商工ローン借り入れ

商工ローンおすすめ第1位

トップページ

全国の商工ローンを徹底比較して、一番のおすすめをご紹介いたします。

即日審査・無担保・保証人なしでの商工ローン希望の事業主の方は必見です。

まず最初に比較・調査した上での結論をお伝えします。

一番おすすめなのは「ビジネスパートナー」です!

今、ビジネスパートナーが多くの事業者に選ばれている理由は次の6つです!

  • 最短即日のスピード審査可能
  • 審査通過後の翌日融資OK
  • 担保・保証人が不要
  • 限度額は最大500万円までOK
  • 24時間入出金が可能で便利
  • スマホ・WEB申込で手続きが簡単

と大変便利で使いやすい商工ローンサービスとなっています。

「手持ちの現金が心許ない!」

「数日中に資金が必要!」

というビジネスのピンチにしっかりと対応してくれます。

「他の銀行に融資を断られた」という方でも気軽に申し込みすることで融資可能かどうか判断してくれます。

保証人も担保もいらない上に、無利息キャンペーンを行っていることもありますので、詳細を要チェックです。

借入限度額が50万円~500万円まででとても安心なことと申し込みから融資まで来店不要という点も全国の事業主の皆様に支持されている理由です。

\審査が不安な方におすすめ/
今選ばれている商工ローン

最短即日のスピード審査が魅力
評価限度額金利
★★★★★50万円~500万円9.98%~18.0%
  • 担保・保証人が不要!
  • 申込から融資まで来店不要
  • スマホ申込で簡単手続き

【最短即日で審査結果が出る!】
ビジネスパートナーの最大の魅力はなんといってもスピード融資!審査最短1日、審査翌日融資可能なのは業界でも最短ではないでしょうか。申込から融資までの流れは【①スマホなどから申込②担当者より仮審査の連絡③必要書類を提出して本審査開始④審査通過したら契約していつでも融資可能】となっています。

【来店不要!】
お手持ちのスマホやパソコンからお申込ができます。ローンカード発行手数料も無料でコンビニATMから入出金ができるのでとても便利!スピーディな融資を望むお忙しい事業主の方に特におすすめです。


無担保・無保証で借入できる!
評価限度額金利
★★★★☆1~1000万円8.0%~18.0%
  • 来店不要で便利!
  • 使用用途は事業資金の範囲内で自由に使える!

【スピード診断あり!確実に審査通過したい人に】
ビジネクストは簡易審査があるので「審査が不安」と言う方はお試しで診断することが可能です。実際の申込の流れは、スマホやパソコンから申込後、担当者より仮審査の連絡後、必要書類を提出して本審査があり審査に通れば契約してお金を借りるという流れになります。借入・返済も銀行やコンビニATMからできるため利便性が高く使いやすいのが特徴です。

商工ローンまとめ

結論!全国で無数にある商工ローンを徹底的に比較・検討した結果、当サイトでの一番のおすすめは、
ビジネスパートナーとなりました!業者としての信頼性はもちろん、スピーディな融資対応とコンビニATMの利用や来店不要など便利で使いやすいのが最大の魅力です。どこの事業融資にするか検討している方はココに決めて正解です。

商工ローンQ&A

「銀行で事業資金融資断られた!」
「運転資金が足りない!」
「急ぎで追加融資を検討中」

・・・というビジネスのピンチにとても助かる商工ローンですが、初めて利用するので勝手がわからないという方や審査に通るかどうか不安という方もあるでしょう。

こちらでよくある質問と答えをご紹介しておりますので是非参考にしてくださいね。

Q.比較について。商工ローンどこがいいのか迷います。どこを見て比較すればいいですか?

A.金利と信頼度と利便性に注目しましょう。

「金利がとても低いらしい。」「甘い審査ですぐ通るらしい。」「今日今すぐお金借りれるらしい!」と、目先のことだけで業者選びをしてしまうと悪徳業者に引っかかってしまう心配もあります。商工ローン業界には信頼のおける優良業者も多数ありますが、ブラックまがいの悪徳業者も潜んでいます。金利はなるべく安いほうが返済の時に良いですが、返済がコンビニATMでできたり担保や保証人なしなどの利便性も重要です。また、急ぎで借りたいという場合も多いでしょうからスピーディに借りれるかどうかという点も抑えておきたいですね。当サイトでの人気ナンバーワンの
ビジネスパートナーは金利・信頼度・利便性とスピード融資どれも兼ね備えていますので、おすすめできると思いますよ。

Q.商工ローン申込に必要な書類は?

A.法人か個人かにより必要書類は少し違いがあります。詳しくは・・・。

例えばビジネスパートナーの場合を例にみてみると、法人と個人事業主とで用意するものが違うようです。公式サイトから少し引用してみますと、

●法人のお客様
・代表者の本人確認書類
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの
・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・決算書(原則直近2期分)等

●個人事業主のお客様
・事業主本人確認書類
・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの
・確定申告書(原則直近2年分)
・当社所定の借入計画書 等

と、このようになっております。参考にしてくださいね。

Q.商工ローンは即日融資は可能ですか?

A.一番人気のビジネスパートナーなら・・・。

個人差はありますが、当サイト一番人気のビジネスパートナーであれば、審査は最短即日、融資は審査通過後翌日には可能とのことです。業界でも最短レベルのスピード融資です。本当に困っているのでできるだけ審査時間が早いところで借入したいという方も多いことでしょう。もしお急ぎなら
ビジネスパートナーをおすすめします。

Q.担保なしで借りれる商工ローンや事業者ローンがあると聞きました。なぜ担保なしで借りれるのですか?

A.銀行系ではなくノンバンク系で無担保融資を実施している業者が多いようです。

確かに当サイトでも人気の商工ローン業者「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」でも無担保融資を実施しています。 いずれもノンバンク系の商工ローンで、他の第三者の保証人を立てる必要はありません。なぜ担保なしで借りれるのか・・・というご質問ですが、こちらは事業主個人の信用と金利の高さに関係があると思われます。個人向けカードローンと同率くらいの金利はかかりますのでできるだけ短期返済をするようにしましょう。

商工ローンの基礎知識コラム

キャッシングの持つ意味合いは、貸し付けをおこなう会社から大きな金額ではなく、数万円前後くらいからの借金を借り入れる際に使用される言葉なのです。金融関係の会社から借金をするのであれば、一般的に家族、親族、友人などに保証人をお願いしたり、高額なものを預けたりします。それなのに、事業者ローンという手段をとるのであれば複雑になりがちな保証人だったり、担保を用意するような強制もありませんから、スムーズに手続きしていくことが可能です。健康保険証やパスポート、運転免許証といった本人だと分かるものがあると、ほとんどのケースで融資を受け取ることが出来るはずです。実際にキャッシングを利用する場合、どの業者でも良いのかと言うと、そうではありません。それぞれの条件(借り入れ限度額、審査時間、融資にかかる時間、借入方法、返済方法など)によって、都合の良いキャッシングサービスは個人によって違います。ですが、キャッシングサービスを行っている業者は少なくありませんから、最適なサービスを選べるでしょう。具体的には、総合情報サイトのような多くのサービスを比較できるようなホームページを使ってみると簡単に希望のキャッシングサービスを見付けることができます。真っ当な金融機関ならば、カードローンの申込があったときは、審査しないということはありません。これらの審査は、申込者の希望通りの契約となっても返済に際しトラブルが起こらないかどうかを見極めます。利用者の職や収入に関すること等の属性的な面と、その他、ローン契約の有無といった信用情報により総合的に判断し、問題なしと判定されれば、無事に審査はクリアとなります。中には、キャッシングの借り換えというと、多重債務者の債務整理のような印象をお持ちの方もいるようですが、そうではありません。実は金利を下げるのにも最適な方法です。僅かな金利の違いであっても、長期間返済することを考えると、今より低い金利の業者で一本化できるのなら、借り換えが成功したと言えるでしょう。業者にもよりますが、一般的にキャッシングの金利設定は借入総額に応じて変化し、総額が大きいほど金利が下がる傾向にあります。たとえ少額の借入でも、それが複数あるのなら、まとめて高額の借入にすると、もっと利息を安く済ませられるかもしれませんので、検討してみてください。キャッシングにおける審査では、確認される内容としては、申請した人の属性情報、それから在籍確認、信用情報、書類確等があります。これらの基本情報を元にした上で、きちんとお金を返済出来る人であるかどうか?判断するという訳です。もし、申請内容に虚偽があったりした場合、信憑性に欠けるだけでなく審査の時点で落とされてしまうでしょう。具体的には、多額の借金を抱えていたり今まで大きな事故を起こした事のある方は、審査に通る可能性は極めて低いでしょう。キャッシングの審査に落ちてしまってがっかりしてしまったということはないですか?私はあります。しかし、がっかりする必要は無いのです。キャッシングは再審査が出来るからです。もう一度申し込むとなぜか合格する場合があります。このところ、キャッシングはとても使いやすく身近なものになりました。銀行や消費者金融など、多くの業者がキャッシングサービスを行っています。しかも、その多くがインターネットを使った申し込みができるようになっています。申し込み後は審査がありますが、無事に審査を通れば、ご自身の希望する銀行口座に借入金を振り込んでもらうことができます。また、届いたカードを使って近くのATM借り入れをする方法もあります。最近では、専用のATMでなくても、コンビニATMや銀行のATMといった、身近なところにあるATMにも対応したサービスも増えており、利便性が上がっています。急な葬儀での遠距離帰省など予測できない出費で困ったことがある人も多いと思いますが、身内や友人には頼めないし、他にお金を都合するには、キャッシングを選ぶのがスマートだと思います。パソコンさえあれば、インターネットで簡単に手続きが出来ますのでお手軽で何と、すぐにお金を貸してくれると言うのですから、驚きですね。とは言っても、どんな貸し借りにも審査は付き物ですし、それが通らない限り、1円たりとも貸してもらえることは無いと言えます。色々な銀行やカード会社での借金が重なっているような人や、返済が滞って数か月分もの未払いの債務があるような人などこれ以上の借り入れ分を返済するだけの経済力があるかどうか疑われてしまいそうな状況が見えれば、常識的に考えてどんな審査も通るはずがないので、安易な借り入れをそれ以上せずに済むよう、計画的な利用を心がけたいものです。銀行や消費者金融などの金融機関から借入金を融資してもらうことをキャッシングといいます。あるいは、クレジットカードに付帯したキャッシング枠を使って、クレジット会社から現金を貸し付てもらうこともキャッシングといいます。消費者金融や信託会社などはノンバンク系と言われ、銀行とは区別されます。なぜかというと、銀行で契約を結んだ場合と、それ以外の業者と借入契約を結んだ場合、キャッシングに関する法律が変わるからです。銀行法に従って運営され、サービスを提供しているのが銀行で、それ以外の業者の場合、貸金業法が規定されています。住宅ローンの審査では、金融機関が提供するキャッシングサービスを使ったことがあると、審査をパスしにくいというのは皆さんご存知の通りです。金銭管理が甘いとみられてしまうわけですね。今現在もキャッシングをしていたり、返済が滞ってしまったことがあれば、ほぼ住宅ローンの審査はパスできないと思います。しかし、キャッシングを完済してから五年以上の年月が経っているケースでは、あまり関係がないようです。一般的に、キャッシングで融資を受けられるかについては、審査を受ける必要があります。問題なく審査を通過すれば、その業者にもよりますが即日で貸し付けてもらえます。ですが、残念ながら審査に通らないケースもままあります。業者にキャッシングの申し込みをすること自体は無料なので、申し込みだけでも先に済ませ、審査を受けておくことをおススメします。こうしておけば、必要になった時にすぐに融資を受けることができます。緊急事態にあっても、もし、カードローン利用を考えたときは、慎重に比較するようにしてください。カードローンの借入先ならば銀行、あるいは、消費者金融というところですが、一般的には銀行の金利の方がより低いものです。とはいえ、その一方、審査通過率は消費者金融に圧倒的に軍配が上がります。それだけでなく、消費者金融においては、申込後、すぐに借入まで至ることができ、どちらも一長一短と言えるでしょう。カードローンの利用でも得をしたいなら、有効に無利息期間サービスを利用することです。業者ごとに設けている期間は一律ではないですが、大体契約から30日間としているところが多く、この期間内であればいつ返済をしても利息が全く掛からないのです。返済が期間のうちに終わらなかったとしても、それまでの利息がいっぺんに請求されることはありません。請求される利息は過ぎた日数分に対してのみです。消費者金融の審査システムというのは、使ったことがないためなんともいえないのですが、仮に審査に落ちた場合はその後の暮らしというのはどうしたらいいのでしょうか?消費者金融で借金をする人は、生活にかなり困窮しているから借りたいのでしょうから、きっと大変ですよね。即日融資が可能で返済も簡単なサービスが増えたため、事業者ローンは若者を中心に活用する人が増えています。さまざまな業者がキャッシングサービスを提供している今日では、消費者金融系以外にも、銀行系のキャッシングサービスやクレジットカードで事業者ローンできるタイプのものもあって、広く普及しています。ところが、簡単にお金を手に入れられるので、病み付きになってしまい、返済の見通しが甘くなってしまい、負債を抱えてしまう人も多く見られます。返済計画をきちんと立て、あくまで借金であるということを忘れずに、自分のお金とキャッシングのお金は分けて考えるよう、常に意識しておきましょう。

商工ローンお役立ち情報

商工ローン比較第1位!

商工ローンすぐ借りたいなら