商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

金融機関の提供する事業者ローンサービスに申し込む場合、本人確認書類が必須になります。代表的なものは運転免許証ですが、なければ健康保険証、パスポートなどが本人確認としての効力を持っています。ちなみに、一つの書類があれば十分です。いくつも書類を用意することはありません。もし、このような書類が用意できないという場合は、市役所に行って申請する顔写真付きの住基ネットカード、またはマイナンバー個人番号カードでもOKなところもあります。有名な業者から初めて耳にする業者まで、キャッシング業者には様々なところがあります。それぞれに特徴を持ったサービスを提供していますから、金利だけに注目するのではなく、じっくりと業者を選びましょう。大手企業のプロミスの場合、早ければ1時間程度で貸付金を振り込んでもらえますし、新規契約ならば30日間は無利息で借りることができます。振り込みキャッシングにすればカードの必要もないので便利ですし、人から知られることなくキャッシングできます。ビジネスローンの契約は利用者とは違う人の名前で行うことは認められていません。契約は自分自身の名義で締結しなくてはならないとされています。仮にそれが配偶者の収入を支払いに充てるつもりの専業主婦であっても同じことで、利用者である妻自身が名義人となります。本人が返済に責任を負うのは当然のことです。それが同じ世帯の人同士の間でも、他の人の名前を用いて契約を結んだ場合には罪に問われることになります。仮に同意を与えていた場合には、名義を貸した側も犯罪者となってしまいます。期日までにお金が必要になって、アテもないのにどうしようと思っていたところ、ネット上で一括で審査依頼できるサイトがあるのを知りました。そういう便利なものがあるのを知らなかったので、もしどこかの会社に決めてカードローンの申し込みをして、落ちてしまったら、急いでほかの会社を見つけて、一からやり直しで時間も手間もかかるのだと考えて、不安ばかりが募っていました。一括審査できるのなら手間や時間のほかに、不安やストレスも一括化して軽減してくれるので、本当に助かります。ローン会社にしてもそこに登録している以上、ある程度の客数を集めるつもりでしょうから、良い条件を出したり、審査が通りやすいなどの便宜を図ってくれそうな気がします。急にお金が必要になったとき、事業者ローンで即日融資してもらえるのが一般的になってきて、大手金融会社のカードローンでもすべての手続きが2?3時間で終わっているというのが珍しくないのです。これが当たり前になってくると、以前のように時間がかかっていたほうが「なんで?」という気もします。審査項目が以前に比べて少ないとか、利用者が極端に少なくなったとか、昨今の迅速化の背景には様々な理由があると思いますが、利用者にとっては嬉しいことであるのに変わりはありません。親や親族に借金する場合の心象がよい言い訳として、1人暮らし中に突然会社から解雇されて生活に行き詰ったり、生活していくうえで学費が捻出できなくなったりなどの許さざるを得ない言い訳を話すようにするといいでしょう。遊びや趣味に使うお金などの生活上必要ない理由を言う事は、避ける方が借りやすくなります。契約時の借入限度額にはまだ達していないはずなのに、ATMでどういう訳か借入不可の状態になっていて、お金を引き出せなかったという話を聞いたことがあります。恐らく、キャッシングの利用が停止されてしまったのでしょう。利用停止措置の理由には様々なものがありますが、キャッシングの利用中に、他の事業者ローンサービスと契約を結ぶと、総量規制の問題でそれ以上の借入を停止されることが多いです。こうなってしまうと、完済するまで、カードを使ってATMからお金を引き出すことはできなくなります。即日融資は、今ではカードローンでも簡単に出来るようになりました。例えば、ネットを利用して申し込めば、数時間経ったら指定した振込先に、お金が振り込まれているのです。これはカード発行を後から行うシステムなのですが、カードが手元に届いた後でもネット利用のみもOKなところが多いため、現実的にはカードレスローンと言えるかもしれません。返済を終えたら、同時に解約になることはありません。解約の手続きをしない限り契約は継続な為、もちろん借入も利用できます。その様子を違う業者の人間が見たら、繰り返し設定金額の借入をしていると認識されます。その為、その他のローン契約を結べないかもしれません。必要でない状態になれば解約の手続きをするのが良策です。家庭にいる奥様が、カードを使い金融機関からお金を借りる際には、自分自身に収入源となる仕事があるかどうかが重要ですが、今、職に就いていない方でも、旦那の給料でローン申し込みが可能です。通常、これを配偶者貸付と呼んでおり、銀行などのカードローンではこの方法を用いて契約を取り交わすことができる場合が数多くあります。反面、消費者金融業界においてはほぼ、この方法を用いた貸付は使えないでしょう。キャッシングを宣伝する広告が近頃ではいたるところで見ますが、キャッシングもお金を借りることも実際には同じなのです。けれども借金と呼ぶよりは、キャッシングという外来語で呼んだ方が、少しおしゃれ感がありますし、抵抗感も小さいのかもしれません。キャッシングは便利なサービスですが、使いやすいサービスを選ばなければ利便性も半減してしまいます。そのためにも、契約前に各業者を見比べて、自分にとって一番使いやすい業者を見付けることが重要です。金利ばかりを気にしてしまいがちですが、無利息の特典が付いていないかどうかや、見落としがちですが、申込手続きの方法も調べておきたいものです。キャッシングを利用しているところを具体的に想像し、自宅や勤務先の近くに手数料無料で利用できるATMがあるかどうかもしっかりと確認しておきましょう。何と言っても、ATMは一番頻繁に使うものですから、絶対に確認してほしい項目だと言えます。クレジットカードをお持ちの方は、キャッシング機能をご存知だと思いますが、その返済方法は多くの業者で一括返済を基本としています。あくまでオプションサービスのキャッシング枠ですが、用途をキャッシングだけに限定した専用のカードも使われています。こうしたものは、一般的にローンカードと呼ばれます。キャッシングサービスが使えないクレジットカードもありますが、実際にキャッシング枠が付くか否かは業者が決めています。事業者ローンを使用していて多重債務を負う危険性を回避するには、まず、ちゃんとした返す計画を立ててそれを行うことですが、もう一つ大切なのはある融資の返済を残したままでさらにキャッシングをするのを避けるといった覚悟です。今、利用しているキャッシングの借入限度額を上げたい場合、信用度を上げる必要があります。もし、これまでの返済が滞りなく済んでいる場合は、返済実績がついて追加融資が可能になるでしょう。仮に、返済遅延したり、短い間に頻繁にキャッシングを繰り返しているような場合では、ほとんどの業者では追加融資を認めません。こうした行為はどれも、信用度をガクッと下げてしまうからです。実際に追加融資をするには増額申請をするのですが、この時の電話で断られているのに、しつこく食い下がったり、電話を繰り返してしまうと、場合によっては契約解除され、ブラックリストに名前が載ってしまうでしょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら