込むのはやめましょう。書類の内容と相違点があればすぐに分かってしまいますし、返済段階で虚偽が認められると、一括で返済しなければいけなくなったり、今後一切借りられなくなる可能性があります。他社でのキャッシングもできなくなるので、正直に書くようにしましょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら