商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

モビットでのキャッシングを利用される場合、24時間いつでもネットからの申込みが可能で、申し込んでから10秒ほどで審査の結果を確認できます。何よりモビットが三井住友銀行のグループであるという点が信頼感があり、多くの方から好まれているのでしょう。ATMも全国に10万台以上もあるので、コンビニエンスストアからでも気軽にキャッシングを利用出来るのです。また忙しい方には嬉しい「WEB完結」なら本人確認などの面倒な書類等も郵送する事なく、事業者ローンできます。一般によく聞くキャッシングで返済を滞納していたら差し押さえに遭うというのは本当のことなのでしょうか。私も実際にキャッシングを利用したことがあり、滞納を何度かした経験がありますが、差し押さえになってしまった事はただの一度もありませんでした。滞納を繰り返したら差し押さえになるのかもしれません。キャッシング審査にNGが出たとき、審査に受からない利用できない理由が存在するのでしょう。収入額が足りない場合や借金過多であるという理由がある場合だと審査に落ちてしまうことが多いです。しっかり活用できるように条件を揃えなければなりません。近年、大手業者はネット上で仮審査ができるように入力用のページを用意しているものです。ここに必要情報を打ち込めば、現在借入できるかが表示されるのです。しかし、年代や収入、他で借りた金額や今回借りたい金額などの正確に判定するには項目が少ない予備的な審査ですから、借入が行えると判定されても、必ずしも借入ができる訳ではありません。それを基準として後に活かしてください。まともな金融機関であれば当然、カードローン申込者にはもれなく審査を行います。こうした審査は、利用者に希望額の融資をしてもスムーズに返済が行われるかどうかを判定します。利用者の属性面(職業、勤務先、勤続年数、年収、居住形態等)と、各種ローン契約利用状況など信用の面からトータルでみて検討を行い、問題がないと認められると、審査を突破できます。急に現金が必要になった時に、すぐにお金を融資してくれるキャッシングはその手軽さから、人気が高いです。しかし賢く利用するためには、審査基準や金利などの条件をよく読み、最適なキャッシングを選ぶことが必要になります。多くの金融機関がキャッシングサービスを提供しているため、それぞれのメリットとデメリットをよく比較検討することが大切です。今、一番利用者が多いのがスピード融資で審査が緩いサービスです。例えば、審査スピードにも差があるので、迅速な対応を売りにしている業者であれば、即日融資も簡単にできる可能性があります。アコムでお金を借りるのが一回目だと最高30日間は利子がつかないそうです。今、そこのHPで閲覧しました。そういうことであれば所持金が少し充分でないときに意外と気軽に利用できてしまうと思います。ちょうどいま、家庭で使える掃除機ルンバが欲しいと考えているのですが、それを買うために活用しようかなと思いました。キャッシングとビジネスローンはほとんど同じですが、ちょっとだけ違いがあるのです。違うのはどこかというと返済の仕方が違うのです。事業者ローンの際はカードなどで現金を引き下ろしたり、商品を購入したのち、次の月に一括返済という方法をとりますが、ビジネスローンですと、返済する方法が分割になりますので、こちらですと金利がかかってしまいます。キャッシングの利用を初めて申し込む場合には借り入れを希望する額の記入が必須となります。いくらにしようか迷うかもしれませんが、始めのうちから高めの金額を書いてしまったら審査に通らない場合があるでしょう。最初は、できることなら希望額はそれほど多くない額にして、借りたお金を返したという実績をちゃんと積んだ上で高めの金額を再度申請するのが賢い方法でしょう。キャッシングを使いたいときに最初に思いつく会社名がアコムかもしれません。誰でもアコムのコマーシャルの歌がわかるくらい、身近に感じられる会社です。しかも、サービス内容がたくさんあって、申し込む際もパソコンやスマホで簡単にいつでもできるので、利用されている方の多くに大変好評いただいているのです。事業者ローンを複数の会社で利用するにあたっては借入金額の総量規制があるので、利用可能額が各社合計でどうなるかをよく確かめてから申請しなければなりません。商工ローン会社が、こうして総量規制を設定しているのは、キャッシングの利用者が多くの金額を借り入れするのを防ぐためであり、その上限は年収の額に左右されるため、今自分がどれだけ借りているかを確認の上、キャッシングを使うかどうかの判断を行いましょう。一括返済ができる少ない金額のキャッシングならば、一定期間の無利息サービスをしている金融業者を選ぶことから始めてみてはいかがでしょうか。無利息サービス期間中に全額一括返済すると利息が一円もかからず節約できるというわけなので、これを有効活用することでとても便利になります。状況により分割返済をするつもりであっても、利息がいらない期間が設定されているような業者の方がキャッシングの際お得になることも多いので、まずはよく比べてみて自分に合うところを選びましょう。どれだけ頼み込まれようと、連帯保証人になることは回避した方が良いでしょう。相手との関係性によっては断り辛いこともあるかもしれませんが、現実問題として、主債務者が行方をくらませてしまい、全ての責任を負わされて辛い思いをした人も珍しくありません。単なる保証人と違って、連帯保証人は本人が借りた場合と全く同等の返済義務が発生します。一般的な金融機関のキャッシングサービスならば保証人を用意立てする必要はないのですが、返済金を貸してくれとお願いされることもあるかもしれませんし、キャッシングを頻繁に使う人とはあまり関わらない方がよいでしょう。キャッシング先の審査がダメだったという人でも審査をもう一度してくれるといったシステムがある場合も多いです。このシステムを利用することで一度審査に落ちたとしても再審査を受けることで借入するチャンスが増えるので、喜ぶ方も多いようです。本来であれば、もし銀行のカードローンを使おうとすれば、そこの銀行口座を持っていなくてはいけませんが、いくつかのところでは銀行に口座を持っていなくても利用できることがあります。その銀行には無人契約機が消費者金融と同じく設けられていて、利用すると事業者ローンのカードが作れます。作成したカードでATMが利用できるので、口座を所有している必要はありません。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら